2014年08月25日

イスラエルのイラン核施設攻撃に対しイランは無人機を破壊。弥勒菩薩ラエルは全原発廃炉を主張



革命防衛隊の公式ウェブサイト「sepahnews.com」に発表された声明では「シオニスト政権(イスラエル)のスパイ用無人機はミサイルで撃墜された…無人偵察機はナタンツの核関連施設への接近を試みていた」と述べている。

イスラエルはこれまでに何度も、イランの核関連施設を攻撃すると威嚇している。ナタンツの施設は、1万6000基以上の遠心分離機が設置されたイランの主要なウラン濃縮施設。


イスラエルは、これまで何度もイランの核施設を攻撃すると威嚇しているらしいが、これをされたら、第二、第三の核爆弾の爆発となり、最悪、福島原発級の放射能の放出が起きかねない。

だからこそ、世界中から生命に害のある原子力発電所を廃炉にする事を、人類の科学的創造者宇宙人エロヒムの最後の預言者ラエルが主張され続けているのだ。

私は全世界から原発がなくなり、更に、軍隊もなくなり、そして、エロヒムを迎えるための大使館を建設するように世界中の国々が話し合えるような状況になってほしいと思っている。


しかし、それに対して、日本政府の集団的自衛権のための憲法解釈の変更は人類全体の平和の実現とは逆行するものである。

(集団的自衛権)武力行使、政権の裁量、閣議決定、何が変わるのか
URL:http://www.asahi.com/articles/DA3S11218373.html
 今回の閣議決定の大きな問題点は、日本が武力を使う前提条件となる「新3要件」に、「自衛の措置としての武力の行使」という新たな概念を盛り込んだことだ。個別的自衛権と集団的自衛権、集団安全保障という3種類の武力行使が、憲法解釈の変更ですべて認められることになった。

 他国を守る集団的自衛権と、複数の国で侵略国などを制裁する集団安保による武力行使については、歴代内閣が「自衛のための必要最小限度の範囲を超えるため、憲法上許されない」としてきた。ところが、今回の閣議決定による、新たな憲法解釈では、集団的自衛権、集団安全保障による武力行使を認めるために次のような理屈を作り上げた。

 それは、「自衛の措置としての武力の行使」が使える条件として「我が国」または「我が国と密接な関係にある他国に対する武力攻撃」があった場合▽ときの政権が「我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由」などが「根底から覆される明白な危険がある」と判断――と明記。この要件さえ満たせば、個別的自衛権と集団的自衛権、集団安保を区別せず、武力の行使は「憲法上許容される」というものだ。


そうすると、アメリカの得意な自作自演で、テロ集団や反政府軍をCIAが訓練して作り上げ、彼らにある石油が豊富な国に攻撃をしかけさせ、それが自国の安全保障を脅かすので、戦争をしかけるから日本政府も参戦しろと命令が下り、そのテロ集団や反政府軍を一掃するとかいう名目での戦争だって有りうるわけだ。

しかし、行って見たら、聞いた話と全く違っていて、それはその石油国への侵略戦争でしかなかった・・・無実な市民、女性、子供、老人を皆殺しというのは、どこの国での話だっただろうか?

こんなこと考えただけで明白だし、それに騙される国民がどれだけいるのだろう。

日本政府は、こんな白々しい嘘で、憲法解釈を実現し、戦争に行きたいようだが、その原因はなんなのだろうか?アメリカのシオニスト集団に脅されたからと言うのが本当だったりして・・・


このような事態を逆転させ、人類を平和な方向に進めるための鍵は、やはり、シオニスト銀行家達が完全に破産して権力行使ができなくなる事と、世界中の人々が、軍人も含めて、多くの人達がシオニスト銀行家達に対して反対のデモ運動をとる事に関わっているように思う。そして、政府が本当の情報・・・アメリカ政府によりこれまでどんな脅しを受けてきたのか・・・を全て公開することだと思う。






posted by ふーもあ at 16:45| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 原子力発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/404318914
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック