2014年01月26日

自由がない社会から脱却するときだ。弥勒菩薩ラエルはデモが人類を楽園主義の社会に移行すると言う



a24041340ff3e02a7faef4e6aa412556 copy.jpg


迫害を受ける者達の自由は、迫害をする人達へ要求されなければ与えられない、そんな社会は迫害者に管理された社会だろう。

しかし、今の社会はその自由さえも、要求しても無視されてしまい与えられない社会と変化していっている。その証拠が、特定秘密保護法案である。そして、アメリカの米国愛国者法
愛国者法から12年、アメリカは新たな時代へ突入した

この動きを変えるのは一体誰なのだろうか?

それは、私達市民ではないか?

市民のための市民によるデモ抗議運動により、政府が市民の自由を奪い、戦争へと進むのを食い止めるしかないのではないだろうか?


earth_P_LightBlue.jpg




posted by ふーもあ at 00:14| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 抗議デモ行進 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/386114599
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。