2014年10月10日

ロシア下院、週4日労働制への移行を検討。弥勒菩薩ラエルは楽園主義を提唱




管理人: ロシア下院が週四日制への移行を検討しているらしい。日本政府は働き虫。週末も祝日も政治家達は働いている。しかし、のみくいしたりも含まれるが。

日本政府も、世界中の国々も科学技術を更に導入して、働く必要がない社会システムや流通システム、自動化システムを導入するべきだ。

そうすることで、人類の科学的創造者宇宙人エロヒムの最後の預言者ラエルのご提案された楽園主義が更に近づくことになるだろうね。

楽しみ〜い




ロシア下院、週4日労働制への移行を検討へ
10月 7 , 13:33

ロシア議会下院、労働委員会のアンドレイ・イサーエフ委員長は労働日を週4日とする国際労働機関(ILO)の提案を検討することを約束した。7日、コメルサント紙が伝えた。

イサーエフ委員長によると、委員会は今週、この件について円卓会議を開く決定をとる。イサーエフ委員長は現在の給与額を維持した状態で週36時間労働制が可能かどうかについて、議論を提案している。

ILOは労働日の削減によって労働者の健康状態および環境が改善されるとの見方を示し、「会社に長時間いる人ほど、過激な行為に走りやすい傾向がある」として、多くの病気はストレスと過労が原因であり、労働時間が短いほど労働効率がアップする点を指摘している。

コメルサント紙
続きを読む: http://japanese.ruvr.ru/news/2014_10_07/278311633/







posted by ふーもあ at 00:27| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽園主義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。