2013年07月24日

地球は寒冷化に向かう。人類の未来を脅かすものは人類自身。弥勒菩薩ラエルは楽園主義を提唱




絶滅危惧種のスペインオオヤマネコは、たとえ世界が温室効果ガス排出量の削減目標を達成できたとしても、気候変動の影響で50年以内に絶滅する――。こんな研究が、21日の英科学誌ネイチャー・クライメート・チェンジ(Nature Climate Change)に発表された。自然保護政策の劇的な転換が必要だと指摘している。


このニュースには、嘘が含まれていて、

・気候変動の影響で50年以内にある動物が絶滅する・・・

これは、気候変動というのは恐らく温暖化を意味しているのでしょうが、(何故なら、温室効果ガス排出量の削減は、地球が温暖化に進んでいるというのが大前提ですから)
しかし、地球は今、寒冷化に向かっていますから、寒冷化になった時に地球上の生命の種で絶滅するものが出てくるのか?という問題になりますが、これまでも寒冷化になった時期が人類史上あったように思います。その時に絶滅した種がいたかなどの調査もスルべきです。そのような調査なしに、ある動物が絶滅するので、温室効果が大前提というのを一般大衆に植え付け、温室効果ガス排出量の削減を絶対にしなくてはいけない、という大前提をつくり上げるのがこの記事の狙いのように思います。

それは、1%の銀行家達が温室効果ガス排出量の削減を各国にやらせることで莫大な利益を得ることができるからです。

寒冷化に進みだしているというのは、日本人科学者が太陽活動の研究から地球がこれからは寒冷化に向かうという結論をだしております。

温室効果ガス排出量の削減以外にも、イルミナティ(1%の銀行家達)がHAARPを使って気候変動をおこし作物の収穫量を変えたりして、それで先物取り引きで金儲けをしたいと言うのがあるように思います。

また、気候変動を起こす理由は、他にもありますが、米国政府は人工地震をも引き起こせるとも言われています。その方法は、HAARPや水爆、核爆弾を海底地下に埋め込むなどが上げられていますが。

例えば、東日本大震災の時に何が起きたかというと、
1)海底10kmに核爆弾を米国がセットした
2)沢山の爆発を引き起こし、地震を誘発した。
3)人工津波が、海底での爆発で起きた
4)福島原子力発電所の建屋を核ミサイルで破壊
  ・(1)の核爆弾の放射能を隠すために、核ミサイルで原子力発電所の建屋を破壊した。
5)放射能で汚染された汚染水を海に流すように米国が日本、または、福島に命令した。
  ・これで、核爆弾による海の放射能汚染がわからなくなった。

これが、福島の事故の調査をしている人が説明している内容です。

この人工地震をおこすことで、日本経済に打撃を与えるのと、人工地震が起きた国の経済が急激に落ち込み、それから回復し、また、その後に恐慌を人工的に引き起こすことで、金儲けを銀行家達がしていると言われています。

為替の操作、日本銀行を使った紙幣の量のコントロール

科学的に根拠のない気候変動のニュースはやめてほしいものですね。

それと、現在幹細胞の研究がされています。全ての種の遺伝情報の読み取りも終わったと思います。
次は、全ての種の遺伝子を採取してコンピュータに記録し、保管しておくべきですね。

もし、何かの種が絶滅しかかっている、または、絶滅しちゃった場合には、この保管している遺伝子から絶滅した種を再生すればいいと思います。

2030年頃には、人類の科学は特異点に到達するので、種が絶滅するとか気候変動とかで心配する必要は全くありません。

それよりも、一番恐ろしいのは人間自身です。一部の気が狂った人間が、戦争や気候変動など、卑劣極まりない愚行を繰り返し行い、そこから莫大な利益を得続けていることが一番危険なことです。

一歩間違えば人類が破滅の道に進んでしまうことになってしまいます。

脳に欠陥がある、未発達な1%の銀行家、政治家、投機家などが、権力を持つという構造をなくさなくてはいけないです。平和的な方法で。

それが、楽園主義という新しい社会システムになります。


earth_P_LightBlue.jpg







posted by ふーもあ at 11:32| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球温暖化・寒冷化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月06日

温暖化の時代は種の多様性増大。寒冷期は多くの種が絶滅する。弥勒菩薩ラエルは地球は寒冷化に進んでいるという。




種は温暖化の時増加する!弥勒菩薩ラエルは寒冷化を主張



Species multiply as Earth heats up
種は地球温暖化になると増加する

Richard Lovett
03 September 2012
2012年9月3日


Rather than kicking off the expected cycles of extinction, periods of warming in Earth's history were accompanied by increased biodiversity, according to a report published this week. But this does not mean that the mass extinctions that are taking place today, with Earth warming at an unprecedented rate, will be reversed in future.
地球温暖化の時代には、種の絶滅サイクルが始まると考えられていましたが、今週出版された報告によると、地球上の歴史における温暖化時代には種の多様性がより大きくなることがわかりました。しかし、これは、今日前例のないペースで起きている地球温暖化の中で発生している多くの種が絶滅している現象が将来逆転される事を意味してはいません。


Researchers examined the number of known families of marine invertebrates, as well as sea-surface temperatures, over the course of 540 million years of Earth's history1. They found that when temperatures were high, so was biodiversity. When temperatures fell, biodiversity also declined.
研究家達は、地球の5億4千万年の歴史の中で、海水の表面温度と海洋無脊椎動物の既知の種の数を調査しました。そして、その調査の結果、地球が温暖化の時代には種の多様性も大きかったことがわかりました。地球が寒冷化に入ったときには種の多様性も小さくなった事がわかりました。


The results contradict previous work, including findings from lead author Peter Mayhew's group2, that reported an inverse correlation between high temperatures and biodiversity.
この研究結果は、主執筆者ピーター・メイヒューのグループ2からの報告内容を含む前回の研究内容と矛盾しています。メイヒュー博士は、地球温度と種の多様性の相関関係について、最新の研究結果とは全く逆の内容を報告していました。


The reason for the about-face, says Mayhew, an evolutionary ecologist at the University of York, UK, is that the earlier work measured fossil diversity by tallying the first and last appearances of each group of species, then assuming that the creatures existed only during the intervening years. This might sound logical, but overlooks the fact that some geological periods are better studied than others.
英国ヨーク大学の斬新的な生態学者であるメイヒュー博士の研究結果が全く逆転してしまったのは、メイヒュー博士が言うには、種の各グループの最初と最後の出現数を集計し、その結果から、動物達はその二つの時間点の間の年月にだけ生存したと推測する方法をとり、それにより、彼らは化石の多様性を測定したことが原因であったらしいです。この説明は論理的に聞こえるでしょうが、しかし、ある地質学的時代はそれ以外の時代よりもより研究されているという事実を見過ごしています。


To correct this, the new study looked only at the well-sampled periods. And, instead of interpolating organisms' presence from origination and extinction dates, it merely tallied species groups present during each period.
この欠点を修正するために、新しい研究ではサンプルが良く集められている時代だけを対象にするのです。そして、種の誕生と絶滅の日付から種の生存したのがいつかを調査していく代わりに、各時代の間で生存していた種のグループを単に集計していくだけなのです。


Even so, given that climate change is generally viewed as disruptive, Mayhew admits it was a "big surprise" to find that eras of warming were accompanied by increases in biodiversity. The work also provided a solution to another puzzle, Mayhew says. Tropical ecosystems are known to be Earth's most diverse, and the tropics would be expected to expand during warm eras. Yet in the past these eras were thought to be species-poor compared with cooler ones. The new results resolve that contradiction.
そうだとしても、気候変動が不通破壊をもたらすものとして見られているのを考えると、メイヒュー氏は温暖化の時代は種の多様性が増大したという発見は「大きな驚きである」ことを認めました。その研究は、もう一つのパズルに解決策を与えたと、メイヒュー氏はいいます。そのパズルとは、熱帯地域の生態系は地球の中でもっとも多様である事が知られていますが、熱帯地域は温暖化の時代にはその面積が拡大すると考えられていました。しかし、過去、温暖化の時代はより涼しい時代と比較すると種の数が少なくなると考えられていました。新しい研究結果は、その矛盾を解決してくれます。


Speed kills

Warming produces both extinctions and originations, and in the past the originations of new species have outstripped the loss of old ones, says Mayhew. But this does not mean that today's climate change will be beneficial.
「温暖化は種の絶滅と誕生の両方を生み出し、そして、過去に、新しい種の誕生は古い種の絶滅数を上回っていました」と、メイヒュー氏はいいます。しかし、これは、今日の気候変動が有益なものだと言っているのではありません。


"The rate of change is very important," Mayhew says. For diversity to rise, he explains, new species need to evolve. And that takes between thousands and millions of years − much slower than the rate at which extinctions are likely to occur with today's rapid change.
メイヒュー氏は、「変化の割合が非常に重要です」といいます。種の多様性が発生するためには、新しい種が進化する必要があります。そのためには、数千年から何百万年までかかるのです。その変化に要する年月は、今日の急速な変化に伴って起きている種の絶滅に要するのよりも遙かに長い年月になるのです。



管理人;以下、省略します。



★ ☆ 記事の紹介はここまで☆ ★



管理人;

地球は寒冷化に進んでいます。


宇宙人エロヒムのメッセンジャーである弥勒菩薩ラエルは、地球は寒冷化に向かっているとお話をされていたのを覚えています。

寒冷化になっても、人類の科学が特異点に到達するのでへっちゃらだと思いますよ。

寒冷化になった時に食料不足がおきるとおもう人もいるかもしれませんが、その頃には人類は遺伝子を合成して食物を生成出来るようになっているでしょうから、農場や畑で寒冷期の冷害に合うことがありません。

今年の夏も暑いですが、もう、九月に入りましたが、そんなに暑くないですね。このまま涼しくなって行って欲しいです。

地球温暖化終了のお知らせ 太陽の磁場に異変


地球寒冷化が始まった 公的機関が正式に発表


CO2温暖化説は崩壊した


2010年の夏は猛暑だったが、これは偏西風の蛇行が原因だったと
東京新聞が報道。
偏西風が蛇行すると、風がどっちの方角を向くかで、低音域と高音域の地域が出てくる。2010年は、日本は高音域の場所に入ってしまったので、猛暑だったが、地球上の他の場所、例えば南米では大寒波に見舞われていた。ペルーでも大寒波がおき、南部高山地帯で多数の人たちがお亡くなりになりました。チリの首都サンチアゴでも気温が7日連続で氷点下になった厳冬でした。ブラジル南部のマトグロソドスル州で牛約3000頭が、パラグアイでも約2000頭が、低体温症で死ぬ被害が発生しました。

世界の気象に異変:原因は偏西風の大蛇行
注)以下の図はcosmosのサイトで掲載されています。
偏西風が蛇行した地図.JPG



気象庁やIPCCのいうことを信用してはいけません。
気候変動に関する政府間パネル


ヘンリク・スベンスマルク、ナイジェル・コルダー著「不機嫌な太陽、気候変動のもうひとつのシナリオ」(Henriki Svensmark & Nigel Calder in 2007; The Chilling Stars; A New Theory of Climate Change (Totern Books))


“不機嫌な”太陽―気候変動のもうひとつのシナリオ [単行本(ソフトカバー)] / H スベンスマルク, N コールター (著); 桜井邦朋, 桜井邦朋 (監修); 青山洋 (翻訳); 恒星社厚生閣 (刊)



二酸化炭素温暖化説の崩壊



寒冷期にはアイスオッケーやスキーが盛んになるだろう・・・



posted by ふーもあ at 21:48| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球温暖化・寒冷化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月01日

地球温暖化が本当なのか? 弥勒菩薩は地球寒冷化と説明


↓↓↓

まず、地球温暖化の最近の記事の引用です・・・

2010年の平均気温、史上最高水準に
【12月3日 AFP】世界気象機関(World Meteorological Organization、WMO)のミシェル・ジャロー(Michel Jarraud)事務局長は2日、2010年の世界の平均気温が観測史上最高になるとの見通しを発表した。

「史上3位以内に入るのはほぼ確実だ。1〜10月では過去最高になるだろう」。ジャロー事務局長は、メキシコ・カンクン(Cancun)で開かれている国連気候変動枠組み条約第16回締約国会議(COP16)で開いた記者会見でこう述べ、10年間の平均気温では2001〜2010年が過去最高記録を更新したことも付け加えた。

・・・以下省略・・・(c)AFP/Richard Ingham


上の記事では、なぜそのように気温が高くなったのかその地球規模の気候の変化の仕方についての検証が全くなく、ただ、「史上3位以内に入るのはほぼ確実だ。1〜10月では過去最高になるだろう」と言っています。

そこで、私なりにいろいろとネットで「地球寒冷化」について調べてみました。つまり、逆の地球寒冷化を調べれば、「地球温暖化」を具体的に検証したようなサイトがあるだろうと思ったのです。

それでわかった情報をまとめてみました。

温暖化、寒冷化は本来数千年、数万年単位でみるものですが、今話題の「温暖化」は、100年単位で人間が地球に及ぼしている影響を言っている。

なので、この「温暖化」と本来の自然のサイクルの気温の変化を分けて考える必要がある。


■自然による温暖化や寒冷化

この場合、100年などの「ある瞬間」を境に温暖化しているとか寒冷化しているとかはいえません。

結果的に見てここ千年で温暖化しているが、これからは寒冷化に向かっていきます。


■寒冷化について

検証した結果では、現在は寒冷期に向かっているのではと言えます。

なぜなら、今面積あたりの人口密度、動物・生物の生息密度が一番高い地域は、赤道から南北に30度以内の範囲です。暮らしやすい赤道に近いところに棲息しているわけです。

しかし、マンモスや原始人などは、現在寒いとされている地域に生息していました。
つまり赤道からかなり離れていたことになります。ということは現在人口の多い赤道付近よりそちらの方が暮らしやすい気候であったということです。つまり、今地球は寒いから赤道付近が生息に適温なのであって、昔は地球全体の気温がもっと高く、赤道付近は生息するには暑過ぎたということになります。

故に、現在は寒冷の時期にあるとする説があります。


ここ50年で人間が作っている温暖化について

二酸化炭素排出量を減らせても意味がないという学者もいます。研究者はむしろそちらの説を唱えています。

それら対して、マスコミや、財界、政界が地球温暖化を主張しています。

それは何故なのか・・・、その背景にあるものは何か?


■CO2の問題

ですが、世界的に環境問題が叫ばれ「排出量取引」などという無意味なシステムまで政治家により作られました。マスコミも環境問題、温暖化について大々的に取り上げ、情報操作がなされています。

しかし、本当はCO2の「排出」環境問題(温暖化)の間には何の因果関係もないそうです。

もちろん排出しすぎることは人間の健康にはあまり良くありません。
しかし、排出したからといって自然環境への影響は皆無といって良いくらいです。

地球上の気体の主成分のうちCO2は0.054%
これを100として1%上がると大変だ!と、政治家たちは騒いでいますが、仮に10%上昇したとしても

0.054 X 1.1 = 0.0594

割合に直せば10万分の5CO2が増えるだけ。

これが1%で大騒ぎしていて、その前段階として、100万分の5、CO2が増えると地球が温暖化するとしています。ゴアにいたっては100年後に40度になると説明していますが、前出の説明の通り40度も気温が上昇するということ自体が科学的にありえない数値と言えます。

またCO2は温室効果ガスの原因とされています。

確かに、この20年間で地球上のCO2は増加していますが、そのCO2の増加分を温度換算しても0.4度にしかならないそうです。


■CO2の増加はどうして起きたのか?

実は、海中のCO2が大気中に蒸発して、大気中のCO2が増加しました。
地球の温度とCO2の濃度を一つのグラフに時系列で並べてみると見事に

1:1で符合します。

地球の温度が高いときにはCO2の濃度も上昇。

ICPP(気候変動に関する政府間パネル・まぁ言ってみれば世界基準)では「だからCO2が原因だ!」と説明していますが、実はこの表をよく見ると、地球の温度の上昇の頂点が先にやってきて、そのあとに、CO2の濃度が上昇しています。

つまり、地球の温度が暖かくなれば、海中のCO2が蒸発して大気中のCO2濃度が上昇する。ということは、CO2の濃度が上がったので地球の温度が上がったのではないとなります。


■では、地球の温度上昇の原因は?

これは太陽の黒点と相関関係にあります。太陽の黒点は、周囲よりもエネルギーが以上に大きく、温度が非常に高い部分です。地球の温度の上昇はこの黒点の数と見事に一致しています。

太陽の黒点数が増加(活発化)→ 地球の温度上昇 → 海中のCO2が蒸発

という順番になります。


■なぜCO2の排出が原因とされているのか?


まず、地球のエネルギー、特に化石燃料(いわゆるオイル)の枯渇問題がある。簡単にいえば、地球の資源が人口増加に伴い、枯渇してしまうということです。そして、誰がこの問題について考えているのかというと、アメリカなどの先進国です。

そこで、先進国は、代替エネルギーを作るまで何とか資源が使えるようにしよう・・人口増加の高いアジアやアフリカの人たちには化石燃料を使わせたくないと考えたのです。
さらに、地球温暖化にからめてCO2の排出規制を世界的に実施すると化石燃料を使えなくなると考えました。

そして、先進国は化石燃料が使えなくなると困るので、排出量を購入するようにしたのです。これが、排出量取引(排出権の売買)というやつ。この排出量売買は、今では6兆円もの利益を生み出すようになっています。世界的なビッグビジネスとなり、多額のお金が金融市場を動かすようになっています。
ですので、周囲の人たち、関係者たちもCO2が地球温暖化の犯人ではないないと主張出来ない状況にあるです。



また、以下のサイトの回答内容もご覧になると参考になります。
↓↓↓

ICPPのデータ改ざん問題の詳細とその影響について具体的な情報を
Yahoo!知恵袋



この「ベストアンサーに選ばれた回答」をご覧ください。
ここで説明されている問題点としては、以下のような事柄があります。

・「クライメートゲート事件」はIPCCにデータを提供する主要な調査機関CRUがクラッキングされメールが暴露された事件。
・その中に「過去のデータが改変されたものである」ことをほのめかすメールなどが見つかったこと。
・これが2009年の暮れに起きて直後のIPCCの会議への影響がとりだたされた


21世紀の地球は「寒冷化」? 「温暖化懐疑論」が台頭


■CO2温暖化脅威説は世紀の暴論
―寒冷化と経済行為による森林と農地の喪失こそ大問題 ―
 槌田敦(名城大学商学部)
↓↓↓

ここでは、大学の教授が地球温暖化が科学的に立証できないものであるということについて説明をしています。これも読むのはお勧めです。


まあ、ざっとネットで検索するとこれだけたくさんの地球温暖化に関する情報が探せるわけですが、これだけではなく、もっとたくさんの情報があります。

この日記を読まれている方も、もし興味があるのなら、ぜひ、自分で情報を探してみるとどうでしょうか。

ちなみに、今年のロシアの冬は寒冷期に入るかもしれないといえるほどに寒くなるとネットのニュースで書いてありました。

そして、唐突ですが、私がずいぶん昔から信じてきている宇宙人エロヒムのメッセージを地球に広める彼らのメッセンジャー「弥勒菩薩ラエル」も、「地球は寒冷期」に向かっていますと説明しています。



宇宙人エロヒムに関する情報はこちらまで・・・
posted by ふーもあ at 12:13| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 地球温暖化・寒冷化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。