2014年11月15日

川口市リリアギャラリーでUFOパネル展。弥勒菩薩ラエルのメッセージの紹介




今度、12月に、「地球人は科学的に創造された_宇宙人からのメッセージ・パネル展」と題するUFOパネル展川口総合文化センター・リリア - ギャラリーにて開催されるようですね。

日程は、2014/12/06(土)〜12/12(金) 10:00〜17:00

私の家から近くだし楽しみでなりません。

そこで、ちょっと関係する情報をご紹介させて頂きます。




【メッセージの概略】
messagebook.jpg
無料ダウンロード
 1973年12月13日、ラエルは人間型宇宙人エロヒムの一人ヤーウェに遭遇し、人類に託された重大なメッセージを受け取りました。
 そのメッセージによると、人類はエロヒムにより科学的に遺伝子を合成してエロヒムの姿形に似せて実験室で創造されました。
 そして、人類が科学的に全ての事が理解できるアポカリプスの時代に入る事を示す広島原爆投下の翌年に、人類に真実を伝える最後の預言者ラエルが誕生しました。
 ラエルは、世界中の人々がエロヒムの存在と彼らのメッセージを理解し、エロヒムを公式に迎える事ができるレベルになるように、愛の大切さを教え、真実を科学的に理解する事を教え、人々を導いています。
 人類が戦争を完全になくし、エロヒムを迎えるためのエロヒムの大使館を地球上に建設し、世界中の国々の指導者達がエロヒムを人類の創造者であることを公式に認めた時に、エロヒムは地球の大使館に公式に訪れ人類が「黄金時代」と呼ばれる新しい平和な時代に入れるように導いていくと言われています。エロヒムの再来は、弥勒菩薩ラエルによると、2025年〜2035年の間に起きると言われています。
 しかし、エロヒムが地球に再来するためには、人類が戦争をやめ軍隊を廃止し、世の中が平和な社会にならなくてはいけないとラエルは言われています。そして、現在、人類が自己破滅する可能性が99%になっていると警告されています。人類の自己破滅を回避し、人類を平和な社会に導く事が最も重要だと言われています。



【私の経験】
私は、十代の後半頃から預言者ラエルの話を聞いてきましたが、ラエルのセミナーに行った時に感じた一番の感想は、ラエルは全ての人達の考えがわかっているということです。何故なのか驚くほどに、ラエルは私の思っている事や悩みなどに光をあててくれ、明確に答えをその場で提示してくださる。そして、その場にいた数百人の来場者達の多くが同じように感じていたのです。
 ラエルは、あらゆる神秘主義を否定し、全てを科学的に理解できるように紐解いて話をしてくれます。
 今、私達が必要としているのは、物事を科学的に理解し、人類が平和な社会に進むために必要な事を選択し、実施していくことです。ラエルは、そのために楽園主義という新しい社会システムをご提案されてもいます。この社会システムを実現するには一体どうすれば良いのか、私も普段友人と話したりしています。その社会が実現すると、想像を絶するような素晴らしい社会になるんですね。
 早く、そのような時代が来ないかなぁ〜



【UFOパネル展】
タイトル:地球人は科学的に創造された_宇宙人からのメッセージ・パネル展
開催場所:埼玉県川口市川口3-1-1(JR川口駅西口正面)

 今回のパネル展は、その宇宙人エロヒムから受け取った人類へのメッセージがどういうものかについて、様々なUFOの目撃写真などを展示し、説明などもしていくようですね。
 また、漫画版の小冊子などもおくみたいですね。もしかすると、宇宙人のきぐるみが出てきて握手をしてくれるかもしれません。
 
 とても楽しそうなので、私もいきたいですね。

 

【パネル展詳細】
日時2014/12/06(土)〜12/12(金) 10:00〜17:00
開催場所川口総合文化センター・リリア - ギャラリー
(埼玉県川口市川口3-1-1(JR川口駅西口正面))

War0025.JPG

War0026.JPG


→大きい地図を開く
参加費無料です
定員数無制限
主催日本ラエリアン・ムーブメント


引用元:川口市リリアギャラリーでUFOパネル展。弥勒菩薩ラエルのメッセージの紹介








posted by ふーもあ at 09:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月17日

エロヒムの巨大UFOが太陽周囲に続々と出現!



この太陽の画像の提供元は「SOHO」という機関。
これは、「Solar and Heliospheric Observatory」の略です。
「太陽・太陽圏観測衛星」のこと。
欧州宇宙機関 (ESA)と、アメリカ航空宇宙局 (NASA)によって開発された、太陽探査機である。1995年12月2日に打上げられた。

SOHOによる探査計画は当初2年間であったが、その後10年以上にわたり太陽観測を続けており、2010年現在も継続されている。科学探査ミッションに加え、太陽風など宇宙天気予報を行うための、太陽データの主要な(ほぼ)リアルタイム情報源として活動している。ACE衛星 (ACE; Advanced Composition Explorer) と共にSOHOは地球から150万km(0.01天文単位)離れた、太陽-地球系のラグランジュ点L1近傍に位置している。

SOHOの公式サイトはこちら
http://soho.esac.esa.int/

太陽のスナップショットはこちら・・・
http://sohowww.nascom.nasa.gov/data/realtime-images.html

こちらが極めつけの動画です。UFOの巨大さを実感してください。エロヒムの科学力がどんなに人類のものよりも遥かに進んでいるか・・・。この太陽の灼熱でもへっちゃらなUFO。凄いですね。
GIANT UFO UPDATE NOVEMBER 26TH 2010 ( HD ) Pt 2 of 4 PLEASE MAKE VIRAL ALL!!
巨大UFO更新版、2010年11月26日


GIANT UFO UPDATE NOVEMBER 26TH 2010 ( HD ) Pt 2 of 4 PLEASE MAKE VIRAL ALL!!


このビデオで凄いのは、太陽の上空をUFOがずっと静止しているところ。太陽は自転しているのですが、そこにUFOだけはその自転に逆らい、SOHOから録画している位置から見て静止した状態で見えるのです。その動きは、明らかにSOHOの位置を計算に入れないとできない動き。とすると、このUFOは明らかにわれわれ人類に姿を見せるために現れたと言えます。

(1)彼らはいったい誰なのか?

(2)何のために私達に姿を見せるのか?

(3)何を私達に伝えたいのだろうか?


これらの問いに順番に応えていくと・・・
まず
(1)彼らはいったい誰なのか?
   ↓↓
宇宙人エロヒムである。


エロヒムは、1973年に弥勒菩薩ラエルが遭遇した宇宙人であった。
エロヒム」とは、古代ヘブライ語で「天空より平飛来した人々」という意味になり、複数形である。単数形は「エロハ」。そして、この言葉は、ユダヤ教の聖書に使われているが、「神」と間違った意味で解釈されてしまっている。そして、のちに他の言語の聖書に翻訳されたときに、「神」の意味の言葉、たとえば英語であれば「God」という言葉に誤訳されてしまった。


(2)何のために私達に姿を見せるのか?
   ↓↓
人類に彼らが誰であるか、そして、彼らが弥勒菩薩ラエルに託した人類へのメッセージを理解してほしいから
、姿を表している。


1973年に、弥勒菩薩ラエルが宇宙人エロヒムの一人「ヤーウェ」に遭遇したときに、エロヒムから託された人類への愛のメッセージとは何なのか?

この問いの答えがそのまま、「(3)何を私達に伝えたいのだろうか?」の答えとなります。

(3)何を私達に伝えたいのだろうか?
   ↓↓

エロヒムのメッセージは、要約すると以下のような項目が挙げられます。

  • 地球上の生命はすべてエロヒムにより、科学的に実験室の中で遺伝子を合成し創造された。

  • 13000年前に、エロヒムは地球人を彼らの姿形に似せて遺伝子を合成し創造した。

  • エロヒムは人類を創造した後、人類を導くためにイエス、ブッダ、マホメッド、モーゼなど彼らのメッセンジャーを選んで人類を導いた。

  • 1945年に広島に原爆が落とされ、人類はアポカリプスの時代(=全てが科学的に理解可能になる時代)に入った。アポカリプスの時代に、人類が第3次世界大戦で99.9%自滅する確率が高まり、エロヒムは最後のメッセンジャーラエルを選び誕生させた。

  •  人類が近い将来平和な世の中になり、エロヒムを人類の創造者として理解した上で、エロヒムを公式に地球に迎えるための大使館地球上のどこかに建設するようラエルに公式に依頼した。


更に詳細についてお知りになりたい方は、以下のサイトをご覧ください。

↓↓↓
ラエリアン・ムーブメントのHP
※ 日本語をクリックして次の画面に進んでください。

宇宙人エロヒムのメッセージ

エロヒム関連のダウンロード

NASA's Alien Anomalies caught on film - A compilation of stunning UFO footage from NASA's archives
NASAの宇宙未確認飛行物体のフィルム集─NASAのアーカイブから驚くべきUFOの奇跡の数々!

posted by ふーもあ at 10:20| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。