2014年02月20日

スノーデン グラスゴー大学の総長に。弥勒菩薩ラエルは楽園主義を提唱



◆管理人:

国家安全保障局(NSA)が行っている世界中の市民に対するインターネット活動、メール、電話、携帯などでの無差別な集団監視を暴露してきたウィキリークスの創始者・スノーデン氏が、英国の大学の名誉教授に選ばれた。これは市民がスノーデンの暴露した情報が市民にとってとても有益なものであったことを支持するものだ。大学の名誉教授になるだけで、大学の生徒たちや彼等を取り巻く人々に意識的に人を尊重する大切さを考えさせるだろう。

人類の科学的創造者の宇宙人エロヒムの最後の預言者・弥勒菩薩ラエルは、スノーデンの行いを高く評価し、米国の集団監視を非難されている。ラエルは、人々を尊重する事が大切だといつも言われているが、米国政府の裏にいるシオニスト系銀行家達にはそれが全く見られない。

しかし、アメリカ経済が崩壊し、アメリカが国連から姿を消すのも時間の問題だ。なぜなら、アメリカは世界で最も遅れた後進国となるからだ。アメリカが国連から姿を消したら、世界諸国は、国連をまず解体することだ。そして、各国が平等な位置で対話をすることが可能な別の世界政府を作るべきだ。

そして、ラエルが提案された楽園主義と呼ばれる貨幣制度・労働を全て廃止した共産主義システムの建設・導入のための一大プロジェクトをたて、実行にうつすべきだ。

人類が真実を知り、真に平和な地球政府を作る時がきた。

◆管理人の考えの終わり




9.02.2014, 09:20
http://japanese.ruvr.ru/2014_02_19/128891951/

米国家安全保障局(National Security Agency、NSA)による不正な情報監視活動を世界中に暴露して米当局に訴追されたが、それにも負けず更なるNSAの機密情報の暴露をし続けている中央情報局(CIA)の元職員エドワード・スノーデン氏はスコットランドのグラスゴー大学の総長選挙で名誉総長「レクター」に選ばれた。
投票は電子投票で2日間受け付けられ、選好形式で行われた。

学生による選挙が行われた結果、大学側が明らかにした。スノーデン氏の任期は3年になる。歴代のレクターには経済学者アダム・スミスや、イスラエルの核開発を暴露し投獄されたモルデハイ・バヌヌ氏らがいる。

立候補していたのはスノーデン氏のほかに、劇作家のアラン・ビセト氏、聖職者のケルヴィン・ホルドスオート氏、自転車選手のグレム・オブリー氏の全部で4名。

レクターは大学当局の会議にも出席できるが、スノーデン氏はロシアに亡命中の身。ただ、学生らによれば、代理人を通じ就任の内諾は得ている。学生らは「スノーデン氏ら勇敢な告発者は、たとえどこにいようとわれわれと共にある」と連帯を誓っている。

スノーデン氏、名誉総長に=学生が選ぶ−英グラスゴー大


スノーデン氏ら勇敢な告発者は、たとえどこにいようとわれわれと共にある




earth_P_LightBlue.jpg





posted by ふーもあ at 09:31| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ウィキリークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。