2014年12月02日

ユダヤ人はパレスチナ人、シリア人、レバノン人と遺伝子的兄弟。弥勒菩薩ラエルは全てが1つと言う

Jews Are The Genetic Brothers Of Palestinians, Syrians, And Lebanese
ユダヤ人はパレスチナ人、シリア人、そして、レバノン人の遺伝子的兄弟である。


Date:2000/05/09
Source:
New York University Medical Center And School Of Medicine
情報元:ニューヨーク大学メディカルセンター・医科大学


Summary(概略):
If a common heritage conferred peace, then perhaps the long history of conflict in the Middle East would have been resolved years ago. For, according to a new scientific study, Jews are the genetic brothers of Palestinians, Syrians and Lebanese, and they all share a common genetic lineage that stretches back thousands of years.
し、共通の遺産が平和をもたらしてくれるのであれば、恐らく、中東での長い歴史の戦争は何年も前に解決されていたであろう。なぜなら、新しい科学的研究によると、ユダヤ人はパレスチナ人、シリア人、レバノン人と遺伝子的な兄弟関係にあり、彼らは皆、何千年も昔に遡る共通の遺伝系統を共有しているからだ。


--------

If a common heritage conferred peace, then perhaps the long history of conflict in the Middle East would have been resolved years ago. For, according to a new scientific study, Jews are the genetic brothers of Palestinians, Syrians and Lebanese, and they all share a common genetic lineage that stretches back thousands of years.
し、共通の遺産が平和をもたらしてくれるのであれば、恐らく、中東の長い歴史に及ぶ戦争は何年も前に解決していたであろう。なぜなら、新しい科学的研究によると、ユダヤ人は、パレスチナ人、シリア人、そして、レバノン人と遺伝子的兄弟関係にあり、彼らは皆何千年も昔に遡る共通の遺伝系統を共有しているからだ。


"Jews and Arabs are all really children of Abraham," says Harry Ostrer, M.D., Director of the Human Genetics Program at New York University School of Medicine, an author of the new study by an international team of researchers in the United States, Europe, and Israel. "And all have preserved their Middle Eastern genetic roots over 4,000 years," he says.
「ユダヤ人とアラビア人は皆、本当に、アブラハムの子供なのです」と、ハリー・オストラーは言います。ハリーは、ニューヨーク医科大学のヒューマン遺伝子プログラムの主任医師であり、アメリカ、ヨーロッパ、そして、イスラエルでの研究の国際チームによる新しい研究の著者である。「そして、全てが彼らの四千年もの中東の遺伝的な根源を保ち続けてきたのです。」と彼は言います。


The researchers analyzed the Y chromosome, which is usually passed unchanged from father to son, of more than 1,000 men worldwide. Throughout human history, alterations have occurred in the sequence of chemical bases that make up the DNA in this so-called male chromosome, leaving variations that can be pinpointed with modern genetic techniques. Related populations carry the same specific variations. In this way, scientists can track descendants of large populations and determine their common ancestors.
究家達はY染色体を分析した。このY染色体は、通常、父から息子へ変化せずに受け継がれるものであり、世界中の千人以上の男性から採取されたものが使用された。人間の歴史を通して、この所謂男性染色体の中のDNAを形成する化学的塩基配列に変化が起きたが、それは現代の遺伝子技術により正確に特定できうる変化の幅を残していた。同類の人々は同じ特定の変異を持っている。このやり方で、学者たちは大きな集団の子孫を追跡することが可能であり、彼らの共通の祖先を確定することができるのである。

Specific regions of the Y chromosome were analyzed in 1,371 men from 29 worldwide populations, including Jews and non-Jews from the Middle East, North Africa, sub-Saharan Africa, and Europe.
29の世界中の集団から1371人の男性が選ばれ、彼らのY染色体の特定部位が分析された。その中には、中東や北アフリカ、サハラ以南のアフリカ、そして、ヨーロッパのユダヤ人と非ユダヤ人が含まれていた。

The study, published in the May 9 issue of the Proceedings of the National Academy of Sciences, found that Jewish men shared a common set of genetic signatures with non-Jews from the Middle East, including Palestinians, Syrians, and Lebanese, and these signatures diverged significantly from non-Jewish men outside of this region. Consequently, Jews and Arabs share a common ancestor and are more closely related to one another than to non-Jews from other areas of the world.
の研究は、ナショナル・アカデミー・オブ・サイエンスの5月9日号に掲載されたが、それによると、ユダヤ人の男性は中東からの非ユダヤ人と、共通の遺伝子シグネチャーの集まりを共有していたことがわかった。その非ユダヤ人とは、パレスチナ人、シリア人、そして、レバノン人であり、これらのシグネチャーは、この地域の外にいる非ユダヤ人の男性とは著しく違っているのだ。その結果として、ユダヤ人とアラビア人は共通の祖先をもっていて、世界の他の地域の非ユダヤ人よりもお互いにより密接に関係していることがわかった。

The study also revealed that despite the complex history of Jewish migration in the Diaspora (the time since 556 B.C. when Jews migrated out of Palestine), Jewish communities have generally not intermixed with non-Jewish populations. If they had, then Jewish men from different regions of the world would not share the same genetic signatures in their Y chromosome.
の研究はまた、ディアスポラ(紀元前556年以降、ユダヤ人がパレスチナから移住してきた時代)におけるユダヤ人の移動の複雑な歴史にもかかわらず、ユダヤ人コミュニティーは普通非ユダヤの人々と混ざろうとしなかった事を明らかにした。もし、彼らが他の人々と混ざっていたとしたら、世界の違う地域のユダヤ人の男性たちはY染色体の中の同じ遺伝子シグネチャーを共有してはいなかっただろう。

"Because ancient Jewish law states that Jewish religious affiliation is assigned maternally, our study afforded the opportunity to assess the contribution of non-Jewish men to present-day Jewish genetic diversity," says Michael Hammer, Ph.D., from the University of Arizona, Tucson, who is the lead author of the new study. "It was surprising to see how significant the Middle Eastern genetic signal was in Jewish men from different communities in the Diaspora," he says.
「古代のユダヤの法律では、ユダヤ人の信仰している宗教は母親の方から与えられると定められていたので、私達の研究は非ユダヤ人が現代のユダヤ人の遺伝子的多様性にどのように貢献してきたのかを評価する機会を与えた」と、マイケル・ハマー(ツーソンのアリゾナ大学の博士であり、新しい研究の筆頭執筆者)が言う。彼は、「中東の遺伝子シグナルがディアスポラの違うコミュニティーからのユダヤ人男性の中に如何に顕著に存在しているかを見たのは、驚きであった」と、彼は言う。




posted by ふーもあ at 20:06| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 真実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月02日

ガンジーの言葉。弥勒菩薩ラエルは楽園主義こそが人類を救うと言う




私は固く信じている。すべての善の行動は、最後は必ず実を結ぶ
↑ガンジーの言葉


管理人:人類の社会を平和にし、楽園主義の社会をつくろう。そして、世界中から貨幣システムと銀行制度をなくし、世界中の全ての製造・生産を自動化にして、人々が労働から解放され、自由と幸せと豊かさが享受出来る社会を創るのだ!

戦争を廃止しよう。自然や生命体に良くない原子力発電所をなくそう!

困っている人達に愛を差し伸べよう!

弥勒菩薩ラエルの指差す先を見よう!

それを実現するのだ!


earth_P_LightBlue.jpg





posted by ふーもあ at 01:57| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 真実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月15日

スノーデン氏は米史上最大の機密情報を持っている。弥勒菩薩ラエルは楽園主義システムを推奨



「スノーデンは米国史上、誰もできなかったほど大きなダメージを米政府に対してすぐにでも与えられる十分な情報を持っている」と、グリーンワルド氏は同紙に語った。「だが、それは彼の目的ではない」


スノーデン氏は、真実を正直に話しただけなのに、それが罪になるのでしょうか?すると、アメリカでは真実を隠し嘘をつくことが正しいことなのでしょうか?
はっきり言って、アメリカ政府は狂っています。

スノーデン氏を世界中の人達が守る為に、デモ行進を行い政府に訴えるべきです。


宇宙人エロヒムのメッセンジャー・弥勒菩薩ラエルは、アメリカ政府はもうじき経済も破綻して第三諸国(後進国)に落ちてしまうと話されていました。アメリカの人達が皆で団結して、このユダヤ系銀行家達の非人道的な愚行・侵略を食い止め、彼らが政府を支配する構造を根本から平和的に壊滅してほしいです。

そして、楽園主義の社会システムが人類の社会に導入されるよう頑張りたいですね!


earth_P_LightBlue.jpg






posted by ふーもあ at 20:55| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 真実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。