2014年07月07日

怒った農場経営者達が福島から東京に牛を運ぶ。弥勒菩薩ラエルは全て廃炉を主張






WS000006.JPG


Angry farmers from Fukushima brought a large cow to the centre of Tokyo Friday to demand Japan's government investigate a disease they say cattle have developed since the nuclear disaster three years ago.
島県の怒り心頭の農場経営者達が、福島から東京都の中心地に被曝した牛を連れてきて、原子力大惨事が三年前に起きて以来、その畜牛の体に出来た病気の調査を日本政府に要請しました。


TOKYO: Angry farmers from Fukushima brought a large cow to the centre of Tokyo Friday to demand Japan's government investigate a disease they say cattle have developed since the nuclear disaster three years ago.
京: 三年前に起きた原子力大惨事以来、福島の農場の畜牛に病気が発生し、それについて怒り心頭の農場経営者達は大きい牛を福島から東京の中心地に連れてきて、畜牛の病気の調査をするように日本政府に要請しました。

Operators of non-profit "Kibo no Bokujo", or "Farm of Hope", delivered a full-size black cow to the front of the agriculture ministry to demand an investigation into why it and many other animals have developed white dots on their skin since reactors went into meltdown after the earthquake and tsunami of March 2011.
営利の「希望の牧場」、または「ファーム・オブ・ホープ」の経営者達は、生育した大きな黒牛を農林省の真ん前まで運んできて、2011年3月の地震と津波の後で原子炉がメルトダウンになってしまってから、その牛と他の多くの動物達の皮膚に出来た白い斑点の原因を調査するように要請しました。

The farm is located only 14 kilometres from the nuclear plant and is keeping some 350 cows that were abandoned in the area when their owners had to evacuate because of radiation contamination.
の農場は原子力発電所からたった14キロ離れている場所にあります。そして、その農場には、放射能汚染のために経営者達が避難する時に見捨てなければならなかった350頭の牛達がいます。

"Our cows cannot be shipped as meat. They are evidence of lives affected by radiation," said Masami Yoshizawa, leader of the farm, in front of the ministry, as his supporters and media looked on.
「私達の牛達は食用の肉として出荷出来ません。この牛達は放射能汚染により被曝した命の証拠です。」と、農林省の正面に立っている農場のリーダのよしざわまさみさんは、彼の支持者達とメディアが見つめる中で言いました。

Fellow Fukushima farmer Naoto Matsumura said: "What if this started happening to people? We have to examine the cause of this and let people know what happened to these animals."
僚の福島の松村直人さんはこう言います…「もし、この病気が人にも発生しだしたら、一体どうするんでしょうか?この原因を私達は調査しなければいけませんし、これらの動物に何が起きたのか人々に知らせなくてはいけません。」

The vast farmland in Fukushima has been contaminated by radioactive materials from the Fukushima plant, forcing tens of thousands of local residents to give up their homes to live in temporary shelters.
島の巨大な農地は、福島発電所からの放射性物質により汚染され続けています。そのせいで、数万人もの地域の住人達は自分の家をすて、一時的な収容施設で生活するのを余儀なくされています。

The government says it could take decades to clean the region, but scientists say many residents may never be able to return because of the contamination.
府は、その地域を綺麗にするには数十年もかかりうると言いますが、科学者達は、多くの住人たちが放射能汚染のために二度と戻る事が出来ないかもしれないといいます。

- AFP/xq




類の科学的創造者の宇宙人エロヒムの最後の預言者ラエルは、選挙という仕組みで選ばれた知性の低い人達がする政治では、目先の事しか気にかけず人々の幸福と利益を全く考えないため、このような大惨事が起きてしまうと説明していました。そして、少しずつ失敗をくりえしていくうちに、改善されていき、次第に社会がより良い仕組みになっていくと・・・

かし、政治家の愚かな失敗により、放射能汚染とその被曝による病気は一体全体、政治家達はどうしてくれるのでしょうか?ごめんなさいでは済まないのですが・・・

こんな失敗は、二度としてもらいたくありません。

そのためには、世界の仕組みを完全に変えないくてはいけないと思います。

才政治楽園主義の社会システムに・・・

earth_P_LightBlue.jpg







posted by ふーもあ at 00:45| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 放射能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。