2015年04月08日

ウクライナの歴史教科書の書き換え開始。弥勒菩薩ラエルは真実を知ることが大切だと言う

ウソの学校;ウクライナの歴史教科書に「ロシアとの戦争」の記述が加えられた
URL:http://jp.sputniknews.com/politics/20150408/166536.html
2015年04月08日 15:24

ウクライナでは、歴史教科書の書き換えが決まり「市民戦争―民主主義と独立を求める戦い」という新しいパラグラフが加えられた。

その30パージすべてに渡って、多くの人々にとって大変奇妙な事に、ロシアはウクライナの敵、ドンバス住民は分離主義者で裏切り者と書かれている。一方「市民戦争」については、すでに何千もの一般人が犠牲になったにもかかわらず、民主主義と独立のために戦いと説明されている。

ウクライナの全ての歴史教科書には今後、次のような一文が含まれることになる-「2013年から2014年にかけての、ウクライナの尊厳を取り戻す革命とロシアの侵略に対する国民の戦いは、ウクライナだけでなく全ヨーロッパ及び全世界の新たな歴史における中心的出来事となった。」

資料はメールで、国内の18 400の学校に送られ、一部の学校ではすでに、試験的な授業が行われている。子供達は、恐らく学習プログラム作成者だけが知っている宣戦布告なきウクライナ・ロシア戦争について学んでいる。ちなみに作成者の誰も、軍事対立の当初からこれまで、一度もドンバスの地を訪れた事がない。


引用終わり

ブロガー:

恐らく、これと同じようなことが、中国の南京大虐殺、韓国の反日教育で行われてきたのでは?

それをやらせているのはアメリカ政府でしょうか。

日本でもどこの国でも真実を教えるべきだ。学校で、国から公開する情報も、そして、マスメディアも。そして、市民がその情報を元に皆が幸せになれる方法を考えられるような社会のほうがいい。

西欧諸国の政治家やその裏にいるシオニスト達はアジア圏が仲良くなり、経済的に一つになるのを非常に恐れているのでしょう。しかし、アジアは一つになるべきです。経済的に協力し、一つの合衆国のようなものになると良いと思います。そして、国境を取り払い、皆が自由に行き来出るようにしたらどうかな。

その後には、世界中を一つの政府にするべきでしょう。

そこに、弥勒菩薩ラエルが提案された楽園主義が導入されれば、素晴らしい事が起きそうだね。



posted by ふーもあ at 23:15| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。