2014年03月14日

ファーストキス。弥勒菩薩ラエルは幸せでいることが大切ですと言う

FIRST KISS
ファースト・キス



140312firstkiss.jpg






初対面の人達にキスをしてくださいと頼んで撮影する企画。

とは言いつつも、好みではない相手とはキスは出来ないものだし、それはお互いに同意の上でのキスなのではないかと思うのですが。

とはいえど、初めて会った相手なので

2人の緊張した、気恥ずかしい、しかもお互いにまだ良く知らない・・・

でも、だからこそ感性で相手を感じ、感覚で感じようとする・・・

私はこのキスの音が好きですね。

ファーストキス・・・

でも、キスをしていても、していなくても

誰かとカップルでいてもいなくても

一人でも、人はいつも幸せでいることが大切だとラエルは言います。

なぜなら、人は一人で生まれて一人で死んでいくから。人生の中で最高に素晴らしい無限から生まれる瞬間と無限へと帰っていく死の瞬間・・・、だから一人でいるということはとても素晴らしい事なのです。

人は誰かと時間を共有しても、脳の中で感じてる事は実は完全に誰かと共有することは不可能で、人はいつも一人なのです。誰かの脳の中で感じている事を他人と完全に全て共有することは不可能なのです。

だから、一人でいるということに寂しさとか恐怖心を感じたり、孤独感を感じたりすること自体が馬鹿げているとラエルは言います。

一人でいることを楽しめば楽しむほど、自分のいるこの無限の宇宙と繋がる事をより楽しむ事が出来るようになるんですね。

それが出来た上で、自分の好きな人と素晴らしいキスをすると、それは想像したことがないような素晴らしいキスが出来るような気がします。

あと、キスをしなくても、感覚を研ぎ澄ましていくと、相手の体から出る波動を感じるだけでとても感じてしまうものです。

それとか、相手の呼吸と自分の呼吸で呼吸をしあうとお互いがつながり1つになれます。

その延長線上にキスがあると思いますねぇ




posted by ふーもあ at 02:25| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | セクシャリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月26日

ウガンダ大統領、反同性愛法案に著名。諸外国はウガンダへの援助を停止。弥勒菩薩ラエルは性的志向は遺伝子で決められたものと説明




Ugandan 'homosexuals' named in Red Pepper paper
ウガンダの「ホモセクシャル」とレッド・ペッパー紙で名付けられる

URL: http://www.bbc.co.uk/news/world-africa-26338941
25 February 2014 Last updated at 13:56
記事投稿日:2014/02/25

◆管理人:

ウガンダの大統領が反同性愛法案(Anti-Gay Bill)に著名し法律化した時の演説の内容ですが、かなり知性に欠けるバカな発言をしています。

ウガンダのヨウェリ・ムセヴェニ大統領:「この魅力的な全ての女性がここに、そして、世界の至るところにいるにも関わらず、彼等は男性に惹かれているのです。これは深刻な事態です。それは彼等に何か問題がある事を示しています。どんな研究も、同性愛が純粋に自然に生まれると言うことを示していません。この傾向を阻止するために、この問題について社会が何か出来ると思いましたので、私はこの法案に著名する事に同意したのです。」

しかし、ここにこのような記事があります。「LGBT性的志向は遺伝子で決まると弥勒菩薩ラエルは説明」

Homosexuality is found in over 450 species in the world, but homophobia is found in only one.

Which one seems unnatural now?

同性愛は世界の450以上の種に見られるが、同性愛嫌悪症は唯一1つの種にだけ見られる。

どちらが不自然に見えるだろうか?


自然界を見れば一目瞭然なのですが、自然界の450種以上の生命に同性愛が発見されているのです。(両性愛も含まれるのであろう)

これは同性愛・両性愛というのが遺伝子による特質である可能性を示しています。

そして、人類の科学的創造者である弥勒菩薩ラエルは、性的志向は遺伝子により決まると話しています。
これは、全ての性的指向が生まれながらのものであり、それにより差別するのは間違いであり、人は皆、性的志向には関係なく誰でも自由を尊重され、その人の人権も尊重されなくてはならないということです。

それからすると、このウガンダの大統領、そして、彼を指示する政治家、市民たちは、皆、同性愛、広く言えば、人間の性的志向に関する理解が間違っているということになります。その間違った理解のもと、人を懲役刑にしたりするのは人間に対する犯罪なのではないでしょうか?

現在、世界でわかっている範囲で、男性の同性愛を禁止する、そして、処罰する法律が存在する国々の地図が有ります。
_70975053_gay_africa_464map copy.png

canvas3.jpg



◆記事の紹介:

SnapCrab_No-0036.png

There was applause as Yoweri Museveni said: "Society can do something about it to discourage the trend"
ヨウェリ・ムセヴェニ大統領が、「社会はこの(同性愛の)傾向を妨げるためにその事について何か出来るでしょう」と言った時、拍手がありました。

Well-known gay rights activist Pepe Julian Onziema is also on the list, along with a popular hip-hop star and a Catholic priest, AP reports.
有名なゲイ権利向上活動家のぺぺ・ジュリアン・オンジエマも、人気のあるヒップ・ホップ・スターとカトリックの司祭の名前と共にそのリストにあったと、AP通信社は報告します。

On Monday, US Secretary of State John Kerry said Mr Museveni's decision to sign the bill was a "tragic day for Uganda and for all who care about the cause of human rights".
月曜日に、米国国務長官ジョン・ケリーが、ムセヴェニ大統領がその法案に著名した事は、人権の理念について大切に思うウガンダの人達と世界の人々にとって悲劇を意味すると言いました。

"Now that this law has been enacted, we are beginning an internal review of our relationship with the Government of Uganda to ensure that all dimensions of our engagement, including assistance programmes, uphold our anti-discrimination policies and principles and reflect our values,'' he said in a statement.
「今やこの法律が成立したので、私達は、援助計画を含め、我々のウガンダ政府との関係を国内で再調査し、我々の反差別政策や方針を守り、我々の価値を真剣に熟慮しなくてはならない」と、彼はその声明で言いました。

Uganda receives a reported $400m (£240m) in annual aid from the US.
ウガンダ政府は米国より年間の援助として4億ドルを受け取っていると報告されています。

Sweden's Development Assistance Minister Hillevi Engstrom called Mr Museveni's decision "terrible" and said that direct aid to Uganda, worth about $10.8m, could be withdrawn.
スウェーデンの開発援助大臣ヒレヴィ・エングストロムは、ムセヴェニ大統領の决定を「ひどく不快である」と言い、ウガンダ政府への直接的援助(約1000万ドル相当)は取りやめにすると言いました。

As a result of the new law, the Netherlands has stopped a $9.6m subsidy to Uganda's judicial system.
この新しい法律の結果として、オランダはウガンダの司法制度に対する助成金960万ドルを停止してしまいました。

Norway and Denmark said they would transfer direct aid - together totalling about $17m - to non-governmental organisations.
ノルウェーとデンマークは、これまでウガンダに直接的に援助してきたおよそ1700万ドルの資金を非政府組織に送金する事にすると述べました。

Mr Museveni signed a watered-down version of the bill on Monday, which includes life sentences for gay sex and same-sex marriage
ムセヴェニ大統領は、妥協案を取り入れたバージョンの法案に月曜日に著名しましたが、それはゲイ(男性の同性愛、女性の同性愛)のセックスと同性愛の結婚に対して無期懲役を含んでいます。


However, a clause criminalising those who do not report gay people was removed as well as a proposed sentence of up to 14 years for first-time offenders.
しかしながら、同性愛の人達を報告しない人々を刑事罰の対象とする条項は、初犯に対して最高14年の刑が提案されていた条項と共に、この法律から除外されました。

Earlier, government spokesman Ofwono Opondo told Reuters news agency Mr Museveni wanted "to demonstrate Uganda's independence in the face of Western pressure and provocation".
最初の頃、政府のスポークスマンであるオフウォンノ・オポンドは、ロイター通信に、ムセヴェニ大統領は「西洋の挑発と圧力のなかでウガンダの自立を証明したかった」と言いました。

The sponsor of the bill, MP David Bahati, insisted homosexuality was a "behaviour that can be learned and can be unlearned".
その法案の起草者デイヴィッド・バハティ国会議員は、ホモセクシャルは「学んだり、その知識を捨て去る事も可能な行為」と主張しました。



ウガンダの反同性愛法案
  • Life imprisonment for gay sex, including oral sex
    同性愛のセックスに対して終身刑(オーラル・セックスを含む)
  • Life imprisonment for "aggravated homosexuality", including sex with a minor or while HIV-positive
    未成年者やHIV陽性の人とのセックスを含んだ「深刻化した同性愛」に対して終身刑

  • Life imprisonment for living in a same-sex marriage
    同性間結婚で生活している事に対して終身刑
  • Seven years for "attempting to commit homosexuality"
    同性愛を試そうとする事に対して7年の刑
  • Between five and seven years in jail or a $40,700 (£24,500) fine or both for the promotion of homosexuality
    同性愛の広報宣伝行為に対して5年〜7年の懲役、もしくは、40,700ドルの罰金、または、その両方
  • Businesses or non-governmental organisations found guilty of the promotion of homosexuality would have their certificates of registration cancelled and directors could face seven years in jail
    同性愛の宣伝行為をしたビジネス、または、非政府組織は、有罪となり、その登録証書はキャンセルされ、取締役達は7年の懲役となる。



Are you a gay or lesbian person living in Uganda? How is this story affecting you? Do you have concerns that you want to share with us? Send your comments using the form below.
貴方はウガンダに住むゲイ、または、レズビアンの人ですか?この話が貴方にどのうよな影響を与えていますか?私達に話したい不安な事がありますか?以下のフォームに貴方のコメントを書いておくってください。

If you are happy to be contacted by a BBC journalist please leave a telephone number that we can contact you on. In some cases a selection of your comments will be published, displaying your name as you provide it and location, unless you state otherwise. Your contact details will never be published. When sending us pictures, video or eyewitness accounts at no time should you endanger yourself or others, take any unnecessary risks or infringe any laws. Please ensure you have read the terms and conditions.
もし、貴方がBBCジャーナリストからコンタクされるのを承諾されるのであれば、私達が連絡出来る電話番号を記載ください。貴方が書かれたコメントが公に出る可能性もありますし、その場合、貴方が違うものを書かれない限り、貴方が提供される名前、場所などがそのまま記載されることになります。貴方の連絡先の詳細は決して公開されません。私達に写真・ビデオ、または、目撃者の証言などを送られる場合には、決してあなた自身、または、その他の人達を危険な目に合わせないように、不必要な危険を犯したり、如何なる法律をも侵害したりしないようにしてください。そして、諸条件を良く読むようにしてください。

※BBCへのコンタクト入力フォームはこちらから・・・
(記事の一番下にあります)

Terms and conditions





posted by ふーもあ at 07:38| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | セクシャリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月23日

愛は人と人との間にあるもの。弥勒菩薩ラエルは性的志向は遺伝子により決められたものだと言う



4persons.jpg


_70975053_gay_africa_464map copy.png


■言葉の説明

ストレート:異性の人に性的魅力を感じる人(男女)
ホモセクシャル(ゲイ):男性の、または、女性の同性愛者
トランセクシャル:性同一性障害の人。持って生まれた身体の性とは逆の性だと脳の中で考える人であり、ほとんどの人達が、外科的手術で性転換する傾向にある。または、ホルモン剤を使用して身体を反対の性に変えていく人もいる。どちらも医学的には身体に与える影響が大きく、健康に多大な影響を与える事が懸念される。しかし、この性的志向を持つ人達は、自分の生まれながらの性と逆の性に性転換することで幸せになれると心から感じている。
ホモフォブ(Homophobe):同性愛嫌悪症の人。同性愛の人達を非常に嫌悪する人達。病的な反応とも言える。
LGBT:レズビアン(女性の同性愛)、ゲイ(暗に、男性の同性愛を指す)、バイセクシャル、トランセクシャルの頭文字をとって1つの言葉にしたもの。まとめて性的少数派とも言う。




宙人エロヒムの最後の預言者・弥勒菩薩ラエルは、異性愛者、同性愛者(男女で呼び名を区別する場合は、女性の同性愛者はレズビアン、男性の場合は、ホモセクシャル)、両性愛者、トランセクシャルは、全て遺伝子により決められていると説明しています。つまり、これらは全て生まれながらのものであり、自分と違う性的志向だと言って差別をするのは間違っています。

性愛者達の行為を禁止する傾向にあるのは、アフリカの一部の国々です。中には禁止しない国もありますが。
例えば、ナイジェリア、ウガンダなどでは、逮捕者も出ていますし、ナイジェリアでは死刑もあり得ます。ウガンダでは終身刑が一番重い刑のようです。

イジェリアの場合、ゲイを援助していた人々までが取り締まりを恐れて萎縮することが懸念されており、そのためにゲイの人達も非常に心配し恐怖さえ感じています。ナイジェリアでは、人前でゲイであることが分かるような行為(愛情表現も含む)をするのは違法となり、それをするだけで処罰の対象になります。

ナイジェリアでの政府の反同性愛法に関わる詳しい現状は、こちらに書いてあります。
ナイジェリアの反同性愛法。弥勒菩薩ラエルは性的少数派の人達を支援
2014年02月21日

ナイジェリアの反同性愛法に反対する嘆願書のサイトにはこちらから行けます。
ナイジェリアの反同性愛法案に反対する嘆願書!弥勒菩薩ラエルは性的志向は遺伝子によるものだと言う

ILGA(INTERNATIONAL LESBIAN, GAY, BISEXUAL, TRANS AND INTERSEX ASSOCIATION)
国際レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランセクシャル・インターセックス協会




界中から、性的志向による差別をなくし、どんな性的嗜好の人達も人権がまもられ、平等で、幸せな生活が出来るようにするのです。もちろん、結婚も望むなら出来るようにするべきです。

は以前、レズビアンだということで悩んでいる人の相談を聞いたことがります。その人は学生でこれからどうすればいいのか悩んでいると言ってました。私はその人に自分の性的志向に素直になって、生きたいように生きなさい、それのほうがずっと幸せですよと話した事があります。
みんな、幸せになってほしいですね。





posted by ふーもあ at 02:31| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | セクシャリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。