2014年09月22日

マレーシア航空便MH-17とMH-370?弥勒菩薩ラエルは人類が滅びる確率が99%に上昇したという



Debunked: Proof that MH-17 is MH-370? [MH-17 actually did have a covered window]
Discussion in 'Flight MH17' started by Mick West, Jul 23, 2014.
暴露:MH-17がMH-370である証拠が出た?【MH-17は実は窓が閉鎖されていた】
「ミック・ウェストによるフライトMH17に関する論議、2014/07/23」
URL:https://www.metabunk.org/threads/debunked-proof-that-mh-17-is-mh-370-mh-17-actually-did-have-a-covered-window.4004/

●前置きの説明
■2014/3/8、MH-370が消息を断った事故
マレーシア航空370便(MH-370。ボーイング777-200ER(製造番号28420、機体記号9M-MRO))とは、マレーシアのクアラルンプールから中国の北京に向かっていたマレーシア航空の定期旅客便である。2014年3月8日、タイランド湾上空で消息を絶ち、現在行方不明となっている。
詳細はこちら

■2014/7/17、MH-17機が撃墜された事故
マレーシア航空17便(MH-17。ボーイング777-200ER(機体記号:9M-MRD。1997年製造))は、2014年7月17日にオランダ・スキポール空港からマレーシア・クアラルンプール国際空港に向かっていたマレーシア航空の定期便。17時15分頃(現地時刻)、ウクライナ・ドネツィク州グラボヴォ(ロシア語: Грабово, ラテン文字表記:Grabovo, ウクライナ語: Грабове, ラテン文字表記:Hrabove, フラボヴェ)村に墜落した。また、2014年7月23日、ウクライナ東部のマレーシア航空17便が墜落した現場近くで親ロシア派武装勢力がウクライナ軍の2機の戦闘機を撃墜している。しかし、ロシア国防省は、ウクライナ側が、ロシア領からの攻撃で撃墜されたとの主張について、否定した。
詳細はこちら


●窓のありなし


 2006年前2006年以降
MH-370(9M-MRO)窓あり窓あり
MH-17 (9M-MRD)窓あり窓閉鎖


◆フォトショップを使用した可能性
Photoshopを使い窓が閉鎖されたように見せかけた可能性があるという論争もありますが、そちらの記事は読んでいませんので、詳しくはわかりません。撃墜された飛行機の現場写真の窓に閉鎖窓があるようにフォトショップで加工したのか?



一部のニュースでは、2006年前のMH-17の写真とMH-370の写真を比較して、この2機が同じ飛行機であると主張。

以下の記事では、2006年以降のMH-17の窓が閉鎖されている写真と、MH-370の写真を比較すると窓がある、ないの違いがあり、2機が違う飛行機であると主張。




●記事の翻訳開始

Some web pages and video claim that photo of the debris of MH-17 does not match the plane 9M-MRD that was flying the MH-17 route that day, and instead matches 9M-MRO, which was the plane that vanished as MH-370. They claim that the wreckage shows a blanked out window that MH-MRD did not have.
いくつかのウェッブページやビデオの主張では、事件現場で発見されたMH-17の破片の写真は、当時、MH-17のルートを飛行していたMH-17(9M-MRD)の飛行機に合致せず、その代わり、それ以前に消失した飛行機であるMH-370(9M-MRO)に合致するとのことだった。それらの主張によると、残骸から、MH-MRDには存在しない隠された窓があるのがわかる。

However this claim is easily debunked by looking at photos of MH-MRD which show that window has been blanked out since the plane was reconfigured in 2006. They are simply using old photos, and ignoring the many more recent photos.
しかし、2006年にMH-MRDの飛行機が再構成されて以来、窓が閉鎖されていたMH-MRDの写真を見ると、この主張が間違いであることが簡単に証明されてしまう。それらの主張で使われている写真は全て古いものであり、最近のもっと多くの写真は無視されてしまっている。
Pic01.jpg


As evidence they present this image from the wreckage of MH-17 (9M-MRD)
証拠として提示されたMH-17(9M-MRD)の残骸の画像
Pic02.jpg


And claim it more closely matches 9M-MRO (MH-370) by comparing it to a out-of-date 2005 photo of 9M-MRD where the window to the front of the center door is not blanked out.
そして、9M-MROの写真を、9M-MRDの期限切れの2005年の写真(センター・ドアの外側の隣にある窓が隠されていない)と比較することで、9M-MROと9M-MRDがより正確に合致しているという主張である。
Pic03.jpg


However a Jun 2012 Photo of 9M-MRD matches the debris perfectly (look at the flag, and blocked off windows under it to the left)
しかし、9M-MRDの2012年6月の写真は残骸と完璧に合致している。(旗のマークと、左下にある封鎖された窓を見てください)
Pic04.jpg


As does this July 5th, 2014 photo (just 12 days before the crash)
以下は、2014年7月5日の写真(撃墜墜落より12日前のもの)
Pic05.jpg


You can look at the history of 9M-MRD's configuration on planespotters.net and see when the window changed.
http://www.planespotters.net/Aviation_Photos/search.php?tag=9M-mrd
"planespotters.net"に掲載されているこの9M-MRDの形状の履歴を見て、いつ窓が変えられたのか見てください。(上のリンクをクリックして下さい。(英語))
 ▲上記記事リンクの写真の比較
 (1) 2005年、窓が隠されていない
2005_9M-MRD.jpg


 (2) 2006年、窓が封鎖されたもの
2006_9M-MRD.jpg


And you can see the window has been covered since the plane was temporarily re-painted in the blue livery in 2006:
これらの写真を見れば、2006年に同機が一時的に青いストライプに塗り替えられた時、その窓が閉鎖された事がわかります。

Hence this claim that the crashed plane is not 9M-MRD because it lacks a window is debunked.
よって、撃墜されたこの飛行機が窓がないので9M-MRDではないという主張は間違いであることが証明できます。この主張は、窓が隠されてなかった頃の9M-MRDの写真を、撃墜された飛行機の写真と比較し出されています。

And the suggestion that it's 9M-MRO based on the above evidence is very silly, because at the same time 9M-MRD had a window there, SO DID 9M-MRO!
http://www.raischstudios.com/malaysia-airlines-flight-370/
そして、上の証拠に基づいた「撃墜された飛行機は9M-MROである」という提案は、2006年前の9M-MRDには窓があり、9M-MROも窓があったので、非常に馬鹿げていると言えます。
Pic07.jpg


https://www.flickr.com/photos/46156186@N08/7096304097
Pic08.jpg


そして
Pic09.jpg





管理人:
このマレーシア航空の事件は、明らかにおかしいですね。恐らく、高い確率で裏でアメリカ政府が画策しているように思います。

このようにアメリカ主導の侵略戦争による世界支配があまりにも激化していて、人類が滅びる確率が99%に再び上昇してしまったと、人類の創造者宇宙人エロヒムの最後の預言者ラエルが指摘されていました。

なんとか、この戦争を回避するように世界中の国々が協力して行動してほしいと思います。
また、ブロガーやその他の人達による戦争反対、平和な社会の実現を訴える運動もこれからも進めて行かないといけませんね!


関連記事:
2014年09月22日
MH17は行方不明のMH-370便だった?弥勒菩薩ラエルは全戦争の廃止を主張





posted by ふーもあ at 10:03| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。