2014年09月02日

9月1日から環状交差点が施行。

改正道路交通法が9月1日から施行!知っておきたい「環状交差点」の交通方法

これ海外の環状交差点での運転の仕方のビデオレッスン。説明しなくても観て大体わかると思う。英語を話す外国では、此の環状交差点のことをRoundabout─「ラウンドアバウト」といいます。


こちら、日本版


見比べて見ると、海外のラウンドアバウトの方が広いように感じますね。

狭くビルが乱立する日本では、この環状交差点がうまく機能しないことがあると思います。


こちらのビデオの方がとてもわかり易いと思う。


特にこのラウンドアバウトのそれぞれの出入口に信号機が設置してあって、交通の多いラウンドアバウトで、優先させる車の流れを決められるのはいいですね。

スクリーンショット 2014-09-02 22.13.25.png


私が車の免許を取得したのはニュージーランドでした。


その当時、ニュージーランドでは、仮免許→中免許→正式な免許と三段階を通らなくてはならず、それぞれ、半年間の運転期間が必要です。そして、仮免許の時には、運転できる時間帯が決められており、その時には、隣に、正式な免許を取得した人が同席していないと運転してはいけないという規則があったと思います。

ニュージーランドの場合、高い建物や沢山の木々などが周囲にない場合が多いので、見晴らしが良く、小さめの環状交差点でも安心して運転出来ます。

便利ではありますが、日本のラウンドアバウトは狭そうなので慣れないと逆に危ない気もします。本当なら、二車線くらいのラウンドアバウトで広い方が安全で便利だと思いますね。


それとルールは決まっているのですが、それを良く知らない人などは、ラウンドアバウトで危険な運転の仕方をするかもしれません。例えば、ラウンドアバウト内で車線変更をしたり、トラックが二車線で外側を走っている時に内側から追い越そうとしたりなど・・・

でも、日本では一車線のラウンドアバウトしかないようです。








posted by ふーもあ at 23:46| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。