2011年09月10日

放射性ヨウ素がまた八月に検出された!

福島原発の事故のあと、ドイツは脱原発を実行に移した。しかし、菅首相は、単に目立つためだけにパフォーマンスで脱原発を口にしたあと総理の職を辞めてしまった。 これでは、何の意味も無いでは無いか? 高い放射性ヨウ素がまた検出8月 ヨウ素の急増について(速報) 岩手県奥州市、東京都の一部などで高い放射性ヨウ素が検出されて 8月上旬から中旬にかけて福島原発から排出されたものと考えられ、当然、原発側は把握していると思いますが、情報は公開されておりません。 今のところ、検出値は低い(1キロあたり3000ベクレル以下) ので、 急な行動は不要ですが、このことについて政府、東電、マスコミが黙っていることに注意をしなければなりまん。 記事掲載元:http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20110909/dms1109091222007-n1.htm
東京で大異変…ヨウ素が急上昇!何が起きているのか 2011.09.09
image-20110910183855.png
 福島第1原発から約180キロ離れた岩手県奥州市で、同市が管理する前沢下水浄化センターの汚泥から、食品の暫定基準値を大きく上回る高濃度の放射性物質「ヨウ素131」が検出されていたことが9日、分かった。ヨウ素131はウランの核分裂で生まれ、半減期が8日と短いことから、検出日の直前に何かが起きた可能性があり、動揺が広がっている。  奥州市下水道課によると、7月から8月11日まで汚泥採取を計5回行い、5回ともヨウ素131は「不検出」だった。だが、8月25日の採取分で、2300ベクレルを検出。31日は590ベクレル、9月6日も480ベクレルを検出した。厚生労働省が示す食品、飲用水などの暫定規制値は、乳児で1キロ当たり100ベクレル、成人は2000ベクレルで、それをはるかに超える数値が出たことになる。  同市下水道課では「原発関係とは思いますが、原因は分かりません。いまは数値が下がるのを待つしかない状況です。市民から不安の声も寄せられ、取り急ぎ、肥料原料の出荷をストップし、最新の調査結果を待っています」と話す。次回は12日に採取し、14〜15日に結果を公表するという。  実は、同原発から200キロ以上離れた東京都でも数値が急上昇した。8月15日〜16日にかけて、各地の下水処理施設で採取された汚泥に含まれるヨウ素131の濃度が上がり、東部スラッジプラント(江東区新砂)や清瀬水再生センター(清瀬市下宿)では150ベクレルを記録した。直近では不検出か微量の検出にとどまっていた。  都下水道局では「原因は分からない。2週に1回のペースで調査を続けており、数値の推移を注視している」(広報サービス課)。8月下旬に採取した汚泥の調査結果は、9月9日に公表するという。  原発事故から半年近くたったいま、なぜこのような現象が起きたのか。元立正大学長で水環境科学が専門の高村弘毅氏は「ヨウ素131はウラン235の核分裂反応で生じ、半減期が短い。それが検出されたということは、その時期に新たに生成されたと考えるのが自然」と説明する。  福島第1原発から排出された放射性物質が、ピンポイントで降り注いだ可能性も「ゼロではない」としながらも、「そうした事実が東電から発表されていない以上、明確な説明はつかない」と語る。  夕刊フジの取材に対し、東京電力では「(原発敷地内の)モニタリングポストの値が排出限界値を超えた記録はなく、新たに放射性物質を排出した事実はありません」(広報部)とコメントしている。  【ヨウ素131】ウランの核分裂で生成され、半減期は約8日。ヨウ素133(半減期約20時間)とともに原子力発電所の事故でもっとも注目される放射性物質。甲状腺に集まる特徴があるため、甲状腺がんなどを引き起こしやすい。チェルノブイリ原子力発電所の爆発事故では大気中に大量に放出され、幼児に甲状腺がんなどの機能障害を発生させた。
これ以上、子供達を傷つけなためにも、福島の原発の終息と、原発の全国的な廃炉、そして、汚染された地区の除染作業の実施などは非常に重要です。
日本の政治は何とかなりませんかね……… そして、更に…… 岩手県奥州市の脱水汚泥からI-131(ヨウ素131)が検出 記事掲載元:http://merx.me/archives/11720 記事投稿日:9/7
[岩手県奥州市-汚泥の検査結果] 岩手県の奥州市が公表している、市が管理している前沢下水浄化センターから発生する汚泥等の、放射性物質濃度測定結果によると、8月下旬からI-131(ヨウ素131)が2,300ベクレル/kg(採取日8月25日)、590ベクレル(採取日8月31日)、480ベクレル/kg(9月6日)検出されている。 原発事故から半年経過したこの時期に、福島第一発原子力電所から190km離れた岩手県奥州市で、半減期が約8日と短いI-131が検出されていることに驚かされる。
新潟県の調査結果 http://www.city.niigata.jp/info/geki/attention/chousakekka.html 長野県の調査結果 http://www.city.niigata.jp/info/geki/attention/chousakekka.html 都内の降下物の放射性物質の測定結果 http://monitoring.tokyo-eiken.go.jp/mon_fallout_data.html 都内の大気中の降下物の放射性物質の測定結果を見ても、新たに放射性物質が雨に混じって降って来たと言うのは見られませんので、様子を見なくてはいけません。 また、今土壌汚染が問題になっていますが、政府は一般企業や研究所などが土壌汚染の放射能を除去する方法を開発したら、その技術の信頼度や除去能力を確認し、実際に使用してその効果を期待できると判断した場合、除去作業を汚染が確認された地域で行うべきだと思います。
セシウム汚染:粘土で土壌から除去 東北大教授が開発  東京電力福島第1原発事故で放出された放射性セシウムで汚染された土壌について、土壌中の粘土にセシウムを吸着させて除去する方法を開発したと、石井慶造東北大教授が6日、国の原子力委員会で紹介した。汚染土壌対策として表土を取り除く方法が効果的とされているが、今回の方法を使うと放射性廃棄物の量を減らせるという。  石井教授は、粘土はセシウムを吸着しやすく、いったん吸着するとセシウムは水に溶け出しにくい性質に着目。まず汚染土壌の中で細かい砂などに付着しているセシウムを洗い落とすため、土壌を水で3回洗浄。放射線量は約4%に低下した。  洗浄後の水を放置し、沈殿した粘土だけを取り出して放射性廃棄物として処理する。体積は汚染土壌の約8%に減少し、乾燥させればさらに減らせるという。上澄みに放射性物質は含まれていなかった。  宮城県丸森町で汚染土壌を使った実験も成功しており、石井教授は、今後は線量が非常に高い土壌の除染や、粘土を放射性と非放射性に分離する手法の開発に取り組むとしている。 毎日新聞 2011年9月7日 10時17分
posted by ふーもあ at 16:15| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 原子力発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月05日

<セシウム米調査>汚染米の全量廃棄は旧市町村単位で

米に放射性物質、セシウムがどれくらい含まれているか政府が調査をしています。 放射性物質の研究をしている科学者は、地面に放射能の汚染レベルが見られる場合、その地面の周囲に生えている草などには、地面の放射性物質のレベルの五倍から六倍位の高さの放射能汚染レベルに達すると説明しています。 一つの目安として、米の産地の地面の汚染レベルが分かれば、それから計算して植物に吸収される放射能レベルの量を推測する事も可能かと思います。 私は実家が九州なので、実家から九州の産地のお米や野菜を送ってもらっていますが、仕事で忙しい時などはやはり外食したりするので、放射能汚染の事は心配ですね。でも、その事で心配し過ぎてストレスがたまったり、恐怖心がたまり過ぎて病気になったりする可能性もあるので、海外から個人輸入したサプリメントを飲んで栄養のバランスをよくする事も考えていますね。
毎日新聞 8月3日(水)21時43分配信   コメの放射性物質調査の仕組み  農林水産省は3日、近く収穫期を迎えるコメについて、収穫の前後2段階で放射性セシウムを調査する方針を発表した。収穫後の本調査で暫定規制値(1キロあたり500ベクレル)を超えた地域のコメはすべて出荷停止として廃棄処分を義務づけ、農家の損害は東京電力に損害賠償請求する方針。他の食品より綿密な二重チェック体制で、主食であるコメの安全を確保したい考えだ。 (管理人:一キロ当たり500キロベクレル以内だと、お米は素通りすると言う事です。セシウムは少量であれば摂取しても安全と言うのは嘘であり、少量でも摂取すると体内の遺伝子を寸断して行き、将来、突然に発ガンする可能性が急激に高くなると言う事です。だから、少量でも絶対に摂取してはいけないものです。) 【セシウム米調査】気をもむ農家「出ないこと祈るだけ」  農水省は同日、生産者団体などを集めこの方針を説明した。予備調査は福島県など14都県のうち、土壌調査でセシウム濃度が1キロあたり1000ベクレル以上あった市町村や、空間放射線量率が平常時(毎時0.1マイクロシーベルト以下)を超える市町村などを対象に実施する。  収穫約1週間前に玄米の状態で調べ、1キロあたりの濃度が暫定規制値の半分程度の200ベクレルを超えた市町村を重点調査区域に指定、収穫後の本調査を15ヘクタールにつき1カ所(おおむね集落ごとに1カ所)で行う。その他の地域は1市町村あたり7カ所程度で調べる。  本調査で暫定規制値を超える所が1カ所でもあれば、政府は知事に出荷停止を指示する。市町村全域では広すぎる地域もあり、旧市町村単位(1950年当時)を原則とする。出荷停止地域で生産されたコメは自治体が全量を管理して廃棄処分する。  説明会で農水省担当者は、土壌のセシウムの値が1キロあたり5000ベクレルを超えた福島県の一部地域は4月にコメの作付けを禁止しており、これ以外の地域のコメから暫定規制値を超えるセシウムが検出される可能性は低いとの認識を示した。  農水省が指定した調査対象地域は、福島▽茨城▽栃木▽群馬▽千葉▽神奈川▽宮城▽山形▽新潟▽長野▽埼玉▽東京▽山梨▽静岡−−の14都県。【佐々木洋、浅野翔太郎】
posted by ふーもあ at 12:17| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 原子力発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月26日

米政府が原爆開発記念公園計画

記事掲載元 : 47News - 米政府が原爆開発記念公園計画 市民団体は批判 米国政府は、日本で、多くの人達が地震による福島原発事故で放射能汚染の被害にあっているさなかに、1940年代に原爆開発した「マンハッタン計画」を記念する国立歴史公園を認定する計画を立てている。彼等は、日本が地震にあい、原発が爆発してしまったことを喜んでいるようだ。そうでなかったら、どうしてこのような原発開発を記念するような公園を指定するだろうか? 無神経も甚だしいが、これは意図的にしているように思う。 アメリカ人達は、彼等の社会がイルミナティと呼ばれる少数の人達から支配されて来た政府の仕組みを崩壊させなくてはならないと思う。 そして、日本は、政治家や官僚が沢山の給料をもらっている一方で、地震と津波、そして、放射能汚染により、家も無く、非難生活を送っている人達がいます。 こんな矛盾したことが許される訳はありません! 都内近郊では土壌の放射能汚染が50,000Bq/Kgを超え、草は300,000Bq/Kgを超えており、チェルノブイリ事故で「デス・ゾーン」に認定する閾値ー50万Bq/Kgに近づいているにもかかわらず、政府は何もしない。 政治家達は、放射能汚染で病気になる人達が出て来ても、放射能汚染のせいであるとは認めないでしょう。 こんな政府を絶対に許してはいけません。 ヨーロッパでは、本当の民主主義を求めて沢山の人達がデモ運動を起こしています。 Police Brutally Clearing "Real Democracy" Pacific Demonstration.Barcelona,Spain - 27/05/2011 1/3 スペイン、バルセロナ市で、「本当の民主主義」を訴える太平洋のデモ運動を残酷に容赦なく片付けている警察部隊
posted by ふーもあ at 00:12| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 原子力発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。