2013年12月05日

NHK受信料の全世帯義務化に反対意を表明!弥勒菩薩ラエルは人を尊重する事が大切だと言う




<NHK>受信料の全世帯義務化 ネットと同時放送で見解

毎日新聞 12月3日(火)3時40分配信
URL:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131203-00000012-mai-soci

NHKがインターネットで現在NHKのニュースが閲覧可能であるから、全ての国民にたいして受信料の支払い義務化にするという案が出たらしいが・・・

NHKが放送する番組には嘘の情報があるし

例えば、人類の起源についてダーウィンの進化論が正しいという番組が良くある。

しかし、私はダーウィンの進化論は間違っていると思うから、NHKに受信料は支払う意志はない。間違った情報を教育番組で放送するなんてもっての外だ。

また、不正選挙を隠蔽し、安倍支持率の嘘の情報を番組で放送するし

最近の安◎首相や、昔の小◎首相を見ても、彼等はずっとアメリカ政府の要求通りに日本の社会を変えてきたと思う。
そのアメリカが何をしているかといえば、他国に侵略戦争をしかけて市民を殺害し、その国々の財宝を奪い、資源を奪うことやり放題なのである。

そのようなアメリカの行いを見ている日本が、何故、アメリカにやめろと言わないのか?
言わなければ、同罪だし、そのうえ、アメリカの言いなりになっているのだからアメリカの残虐的戦争行為を応援しているのが日本だと言える。
アメリカに利益になることをするのは、全て、アメリカの戦争行為に加担しているといえよう。

国民の自由意志を尊重せず、強制的に国の番組の視聴料を払うように法改正するのは、特別秘密保護法案を強制的に可決したのと同じやり口だ。

他国を侵略戦争で攻めるアメリカ帝国に右ならえする日本政府の国営テレビに金を支払う義務は全くない!

また、日本がアメリカと同じ社会主義国、または、帝国主義国家に進んでいく気配が強くしてならない。

これを食い止めるには総理大臣をやめさせ、総選挙で小沢氏を総理大臣にするしかないと思うが・・・


◆記事の引用開始

 NHKの最高意思決定機関である経営委員会が、NHK執行部に対し、インターネットサービス充実のため、受信料制度の見直しを求めたところ、テレビがなくても全世帯から受信料を徴収する義務化を明記した回答文書を提出していたことが2日、分かった。

経営委員会は今年2月、NHKに文書で義務化を含めた受信料制度の見直しを要請した。番組を放送と同時にネットで見られるようになると、区別して受信料を徴収するのは現実的には困難だからだ。これに対し、松本正之会長(69)をトップに理事ら計12人で構成するNHK執行部は8月、「今後の方向性」として放送法を改正して「支払い義務化」を明記した回答文書を経営委に提出。文書は(1)すぐに義務化に踏み切る(2)現行制度のもとで支払率を上げ「世帯数の減少や物価上昇などによる努力の限界」に直面した後に義務化する−−の2通りの方法を示している。

 全国の受信料支払率は現在、73%台にとどまり、特に都市部で低く「負担が公平でない」と指摘されている。しかし、NHK執行部には「9割以上の世帯から徴収できる制度的な保証がないと義務化は無理」として、未契約世帯に対する訴訟などで支払率アップを期す声が根強い。このため、9月に改めて経営委に提出した文書は「義務化」の末尾に疑問符を付け加えるなど、経営委にとって後退した内容となった。

 義務化は、第1次安倍晋三政権2006年に総務相に就任した現官房長官の菅義偉(すがよしひで)氏が強く求めた。当時は、相次ぐ職員の不祥事による受信料不払いが急増しており、菅氏は「義務化で2割は値下げが可能」と国会で述べたが、NHKの橋本元一会長が難色を示し、結果的に見送られている。
 
・・・

 ◇受信料

 放送法に基づき放送を受信する設備があり、NHKと受信契約を結んだ世帯や事業所が負担する。携帯電話で見られるワンセグ放送も対象とされる。今年度事業収入の96%を占める一方、4635万世帯の昨年度の支払率は73・4%。都道府県別では、秋田の95・7%をトップに、東京、大阪は60%前後にとどまる。要因には若者のテレビ離れなどが指摘される。NHKは法的措置を強化しており、未契約世帯を訴えた裁判の控訴審判決で、東京高裁は10月30日、未契約世帯でもテレビがあれば通知後2週間で契約が自動的に成立する、との判断を示した


◆記事の引用終了




人類の創造者エロヒムの最後の預言者ラエルは、お互いに尊重しあうような社会が大切であると教えられています。NHKは市民の自由な選択を尊重するべきです。それをしないというのは、私達国民の人権の侵害です。




posted by ふーもあ at 02:41| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。