2013年11月10日

仏人記者、シリアのテロリストへの武器供与の詳細を暴露。弥勒菩薩ラエルは世界が平和になる事を主張する



仏人記者がシリアのテロリストへの武器供与の詳細を暴露
URL: http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/41277-仏人記者がシリアのテロリストへの武器供与の詳細を暴露
2013/11/09(土曜) 23:54




★管理人:
以下の記事を要約すると

・アメリカのCIA職員は、シリアのテロリストへの兵器の移送を管理している

・テロリストへの兵器の引渡しにヨルダンの諜報機関も協力している

・サウジアラビアも、東ヨーロッパからの兵器移送の調整と資金確保を行っている

・シリアに兵器を輸送する車両は、無人機を通じCIAの指令本部から管理されている

・CIA、サウジアラビア、ヨルダンは、2013年におよそ600トンに及ぶ兵器をシリアのテロリストに供与している

・シリアの混乱の中で、現在まで、10万人以上が死亡、数百万人が難民となっている

アメリカのシオニスト系銀行家を中心としたこの非人道的な行いを即刻中止させるように、世界中の国々が協力しなくてはいけないです。

そして、世界が平和になるように、宇宙人エロヒムの最後のメッセンジャーである弥勒菩薩ラエルがご提案されている楽園主義と呼ばれる社会システムを人類の社会に導入しなてくはいけません。

楽園主義の社会システムだけが、唯一、世界中の全ての人々を幸せにし、豊かな暮らしを送ることを可能にするシステムです。

★管理人のコメント終了



★以下、記事の紹介です。

フランス人ジャーナリストが、アメリカ、サウジアラビア、ヨルダンなどの国によるシリアのテロリストへの兵器の供与の詳細を明らかにしました。

プレスTVによりますと、フランスの新聞ルフィガロの記者であるジョージュ・マルブルノ氏は、報告の中で、「アメリカのCIA職員は、シリアのテロリストへの兵器の移送を管理している」としています。

マルブルノ氏はまた、テロリストへの兵器の引渡しにヨルダンの諜報機関も協力しており、サウジアラビアも、東ヨーロッパからの兵器移送の調整と資金確保を行っている」と述べています。

この報告ではまた、「シリアに兵器を輸送する車両は、無人機を通じCIAの指令本部から管理されている」としています。

ある報道によりますと、CIA、サウジアラビア、ヨルダンは、2013年におよそ600トンに及ぶ兵器をシリアのテロリストに供与しているということです。

シリアでは、2011年3月以来、西側諸国や一部の地域諸国の支援を受けた武装勢力の活動により、情勢不安となっています。

国連の統計によりますと、シリアの混乱の中で、現在まで、10万人以上が死亡、数百万人が難民となっています。


★記事の紹介終わり


posted by ふーもあ at 12:49| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | シリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月14日

米国の覇権主義国家のシリアへの侵略行為に異議を唱える!弥勒菩薩ラエルは平和を主張




「シリア攻撃は、好戦的な国々の損害になる」
2013/09/13(金曜) 20:13

URL: http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/40079-「シリア攻撃は、好戦的な国々の損害になる」


13日に行われたテヘラン金曜礼拝で、モヴァッヘディ・ケルマーニー師が、シリア攻撃は、好戦的な国々の損害になり、シオニスト政権イスラエルの消滅につながるだろうとしました。

モヴァッヘディ・ケルマーニー師は、最近のシリア情勢とアメリカのシリア攻撃の脅迫に触れ、「シリアへの軍事攻撃の結果は、侵略した国のみに降りかかり、イスラエルを消滅させるだろう」と語りました。

また、アメリカが、シリア情勢に対して理性的に行動し、新たな戦争の開始によって、これ以上、地域の情勢不安の元凶にならないよう望んでいるとしました。

(さらに、エジプトの現状について、「イスラム法学者や研究者、エリートを数多く有する文明的な国が、このような悲惨な運命を辿るのは残念なことだ」と強調しました。)

モヴァッヘディ・ケルマーニー師は、「エジプトの現在の衝突は、世界のシオニズムと覇権主義者のイスラム諸国を弱めるための陰謀によるものだ」とし、「エジプトの国民は、賢明さ、団結、連帯を保ち、衝突を避け、敵に抵抗すべきだ」と語りました。

また、覇権主義大国は、常に、武力、殺害、挑発により、全ての国の国民の利益を支配しようとしているとし、「イスラエルと地域の傀儡政権の誕生は、世界のシオニズムと覇権主義者の利益を確保し、イスラムを弱めることを目的にしたものだ」と述べました。

さらに、ホメイニー師が指導したイスラム革命の勝利は、世界の覇権主義大国にとって、恐怖と大きな敗北になったとし、「イスラムの戦士は、聖なる防衛の時代、不信心者や覇権主義者との戦いにおける抵抗、勇気、献身により、イランとイスラムに対する敵の陰謀を退けた」と強調しました。

モヴァッヘディ・ケルマーニー師は、国連国連安保理の人類への支援に関する主張は偽りだとし、「実際、これらの機関は、覇権主義大国が、他国への支配や利己的な目的を実現するための単なる道具に過ぎない」と述べました。

また、広島や長崎への原爆投下など、各国の国民に対するアメリカの犯罪に触れ、「今日、全ての国の国民は目覚めており、外国の支配からの解放と独立を求めている」と述べました。


引用終わり


覇権主義(はけんしゅぎ)とは、国家またはそれに準ずるものの、外交・軍事における傾向の一種。当該国の実利的利害関係にのみ基づいて他国に対する対応を決定し、敵対国に対する侵略戦争先制攻撃によって(若しくは挑発を行なって相手に攻撃させ開戦の正当性や大義を主張し領土の拡大や自国の安全保障を行い、同盟国や敵対国の反対勢力に対する軍事・経済協力を進める。それを実行し、成功した国を覇権国家と言う。陸軍国家(大陸国家)であることが多い。

その例が、アメリカ合衆国である

URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/覇権主義






◆管理人の考え


国連国連安保理の人類への支援に関する主張は偽りだとし、「実際、これらの機関は、覇権主義大国が、他国への支配や利己的な目的を実現するための単なる道具に過ぎない」と述べました。


まさに、この部分、的確に真実を述べていますね。

国連は、アメリカをはじめとする覇権主義大国が、他国への支配や利己的な目的を実現するための単なる道具に過ぎない。

アメリカは、シリアを支配し、シオニスト政権を強くするために、シリアに対して戦争を仕掛けていこうとしています。

このような利己的な軍事的な行動は、世界中の人達が断固として反対の意見を主張し、アメリカにシリアに戦争をしかける余地を与えないようにしなくてはいけません!

そして、宇宙人エロヒム最後のメッセンジャー弥勒菩薩ラエルの言われるように、人類の社会に早く楽園主義の社会システムを導入しなくてはいけません!


earth_P_LightBlue.jpg





posted by ふーもあ at 13:48| 埼玉 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | シリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。