2013年10月29日

アメリカから脱却した世界の建設をする時だ!弥勒菩薩ラエルは楽園主義の導入を主張!




債務限度:中国が世界に非アメリカ化を呼びかける
中国政府のスポークスマンが、「米国の力による平和」は全ての前線で失敗してしまったと言う。

ジジョ・ヤコブ著
英国標準時 2013年10月13日、午前9:17
URL:http://www.ibtimes.co.uk/articles/513431/20131013/china-debt-ceiling-shutdown-xinhua-de-emericanised.htm


中国の国営通信社は「アメリカから脱却した世界」の建設を呼びかけ、人々の運命が機能不全な偽善に満ちた政府の手に委ねるべきではないと言いました。

ワシントンに痛烈な批判と辛辣な嘲りを浴びせかけながら、シンフワ通信社(新華社)は合衆国を、一般人殺害者、囚人の拷問者、そして、他の国の問題に対して余計な世話を焼く国家と呼び、「米国の力による平和」は全ての前線において失敗してしまったと言いました。

世界の超大国の王位にとっては偽善者として見える中国の国営通信社は、更に皮肉を込めたユーモアを繰り返し言い、アメリカの経済的傑出は単なるうわべだけの優越性にすぎないと言いました。

「アメリカの両政党の政治家達は、彼等が誇示する国民に正常な状態をもたらす実行可能な政策を取り決めることもなく、ホワイトハウスと国会議事堂の間を右往左往しており、混乱させられてしまった世界は恐らくアメリカを抜きにした世界の建設を考え始めるのに持って来いの時期なのかもしれない」と、編集部は言いました。

「自ら公言した世界を守る国が、重要な経済政策に対して政治的違いを解消する事に失敗し、それにより、金融市場の中で破壊行為を広めているのは何故なのか?」と、中国の通信社は問いかけています。

「連邦予算と債務限度額の引き上げ承認という問題について、二大政党の実行可能な解決策を求めようとするワシントンで繰り返される低迷は、世界の多くの国々の巨額のドル資産を再び危険にさらす事になり、国際地域を非常に苦しい状況に置くことになる」と、通信社は言いました。

中国の指導者達と新聞社が、米国のドル資産の価値を低下させる恐れがある政治の行き詰まりに対してワシントンを批判するのはこれが初めてでは有りません。

合衆国財務省のデータによると、7月現在で中国が外国で最も多くの米国債務証券(1.28兆)を所有する国です。

アメリカの債務返済不履行とその結果生じる信用低下は、中国の保有米国債の価値を大いに蝕むでしょう。

アメリカ支配から脱却した世界を建設する最初のステップとして、全ての国々が、全ての国々の統治権を尊重し、合衆国が他国の国内事情に介入出来ない事を保証する国際間システムの仕組みを具現化しなくてはいけないと、シンフワは言いました。

「発展中の経済、そして、新興市場諸国経済は、世界経済と政治的展望の変革をより良く熟考出来るようにするために、ワールド・バンク、国債通過基金(IMF)を含む主要な国際金融機関のなかでもっと強い発言権を持つ必要がある」と編集部は言います。

中国の通信社は、また、合衆国ドルの国債準備通過としての利用を止めることを呼びかけ、そうする事が、国際地域が、合衆国国内での内政混乱の余波から安全な距離を保ち維持出来るようにするのを保証するステップになると言いました。

問題を報告したい、または、この記事に関してフィードバックを返したい場合は、Eメール:j.jacob@ibtimes.co.uk
編集者に問い合わせしたい場合、Eメール:editor@ibtimes.co.uk

★記事の翻訳終わり




★管理人:

アメリカ合衆国が、武力をふるって世界の国々に干渉してきましたが、もう、こんな帝国支配は必要ありません。

アメリカは、世界をテロリストから守るというが、現実には、豊かな国を目標にして戦争をしかけその国を破壊し、市民たちを殺害し、他国の市民の電話を盗聴し、インターネットの活動を監視し、他国の政府を監視し、世界の資源を盗み、他国の資産を自分のものにして、生き延びようとしています。

しかし、世界中の国々はもうそれをじっと我慢して見るわけには行きません。

アメリカ駐留軍には日本から、世界中の国から出て行ってもらうべきです。各国の内情に首をつっこむのはやめるべきです。アメリカ政府の覇権主義的な影響が完全にない社会を建設するのです。

そして、世界中の国々が強力して楽園主義の社会システムを導入しなくてはいけません。世界中の市民を豊かにするシステムを・・・。

人類と地球上の全ての生命の創造者である宇宙人エロヒムの最後の預言者・弥勒菩薩ラエルが提案された楽園主義の社会システムを、社会に導入して世界中の全ての人達が豊かに生活出来る社会を実現していくのです。


earth_P_LightBlue.jpg



posted by ふーもあ at 11:31| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽園主義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月27日

World Should Be De-Americanised & Paradism Should Be Introduced! Maitreya Rael Recommends Paradism!



** 以下の記事の日本語の翻訳は、こちらから(↓)
世界をアメリカから脱却した世界にし、楽園主義を導入するべき!弥勒菩薩ラエルは楽園主義を提唱




Debt Ceiling: China Calls for World to Be 'De-Americanised'
Chinese government mouthpiece says 'Pax Americana' has failed on all fronts


By Jijo Jacob : Subscribe to Jijo's RSS feed | October 13, 2013 9:17 AM BST
URL:http://www.ibtimes.co.uk/articles/513431/20131013/china-debt-ceiling-shutdown-xinhua-de-emericanised.htm


China's official news agency has called for the creation of a "de-Americanised world", saying the destinies of people should not be left in the hands of a hypocritical nation with a dysfunctional government.

Heaping criticism and caustic ridicule on Washington, the Xinhua news agency called the US a civilian slayer, prisoner torturer and meddler in others' affairs, and said the 'Pax Americana' was a failure on all fronts.

The official news agency of China, which is seen as the pretender to the world's superpower crown, then rubbed in more salt, calling American economic pre-eminence just a seeming dominance.

"As US politicians of both political parties are still shuffling back and forth between the White House and the Capitol Hill without striking a viable deal to bring normality to the body politic they brag about, it is perhaps a good time for the befuddled world to start considering building a de-Americanised world," the editorial said.

It asks why the self-declared protector of the world is sowing mayhem in the financial markets by failing to resolve political differences over key economic policy.

"... the cyclical stagnation in Washington for a viable bipartisan solution over a federal budget and an approval for raising debt ceiling has again left many nations' tremendous dollar assets in jeopardy and the international community highly agonised," the agency said.

It is not the first time Chinese leadership and newspapers have criticised Washington over a policy paralysis that threatens to devalue its dollar assets.

According to US Treasury Department data, China is the biggest foreign owner of US Treasuries at $1.28 trillion as of July. Besides, China also holds close to $3.5 trillion of dollar-denominated assets.

A US debt default and consequent credit downgrade would significantly erode the value of China's holdings.

As the first step in creating a de-Americanised world, all nations must try to shape an international system that respects the sovereignty of all nations and ensures the US keeps out of the domestic affairs of others, Xinhua said.

"The developing and emerging market economies need to have more say in major international financial institutions including the World Bank and the International Monetary Fund, so that they could better reflect the transformations of the global economic and political landscape," the editorial says.

It also called for an end to the use of the US dollar as the international reserve currency, a step that would ensure the international community could maintain a safe distance from the side-effects of domestic political turmoil in the United States.

To report problems or to leave feedback about this article, e-mail: j.jacob@ibtimes.co.uk
To contact the editor, e-mail: editor@ibtimes.co.uk

** End of the article **

** Comments by the blogger:
The new social system called "Paradism" was suggested by Maitreya Rael, the last messenger deliberately chosen by the Elohim, who came from the space to the earth 25000 years ago to create life scientifically in laboratories, and eventually created humanity in their image from synthesized DNA's.

When I read his explanation on this new system, it sounded like it couldn't be any better for all the humanity on the earth to live in prosperity. This system is a kind of communist social system, which is similar to communism except that it does not have proletariat. Labors will be replaced completely by au automated production system that functions with robots, nano-robots, computers, etc. I think that this system will enable us to live in just enough food, one's own house, clothes, and so on that are necessary for living for free. Everything we need for living will be supplied by this automated system. And Maitreya Rael said that even this delivering system would become automated so that no one needs to work to deliver the created products. Then, we will be completely leberated from labors, spending all of our time on what we want to do - singing, creating artistic things, meeting friends, doing what awakens our minds and body such as meditation, yoga or even doing nothing.

In this society, there is no power, which means that there is no governments, banks, monetary system, police, and even law, and no more WARS!

In Japan, the government has been manipulated by America for so many years, and it is a good time for us to get rid of the controls by America over our societies. In this sense, I completely agree with the article in the above.

And, I also think that our values of living are strongly influenced by our current social system "capitalism". Companies put a greater importance on selling more products, creating more products, competing to make better products than the others, and getting profits from producing services and goods. Because of the characteristic of capitalism, people highly value this profit-based life style or products-based life style, while they don't value what doesn't bring any profit to their living. This makes us neglect an another thing that is actually the most important to us - our well-being.

Purchasing more and more products can bring a joy to us but not well-being. It is only a job but not happiness that we can feel from having new products. When we have a sterio, feeling good, but soon we want to buy a new sterio. And, then, we repeate the same cycle of purchasing, and having. And, people cannot feel satisfied at all and wonder why they cannot be happy. Hapiness is something we feel from inside of ourselves for no reason. That is what Maitreya Rael often says to us. Happiness comes from one's well-being.

I wish that Paradism would be introduced to our societies as soon as possible to avoid the humanity's suffering from world crisis and wars.



CLICK

earth_P_LightBlue.jpg








posted by ふーもあ at 22:24| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽園主義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月12日

法律は平等を破壊し権力者を守るために存在する。弥勒菩薩ラエルは楽園主義を推奨



「米当局の市民監視プログラムを暴露した米中央情報局(CIA)元職員、エドワード・スノーデン(Edward Snowden)容疑者は何も恐れておらず・・・

・・・4冊の著書はいずれもベストセラーとなっており、最も直近に出版した「With Liberty and Justice for Some: How the Law Is Used to Destroy Equality and Protect the Powerful(一部の人にとっての自由と正義とともに:法律はいかに平等を破壊し権力者を守るか)」では、「情報の自由」に対する脅威を追及した。2012年8月から英ガーディアンに寄稿している。


スノーデン氏は、現在ロシアに滞在中であり、そこから亡命申請をしている模様。

上に書かれているように、スノーデン氏の証言で、法律というものが市民の平等を破壊し、権力者を守るために存在している事がわかります。

だから、私達は政府や法律、裁判所、刑務所や、警察署さえも完全に平和的な手段(デモ、抗議)により解体しなくてはいけません。
政府の一部が交代したり、政策を変えたりしても、何も変わりません。それは、権力者の構図がそのままで、その下にある政党が入れ替わるだけだからです。つまり、権力者のエネルギー源である銀行と貨幣制度を完全に解体しなくてはいけないのです。

そして、楽園主義の社会システムを人類の社会に導入するのです。



earth_P_LightBlue.jpg







posted by ふーもあ at 11:50| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽園主義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする