2014年02月14日

米国上院議員が米国大統領をNSA集団監視の罪で訴えた!弥勒菩薩ラエルは個人を尊重することが大切と言う




「NSAの通話収集は違憲」、米上院議員が大統領らを提訴
2014年02月13日
18:35
発信地:ワシントンD.C./米国

米国のランド・ポール(Rand Paul)上院議員は12日、米国家安全保障局(NSA)による市民の無差別な通話記録収集が合衆国憲法修正第4条に違反するとして、バラク・オバマ米大統領らを相手取り、ワシントンD.C.の連邦地方裁判所に訴訟を起こした。議員らは、これによりNSAの通話記録収集の秘密プログラムを停止させる事を目標にしている。

ポール議員の発言:「電話を所有している全ての米国人」を代表して、保守派による草の根運動ティーパーティー(Tea Party、茶会)と共にこの「歴史的な」民事訴訟を起こした、同様のものとしては過去最大規模の集団訴訟になるだろう」
「人々は容疑なく、裁判所の令状なく、そして個人の特定なく、自分たちの通話記録が収集されていることに強い怒りを示しており、この国では非常に大きく、かつ広がりをみせる抗議のうねりがある」(連邦地裁前にて記者団に語る)

被告:
・オバマ大統領
・ジェームズ・クラッパー国家情報長官
・キース・アレグザンダーNSA局長
・ジェームズ・コミー米連邦捜査局(FBI)長官。

ポール議員は、ある特定の人物について裁判所で捜査令状をとってから、このような盗聴をするようにしなければいけないと話していました。

訴訟に加わる意志のある人々の人数:30万人(著名済み)

訴訟の目的:

・メタデータ収集プログラムの中止
・これまでに収集した記録の破棄




これを読んだ時に、ふと思ったのは、アメリカではシオニスト系銀行家達の支配に対して、既に抵抗が始まっているということです。

それに対して、日本の市民の抵抗はまだ手ぬるい。
市民はデモでおとなしく発言者の話を聞くだけです。
日本の政治家達は安部首相に右ならえしているだけ。

はっきり言って、今のシオニスト系銀行家達は、アメリカ政府を支配することはもうやめにして、お金を沢山持っている日本政府に鞍替えしているとかんがえるべきです。
これからは、日本がアメリカの歩んだ道を歩んでいくのではないか?

それをそのまま放っておいて良いのか?

政治家は一体何をのんきに見ているんだ。

日本でも、特定秘密法案の廃案をめぐり、集団訴訟は起こせないのか?

いろんな事を考えてしまいます。

日本は、もうアメリカシオニスト系銀行家達の言うことを聞くのを止めるべきだと思います。






posted by ふーもあ at 15:34| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 特定秘密保護法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。