2014年09月29日

アメリカは対テロ空爆で民間人を攻撃。弥勒菩薩ラエルは全戦争の廃止を訴える




2089d0435b25c4d57a4a958fed9583bd_XL.jpg


対テロ戦争と言う言い訳で、アメリカとその同盟国は、意図的にシリアの人々を殺害し、下部インフラを破壊し続けています。彼らの目的は、テロリストを壊滅するのではなく、シリア政府を壊滅することです。テロリストはそれを実行可能にするためのカモフラージュであり、アメリカ政府がテロリストを訓練したのだと思います。

アメリカによる対テロリストの空爆で、実際に被害を被っているのはシリア市民の村落です。↓
CNNによりますと、シリアとイラクにおいて、アメリカが「イラクとシャームのイスラム国」を名乗るテロ組織ISISの拠点に対する空爆を強化したと同時に、これらの攻撃では多数の民間人が犠牲となりました。この報道によりますと、アメリカが主導する国際的な連合による初の空爆で、シリア北西部の村落にある民家の多くが破壊され、住民が瓦礫の下敷きとなり死亡したということです。


彼らは、テロリストの拠点から遠くはなれた住宅地域を意図的に狙って攻撃しているのです。アメリカ政府とその連合国は、シリア政府に許可をとることなく、このシリア民間人の居住地への攻撃をしています。そして、彼らの行動は、シリア国内のテロリストの犯罪行為を拡大している結果となっています。

現在、テロ組織ISISの拡大を恐れるアメリカと西側諸国は、シリアの反体制派を武装化させることで、このテロ組織をはじめとするテロ組織の形成の主役を担っています。


アメリカと連合国は、第三次世界大戦を勃発させ軍需産業で金儲けをすることしか考えていないようです。しかし、第三次世界大戦が起きれば、核爆弾の使用の可能性が非常に高く、人類の存続が危ぶまれます。絶対に断固、アメリカと連合国に対して戦争反対を訴えましょう!




★記事の引用開始

シリアでの、テロリズムに対するアメリカの矛盾した行動の結果
2014/09/28(日曜) 21:04

ナジャフィー解説員

シリアにおける、対テロ連合と称するアメリカとその同盟国の利己的な行動は、テロリストの弱体化につながらなかったのみならず、人々の殺害やシリアの下部インフラの破壊を引き起こしました。地域情勢に視点を投じれば、アメリカとテロ集団はいわば1つのコインの両面に等しく、イラクやシリアで殺害や破壊行為に手を染めていることが見て取れます。

アメリカの情報筋は、シリアにおけるテロ組織ISISの拠点に対するアメリカの空爆の影響で、一部の一般市民が死傷していることを認めました。

CNNによりますと、シリアとイラクにおいて、アメリカが「イラクとシャームのイスラム国」を名乗るテロ組織ISISの拠点に対する空爆を強化したと同時に、これらの攻撃では多数の民間人が犠牲となりました。この報道によりますと、アメリカが主導する国際的な連合による初の空爆で、シリア北西部の村落にある民家の多くが破壊され、住民が瓦礫の下敷きとなり死亡したということです。

シリア人の活動家も、攻撃を受けた地域を撮影した際、シリアの人々が瓦礫の下敷きになった人々を必死に引き出そうとしていたことに触れ、「対テロ連合の軍隊はテロリストの殲滅を主張する一方で、テロ組織の拠点から遠く離れた住宅地域を攻撃している」と語りました。また、シリアでISISへの空爆の際に救出されたある市民は、夜半に恐ろしい爆音が聞こえたとして、数階建ての建物が崩落し、シリア人15名が死亡したと述べています。

シリアのムアッリム外務大臣も、テロ組織ISISに対抗する国際的な連合とアメリカは、シリア政府との調整を行っていないとし、「ISISを標的とした攻撃の実施には、シリアの民間人の生命を守ることが条件となる」と語りました。

こうした中、アメリカの利己的な行動は、シリアにおけるテロリストの犯罪行為の拡大を招き、これについて複数の報道からは、このテロ組織がシリアのクルド族の町クバニ市を包囲したことが明らかになっています。これに基づき、西側諸国のメディアはアメリカとその同盟国による対ISIS連合の攻撃にもかかわらず、クバニ市の包囲が強化されたと報じています。こうした中、赤十字国際委員会は、アメリカが主導する対ISIS連合による、シリアとイラクへ空爆の結果について警告を発しました。

赤十字国際委員会は、声明の中で、「シリアとイラクに対する、アメリカ主導の対ISIS連合による最近の空爆は、この両国の危機を助長することになる。武装組織の拡散、そして最近イラクとシリアで行われた空爆は、この両国で人道上の危機に拍車をかける結果となった」と表明しました。

現在、テロ組織ISISの拡大を恐れるアメリカと西側諸国は、シリアの反体制派を武装化させることで、このテロ組織をはじめとするテロ組織の形成の主役を担っています。こうした状況のもとで、ISISのメンバーは、あるビデオ映像の中でアメリカの空爆が失敗したと表明しました。

こうした中、アメリカもテロ組織ISISに対する自らの行動の結果に疑いを抱き始めています。これについて、アメリカ国防総省のカービー報道官は、「対ISIS連合の行動の成否を判断するには、さらに多くの時間が必要である」と語りました。







posted by ふーもあ at 18:22| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月14日

米退役軍人のスピーチ。弥勒菩薩ラエルは全軍隊と戦争の廃止を主張




以下の文章は、AMAZING SPEECH BY WAR VETERAN戦争退役軍人による驚くべきスピーチ)の翻訳になります。

■管理人:

軍需産業を経営するシオニスト系銀行家たちが戦争を各国に起こさせて莫大な利益を挙げ、同時に、彼らが世界中の経済・マスメディア・警察・政府を全てコントロールする仕組みを解体しなくてはいけません。

そのためには、彼らのエネルギー源であるお金を絶つことです。そのために、中央銀行・その他の銀行を介さない貨幣システムを作らなくてはいけません。そうすれば、現存する資本主義の銀行システムが崩壊し、シオニスト系銀行家たちも衰退すると思います。

それと、もう一つは、地球上の全ての市民がシオニスト系銀行家と彼らの犬に対して、戦争反対のデモを行い、平和的な社会の建設を訴えなくてはいけません。

そして、アメリカ軍とイスラエル軍を世界中の国々から撤退させましょう。


人類創造者・宇宙人エロヒムの最後の預言者ラエルが提唱する楽園主義という社会システムを人類の社会に導入して、全ての人達が幸せな生活を送れるようにしましょう。


■管理人のコメント終わり




■ビデオの翻訳の紹介の開始

戦争に行ったアメリカ兵の告発!「本当の敵はアメリカ国内にいた!」 (「戦争は儲かる!」by アメリカ)


War0000.JPG

私は自分の国の任務を誇りに思うように必死に努力しましたが、ただ心に残るのは後悔の念だけでした。

人種差別で私達と同じ人間である人達を占領する現実を覆い隠すことはもはや不可能なことです。

その時から、年寄りを見るといつも心が痛むようになった。歩けない年寄りを担架にゴロンと寝かせ、イラク警察に連れて行けと命令する度に・・・

War0003.JPG

子供を連れた母親を見る度に私は罪悪感で胸が痛むんです・・・嫌がる母親を外に連れだす我々に、その子供が私達がサダム・フセインよりも酷いと言ったのを思い出してしまうんです。

若い娘を見ると胸が痛む・・・俺が彼女の腕を鷲掴みにして車道へと引きずり込んだんだ・・・と

War0008.JPG

私達はテロリスト達と戦っていると(米国政府に)言われましたが、本当のテロリストは私でした。そして、本当のテロリズムはこの(アメリカ政府による)占領だったのです。

軍隊の中での人種差別思想は長い歴史を持ち、他国を破壊し占領する事を正当化する重要な手段であります。この思想は、他国の人々を殺害、隷属、拷問するための口実として利用されてきました。

人種差別思想は、この政府により採用されてきた非常に重要な兵器なのです。

人種差別は、ライフル銃や戦車、爆撃機、戦艦よりも、もっと重要な兵器なのです。

人種差別は、砲弾やバンカーバスター、トマホーク巡航ミサイルよりも破壊力があります。

このような兵器は米国政府により製造され保持されているが、それを進んで使おうとする人達がいなければ、無害なのです。

War0009.JPG

私達を戦場に送り込む人達は銃で撃ったり迫撃砲を放つ必要はありません。彼らは命がけで戦う必要はなくて、単に戦争を売るだけなのです。

彼らが必要としているのは、兵士たちを危険な戦場に躊躇することなく送り出す大衆なのです。

彼らが必要とするのは、殺す事も殺される事も疑問を持たずに自ら進んで行う兵士たちです。

War0010.JPG

彼らは何百万ドルという大金をたった1個の爆弾に使うことが出来ます。その爆弾は、上から使えとの命令に自らすすんで従う軍隊があって初めて武器になります。

彼らは生き残った兵士たちをこの地球上のどこにでも送る事が出来ます。そして、自らすすんで戦う兵士たちがいて初めて戦争が起きます。

War0012.JPG

支配層の人達、億万長者の人々は人々の苦しみから利益を得ます。彼らは世界経済をコントロールすることで彼らの富みを更に拡大することにしか興味がありません。

戦争や抑圧、搾取が私達の感心事であると私達に信じこませる能力の中にこそ、彼らの力が秘められているということを理解してください。

彼らの富みは、他国の市場をコントロールするために労働者階級の人達に死ぬ事を納得させる能力にかかっていることを彼らは知っています。

そして、我々に人殺しをさせ自ら死ぬ事を納得させるのは、我々がどこか(他の民族や国の人達よりも)優れていると我々に思い込ませる彼らの能力にかかっています。

兵士たち、船員たち、海兵隊の人達、パイロット達はこの占領から何も得ることはありません。

米国に住んでいる大部分の人達がこの占領から何も得ることはありません。

War0016.JPG

実際、この占領から私達は何も得るものがないだけではなくて、そのせいで私達はもっと苦しむ事になります

我々は手足を失い、心的外傷に苦しみ、そして自らの命を絶ちます

家族の者達は、国旗をかけた棺が地中に降ろされるのをじっと見ることになります。

健康保険もなく、仕事もなく、教育を受ける手段もないこの国の何百万という人達は、国が占領作戦のために4億5000万ドル以上のお金を浪費しているのをただ指を加えて見ていることしかできません。

この国の貧しい労働者たちは、他の国の同じように貧しい労働者たちを殺すために送られ、それが金持ちを更に金持ちにしていくのです。

差別思想がなければ、兵士たちは、自分達を戦争に送った億万長者たちよりも、イラクの人達との間により多くの共通点を見出したでしょう

イラクでは多くの家族の住み家を奪い、アメリカに帰還して目にしたのは、惨めで意味のない家の差し押さえの仕打ちをうけ、住む家を奪われた多くの家族の姿です。このような悲しみは全く必要のないものです。

目を覚まそう!

私達の本当の敵は遠い国にいるのではない。私達が全く知らない名前や文化を持つ人達ではないのです。

私達が良く知っていて、はっきりと見て誰だかわかる人達なのです。

その敵とは、利益になるから戦争をするシステムなのです。

その敵とは、儲かる時には人を躊躇なく首にする企業経営者たちなのです。

儲かる時には、健康保険を頑なに拒否する保険会社なのです。

儲かる時には、私達の家を奪い去っていく銀行なのです。

私達の敵は5000マイルも離れたところにいるのではなくて、私達の国の直ぐ目と鼻の先にいるのです。

皆で賢く手を組んで運動を起こせば、こんな戦争は阻止できます!

私達はこの政府を廃止して、より良い世界を創る事ができるのです!

■翻訳終了





posted by ふーもあ at 16:25| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月31日

マレーシア機はウクライナのスホイ25により撃墜された。弥勒菩薩ラエルは世界の平和を訴える




2014/07/29
■管理人:
やはり、思った通り、マレーシア機はウクライナの軍機に撃墜されたようですね。
マレーシア機は撃墜された可能性大。弥勒菩薩ラエルは戦争を止めるよう主張。

ウクライナ軍の裏には、もしかするとアメリカ政府がいるのかもしれません。CIAなどが働きかけているとか。
アメリカは、私が生まれてから今まで、ずっと世界中の国々に戦争をしかけてきました。そんなアメリカは世界中から撤退するべきですね。世界中のどこからも撤退するべきです。

ロシアは白です。このマレーシア機の撃墜はロシア政府のプーチン大統領を攻撃するためのカモフラージュだったんじゃないでしょうか?その前のマレーシア機の失踪事件もありましたが、あれもそうなんでしょう、多分。

アメリカ駐留軍は、沖縄から立ち去れ!日本から出て行け!全てのアメリカ政府の機関、また、シオニスト系の所有する企業も日本から出て行くべきです!

そして、世界平和を導く楽園主義を建設するべきです!

この楽園主義という新しい社会主義システムは、人類の創造者宇宙人エロヒム最後の預言者ラエルが初めて考案されたものです。世界を平和にするためのものなんですね・・・

楽園主義を早く実現したいな・・・




■以下、引用です。

ウクライナのスホイ25のパイロット マレーシア機撃墜を認める
2014年7月29日 , 12:00
URL:http://japanese.ruvr.ru/news/2014_07_29/275232268/

9RIAN_02438663.HR.ru.jpg
コピーライトマーク Photo: RIA Novosti/Natalia Seliverstova


ドイツ紙Wahrheit für Deutschlandは、マレーシア航空のボーイング777型機を撃墜したとみられるウクライナのスホイ25のパイロットから話を聞くことに成功したとする記事を掲載した。

Wahrheit für Deutschlandはドイツの主要紙ではないが、同紙は、スホイ25のパイロットが、マレーシア機を撃墜するために、同機に搭載されている砲を使用したと主張している。

Wahrheit für Deutschlandによると、スホイ25は、ロシア参謀本部が提出した画像に写っていたという。

専門家:マレーシア機の痕跡は「ブーク」で撃墜されなかったことを署名している

パイロットの名前は明らかにされていないが、このパイロットは、自身が操縦していたスホイ25に搭載されている砲で、マレーシア機が撃墜されたことを認めたという。

なお、パイロットがマレーシア機の撃墜を認めたのと同時に、明確な穴があいているマレーシア機の破片の写真が公開された。複数の専門家たちはこの穴について、地対空ミサイルシステム「ブーク」では、このような穴はできないとの見方を示している。



2014年 7月 30日 , 12:09
専門家:マレーシア機の痕跡は「ブーク」で撃墜されなかったことを署名している
URL : http://japanese.ruvr.ru/news/2014_07_30/275279237/

9RIAN_02464600.LR.ru.jpg
コピーライトマーク Photo: RIA Novosti/Andrey Stenin


撃墜されたマレーシア航空ボーイングの外板の損害を受けた部分の穴は、下から脇へ爆発したことを物語っているが、地対空ミサイル「ブーク」は、上から攻撃する。ロシア陸軍対空防衛部隊のミハイル・クルシ隊長が発表した。

クルシ隊長は、「『ボーイングの外板の損害を受けた部分の全ての穴』は、弾頭が下から脇へ爆発したことを物語っているが、『ブーク』のミサイルは上から攻撃する」と主張している。

ウクライナのスホイ25のパイロット マレーシア機撃墜を認める

またクルシ隊長は、「ブーク」のミサイルは非常に特徴的な煙の痕跡を残すと指摘し、その痕跡は天気が良ければ半径20−25キロ圏内で見えるが、目撃者はいないと述べ、「これらに基づき、私は自身の経験から、『ボーイング』は高い確率で、『ブーク』のミサイルで撃墜されたのではないと考えている」と語った。

ウクライナ国家安全保障・国防会議のアンドレイ・ルィセンコ議長は28日、マレーシア機のブラックボックスを解析した結果、マレーシア機は、ミサイルが爆発して飛び散った無数の破片による損傷で大規模な爆発的減圧が発生したことが原因で墜落したと発表した。

「ヴズグリャード」紙より
1406029966_mh17.jpg


2014年 7月 27日 , 14:52
マレー機墜落「ブラックボックス」のデータはミサイルによる撃墜を排除せず
URL:http://japanese.ruvr.ru/news/2014_07_27/275164021/
9RIAN_02466425-1.jpg
コピーライトマーク Photo: RIA Novosti/Mikhail Voskresenskiy


東ウクライナで墜落したマレーシア航空機MH17便のブラックボックスに残った未公開データは、同機が爆発したミサイルの多くの破片で損傷を受けたとの情報と矛盾していない。CBSが報じた。

調査グループに近い筋の情報では、「ブラックボックス」のデータは「強力な爆発の結果による減圧を確認している」。

リア-ノーヴォスチ

インフォグラフィックス


17 日、ウクライナ東部で、アムステルダムからクアラルンプールに向かっていたマレーシア航空機ボーイング777が墜落し、子供達85人を含む乗 客283人、15人の乗員を合わせ、乗っていた298人全員が死亡した。キエフ当局は、この墜落の責任は義勇軍側にあると宣伝しているが、義勇軍は、1万 m上空の標的を撃ち落とせるような兵器を自分達は持っていないと強く主張している。




■引用終わり





posted by ふーもあ at 23:10| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする