2015年02月15日

地球2.0発見。弥勒菩薩ラエルは宇宙は無限と言う




“Earth” 2.0 Found
「地球」2.0」発見

2015/02/14


According to NASA, a planet resembling Earth was discovered orbiting in a relatively nearby star within our Milky Way galaxy. They believe that it could contain life.
NASAによると、地球に似た惑星が私達の銀河系の中の、比較的近い星のま周りを公転している事が発見された。彼らはその星に生命が存在している可能性を信じている。

This Earth-sized planet, known as Kepler-186f, is the first to be found within the so-called Goldilocks (not too hot, not too cold Juuuust nice) or habitable zone, where the conditions are just right in terms of the balance between atmospheric pressure and temperature for water to exist as a liquid.
この地球サイズの星は、ケプラー186fとして知られているが、その星が所謂ゴールディロックスの範囲(生命生存に最適の環境をもつエリア)にあることが発見された初めての星である。このエリアは、気圧と温度のバランスが水が液体として存在するのに調度良い条件にある。

以下省略



管理人:

私が宇宙人エロヒムの最後の預言者ラエルセミナーに行って彼のはなしを聞いた時のことだが、宇宙は無限であり、宇宙には無限数の知的生命体がいるとラエルは言っていた。

その広大な宇宙で、もし、人類が地球と同じような星で、知的生命体を発見できたとしたら、彼らは我々の事をどう思うだろうか?


きっと、我々の事を互いに殺し合う野蛮な下劣な下等動物だと思うだろう。

そして、彼らは私達に会うのを拒否するだろう。何故なら、シオニストのような奴らが彼らの星にでかけ、彼らの市民に攻撃をしかけ、中央銀行を建設し、彼らの星の経済を支配しようとするのを嫌がるからだ。

もちろん、もし、彼らが私達よりも進んだ文明を持ち、彼らの太陽系を出ることが可能ならば、彼らは暴力的な性質を克服しており、私達よりも遥かに科学力が進んでいるだろう。

私達が彼らに如何なる悪さをすることも出来ないので、たいした事ではないが・・・

しかし、私達自身にとっては非常に重要な事だと思う、私達が暴力性を克服出来て、平和な社会に入れるかどうかというのは。




posted by ふーもあ at 21:25| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月18日

涙の塩の結晶構造が変わる!弥勒菩薩ラエルはエロヒムが人を科学的に想像したと言う





www.pinterest.com.jpeg


涙というのは、ウィキペディアで調べてみると、英語版の方ではこのように分類されている。
  • Basal tears(基底涙)…これは、目の潤滑油の働きをし、ホコリ等が目の中に入らないようにする役割のもの。
  • Reflex tears(反射的涙)…外的刺激から出る涙の事。例えば、玉ねぎを切るときに涙が出るがそれはこの涙。
  • psychic tears(精神的涙)…精神的な要因から出る涙。喜び、幸せ、悲しみ、苦しみ、怒り、痛みなど。


この3種類の涙は、涙の塩分の結晶構造を顕微鏡で見ると更に細かく様々な形を見せてくれるのがわかった。

この構造や形の変化は何が原因で起きるのだろう?

人の脳から出される波動により水に波動が伝わり、結晶構造が変化するのだろうか?

宇宙人エロヒムの最後の預言者ラエルは、エロヒムが地球上の生命を科学的に創造し、最後に人を彼らの姿形に似せて科学的に創造した事を伝えています。

私達の身体がどのように機能していているのかがどんどん解明されてきているんですね。

そして、人類の科学者ももうすぐ他の惑星でエロヒムがしたのと同じ生命創造をする事になるでしょう。




tears00.jpg



■記事の紹介


Looking At Tears Under A Microscope Reveals A Shocking Fact.
涙を顕微鏡で見た時、驚くべき事実が明らかになった


One day Rose-Lynn Fisher wondered if her tears of grief would look different compared to her tears of joy, so she began to explore them up close under a microscope.
る日、ローズ・リン・フィッシャーは自分の悲しみの涙が喜びの涙とくらべて違って見えるかどうか知りたくて、顕微鏡での研究を始めました。

She studied 100 different tears and found that basal tears (the ones that our body produces to lubricate our eyes) are drastically different from the tears that happen when we are chopping onions. The tears that come about from hard laughter aren’t even close to the tears of sorrow. Like a drop of ocean water each tiny tear drop carries a microcosm of human experience. Her project is called The Topography of Tears.
女は100の違う涙を研究し、基底涙(目の滑りを滑らかにするために身体が分泌する涙)は、私達が玉ねぎをきざんでいる時に出てくる涙とは劇的に違う事がわかりしまた。激しく笑うことにより分泌される涙は、悲しみにより分泌される涙とは全く違います。大海の一滴のように、涙のそれぞれの滴には人間の経験の小世界が入っているのです。彼女のプロジェクトは涙の地形学と呼ばれています。

Tears from laughing until crying
涙が出てくるまで笑った時の涙


Tears of change
変化による涙


Tears of grief
悲しみの涙


Tears from onions
玉ねぎによる涙


Joseph Stromberg of the Smithsonian’s Collage of Arts and Sciences explained that there are three major types of tears: basal, reflex, and psychic (triggered by emotions). All tears contain organic substances including oils, antibodies, and enzymes and are suspended in salt water. Different types of tears have distinct molecules. Emotional tears have protein-based hormones including the neurotransmitter leucine enkephalin, which is a natural painkiller that is released when we are stressed. Plus, the tears seen under the microscope are crystallized salt and can lead to different shapes and forms. So even psychic tears with the same chemical composition can look very different. Fisher said, “There are so many variables−there’s the chemistry, the viscosity, the setting, the evaporation rate and the settings of the microscope.”
術・科学スミソニアン・カレッジのジョセフ・ストロンバーグは、涙には3つの主要な分類があり、それは基底涙、反射涙、そして、精神的涙(感情により引き起こされる涙)になります。これらの涙に含まれる油分、抗体、そして、酵素などを含む有機物質は、食塩水の中に浮遊しています。感情により分泌される涙は、私達がストレスを感じている時に放出される自然な痛み止めである神経伝達物質ロイシン・エンケファリンを含むタンパク質をベースにしたホルモンを含んでいます。その上、顕微鏡で観察された涙は結晶化した塩であり、それは違う形や構造を形成しえます。だから、同じ化学成分を持つ精神的涙さえも非常に違って見えるのです。「多くの変化する値があるのです・・・化学的性質、粘性、環境、蒸発率、そして、顕微鏡の設定があります。」

Basal tears
基底涙(潤滑油的涙)


Tears of timeless reunion
永遠の再開の涙


Tears of ending and beginning
終わりと始まりの涙


Tears for those who yearn for liberation
自由を切に願う人達の涙


Tears of release
解放された時の涙


Tears of possibility and hope
可能性と希望の涙


Tears of elation at a liminal moment
変化の境目の時に意気揚々となる時の涙


Tears of remembrance
回想(追悼)の涙


■記事引用元:http://www.lifebuzz.com/tears/#!OgBex


6334c6dfe7e1b52713bac2d8feb340dd.jpg


enhanced-buzz-wide-19789-1383926881-12.jpg



いつまでも幸せに〜be happy for ever
弥勒菩薩ラエルの教えを振返り


posted by ふーもあ at 14:22| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月02日

STAP細胞(万能細胞)の発見。弥勒菩薩ラエルは人間のクローンが実現すると預言






新たな万能細胞を開発 神戸の理研など





☆記事の引用の開始

STAP細胞―どんな細胞にもなれる万能細胞の作成に成功 理研・小保方晴子さんら


http://www.huffingtonpost.jp/2014/01/29/stap-cells_n_4690922.html

朝日新聞デジタル
執筆者: 朝日新聞社提供
投稿日: 2014年01月30日 08時27分 JST
更新: 2014年01月30日 15時23分 JST

新しい万能細胞作製に成功 iPS細胞より簡易 理研


理化学研究所などが、まったく新しい「万能細胞」の作製に成功した。マウスの体の細胞を、弱酸性の液体で刺激するだけで、どんな細胞にもなれる万能細胞に変化する。いったん役割が定まった体の細胞が、この程度の刺激で万能細胞に変わることはありえないとされていた。生命科学の常識を覆す画期的な成果だ。29日、英科学誌ネイチャー電子版のトップ記事として掲載された。

理研発生・再生科学総合研究センター(神戸市)の小保方晴子(おぼかたはるこ)ユニットリーダー(30)らは、新たな万能細胞をSTAP(スタップ)細胞と名付けた。STAPとは「刺激惹起(じゃっき)性多能性獲得(Stimulus―Triggered Acquisition of Pluripotency)」の略称だ。

「生物のロマン見ている」 小保方さん会見一問一答


新しい万能細胞「STAP細胞」を発見した理化学研究所の小保方晴子ユニットリーダー(30)が、1月28日に開いた記者会見の一問一答は次の通り。

――STAP細胞を作るため、細胞に外部から与えるストレスで、酸性の液体を選んだ背景は。

「実は様々なものを試した。細いガラス管の中に通す物理的ダメージを与えたり、毒素で細胞膜に穴をあけたり、飢餓状態にするために栄養を与えず長期培養したり、ヒートショックを与えたり、思いつく限りの条件を試した。その中でたまたまというか、酸性溶液によるストレスが最も効率が高かった」

――なぜ外部から刺激を与えるという方法を思いついたのか。

「(体の細胞から)小さい細胞を取り出す操作をすると幹細胞が現れるのに、操作しないと見られない。幹細胞を『取り出している』のではなく、操作(という外部からの刺激)によって、『できている』という考えに至った」

――STAP細胞にはiPS細胞やES細胞にない分化能があるのはなぜか

「推測の域を出ないが、iPS細胞はES細胞をゴールに決めた初期化の試みだ。今回の(STAP細胞の)報告は、細胞自身が勝手に(初期化を)起こすので、どこがゴールかわからない。細胞の意思に任せるところに特徴がある」

――STAP細胞は、ES細胞やiPS細胞よりいろいろな組織に分化できる能力が高いのか。

「分化する能力についてはそう言い切れると思う」

――生きている体の中でもSTAP細胞と同じような細胞の「初期化」が起こっているのか。

「研究を進めているが、生体内ではストレスが加わっても完全な初期化が起きない。大きな変化が起きないように制御されているのではないか」

――なぜ細胞はこんな仕組みを持っているのか。

「単細胞生物にストレスがかかると胞子になったりするように、(多細胞生物である)私たちの細胞も、ストレスがかかると何とかして生き延びようとするメカニズムが働くのではないか。そういうロマンを見ています」

☆記事の引用の終了




■管理人:

これから10年間、私達が想像できないほどの進歩が達成されるような気がします。
5年以内には、再生医療が実用的になるのでは?

また、人間のクローンも技術的に実現可能に成るかもしれません。現段階では、マウスで万能細胞から胎児になることが証明されていますが。しかも、胎児になるのは何の刺激も与えてないので万能細胞が自ら胎児になったという驚くべき事実。

これが人間に対して実現できれば、人間のクローンが造れるということは、人間自身も遺伝子技術により創造された可能性が出てきます。すると、そこで初めて、宇宙人エロヒムの最後の預言者・弥勒菩薩ラエルが伝えてきた真実のメッセージが本当に真実であることが実証されることになります。









posted by ふーもあ at 09:18| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする