2012年06月11日

クレイグ・ヴェンター、合成生命の創造の研究推進決定!弥勒菩薩ラエルの宇宙人エロヒムからのメッセージを証明する!

その後…… 2012.06.12 Craig Venter Institute クレイグ・ヴェンター研究所 クレイグ・ヴェンター研究所は、合成生命を作る研究をしています。
FIRST SELF-REPLICATING SYNTHETIC BACTERIAL CELL 最初の自己複製機能を有する合成バクテリア細胞 URL:http://www.jcvi.org/cms/research/projects/first-self-replicating-synthetic-bacterial-cell/overview/ Genomic science has greatly enhanced our understanding of the biological world. It is enabling researchers to "read" the genetic code of organisms from all branches of life by sequencing the four letters that make up DNA. Sequencing genomes has now become routine, giving rise to thousands of genomes in the public databases. In essence, scientists are digitizing biology by converting the A, C, T, and G's of the chemical makeup of DNA into 1's and 0's in a computer. But can one reverse the process and start with 1's and 0's in a computer to define the characteristics of a living cell? We set out to answer this question.
ゲノム科学は私達の生物学の世界への理解を非常に深めました。ゲノム科学は、遺伝子を構成する四つの文字の配列を決めることで、生命のすべての枝から各生命体の遺伝子コードを「解読する」為の研究を可能にしています。今では、遺伝子配列を決定するのはごくありふれた作業になっており、公的データーベースの中に何千ものゲノム情報が増えてきています。本質的に、科学者たちは遺伝子の化学的構成要素のA, C, T, そして、G群をコンピュータの中に1と0の情報に変換することで、生物学をデジタル化しています。しかし、私たちはこのプロセスを逆転させ、コンピュータの中の1と0の情報から始めて生きる細胞の特徴を定義することは可能でしょうか?私たちはこの疑問に答える事を開始しました。
In the field of chemistry, once the structure of a new chemical compound is determined by chemists, the next critical step is to attempt to synthesize the chemical. This would prove that the synthetic structure had the same function of the starting material. Until now, this has not been possible in the field of genomics. Structures have been determined by reading the genetic code, but they have never been able to be verified by independent synthesis.
化学の分野では、新しい化合物の構造が化学者により確定されたら、次の重大なステップはその化合物を人口的に合成する試みを行うことです。これにより、合成物の構造が最初の物質と同じ機能を持っている事を証明します。今まで、ゲノミクス(ゲノムの機能や構造を解読する分野)の分野では、これは実現可能ではありませんでした。遺伝子コードを解析することで、その構造は特定されてきました。しかし、それらは一度も独立した合成により立証されませんでした。
凄い!これは、もう凄い! いよいよ、米国が「新たな生命体創造のために生命体のDNA操作を行ういわゆる合成生物学」の研究を推進することを決めたですね。 そして、米国の「J・クレイグ・ヴェンター研究所(J.Craig Venter Institute)」が、ゲノムの合成により自己再生が可能な細菌を人工的に作製することに初めて成功したと発表したことを受け、合成生物学について検討することを初仕事として命じられたらしいです。 以下、参考のリンク 人工生命の創造近づく?細菌ゲノムの合成に成功、米研究チーム クレイグさんのビデオです。 遺伝子を科学的に合成可能かについてお話しています。 Craig Venter - Creating Artificial Life
これは、何を意味するか それは、私達が新しい生命創造の実験を始めるということは、私達もまた、別の惑星から来た人間型の宇宙人により、遺伝子を合成して科学的に創造されたことを意味するのです。 その宇宙人は、エロヒムといいます。彼らに1973年に遭遇した弥勒菩薩ラエルが、彼らから人類あてのメッセージを託され、それ以来彼は、そのメッセージを世界中で普及する活動をしています。 そのメッセージには、私達の地球上の全生命が遺伝子を合成して、エロヒムにより作られたこと、そして、最後に、人類をエロヒムの姿形に似せて、遺伝子を合成して科学的に創造したことが、説明してあります。 これと同じことを、私達人間の科学者たちが今始めようとしています!!! 興味がある人は、以下のサイトに行って、そのメッセージの本を是非読んでみてください。 国際ラエリアン・ムーブメントのホームページ  ┗日本語をクリックしてね。 日本ラエリアン・ムーブメントのホームページ 無料ダウンロードのサイト  ┗E-Booksをクリックしてね。 参考 ヒトゲノムを解読した男―クレイグ・ヴェンター自伝 [著]J・クレイグ・ヴェンター 続きを読む
posted by ふーもあ at 14:31| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月06日

世界経済崩壊から楽園主義に。弥勒菩薩ラエルは楽園主義を推奨!

スペインの経済が崩壊すれば、ヨーロッパ経済、米国の経済が崩壊して、いよいよ楽園主義が始まる!
posted by ふーもあ at 20:05| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月03日

プリンとしたヨーグルトは沖助便。弥勒菩薩ラエルはヨーグルトを朝に薦めてる

昨日土曜日の午前中に、沖縄から沖助便が来ました。
その中には、日本のパックの牛乳と、ヨーグルト用の種も二個入っていました。
福島原発の事故以来、関東では牛乳は一切買わなくなりました。
そして、沖縄から牛乳を仕入れるようになったんです。
牛乳にはヨーグルトの種がついてくるので、これを牛乳に入れてヨーグルトを作ることが出来ます。
でも、まだ先週に来た牛乳で作ったヨーグルトが残っています。
これを使って今日は、朝のフルーツジュースを作りました。
これで、フルーツジュースを作りました。
パイナップルとオレンジを入れましたよ。
水気が足りないかもと思って、パイナップルジュースを混ぜたのですが、
ちょっと水気が多すぎて、まあまあの味です。
そもそも、私がヨーグルトをこんなに好きになったのは
何を隠そう宇宙人エロヒムのメッセンジャーである弥勒菩薩ラエル
セミナーに行った時に、朝ヨーグルトを食べるのが体には
すごく良いとお話されたのを聞いてからです。
沖助便で送られてくる沖縄のヨーグルトは酸っぱくなく
まろやかで少しプリンのような食感があります。
私はこの味がとっても好きです。
さあ、今日も幸せに頑張りましょう。
宇宙人エロヒムが地球に再来するまで、早くてあと13年・・・
posted by ふーもあ at 11:28| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。