2013年07月13日

(1) AIDS/HIVはアメリカの実験室で作られた!?弥勒菩薩ラエルは楽園主義推奨!




AIDSの起源




■記事の紹介の開始





Gay Vaccine Experiments And The American (Not African) Origin Of AIDS
ゲイのワクチン実験、そして、AIDSは(アフリカではなく)アメリカから発生


Ever since the AIDS epidemic became official in June 1981, there have been rumors that AIDS is a man-made disease. Although this theory has been discredited   by "scientific consensus," there is evidence linking the outbreak of this new disease to a vaccine experiment conducted on gay men in New York City, as well as in other U.S. cities, between 1978 and 1981.

1981年6月にAIDSが大流行し始めてから、AIDSが人為的に作られた病気であるという噂が流れていました。この説が信頼されないものであると「科学的な合意」でみなされてきましたが、この新しい病気の発生を、1978から1981年の間にニューヨーク市やその他のアメリカ国内の複数の都市で行われたワクチンの実験に関連付ける証拠があります。


The first epidemic cases of AIDS in America were uncovered exclusively in young, previously healthy, and mostly white gay men in Manhattan in 1979. The cause was  unknown until 1984  when a virus, later named HIV (human immunodeficiency virus), was accepted as the infectious agent. How a  sexually transmitted disease (STD),   purportedly originating in Africa, was transferred into a so-called "gay disease" in New York City was left unexplained, except for preposterous stories like the gay Canadian airline steward Gaetan Dugas, who was demonized in the media and tabloids as "the man who brought AIDS to America."

1979年アメリカのマンハッタン州で、アメリカ初のAIDSまん延が、若くて健康な、主に白人のゲイの男性達に起きた事が発覚しました。後にHIV(ヒト免疫不全ウィルス)と呼ばれることになるウィルスが感染体として受け入れられた1984年になるまでその原因は不明でした。性行為でうつる病気(STD)が噂によるとアフリカから発生したと言われていますが、その病気がどのようにして所謂「ゲイの病気」としてニューヨーク市に移動してきたのか、解明されないままです。時折、不合理な話はあったのですが。例えば、メディアやタブロイド紙などでは、ゲイのカネディアン航空旅客機乗組員ギータン・ドゥガス氏が「AIDSをアメリカに持ち込んだ男」として悪魔化されてしまいました。



THE GAY VACCINE EXPERIMENTS  BEFORE  AIDS (1978-1981)
AIDS以前のゲイ・ワクチン実験(1978-1981)


Beginning in 1974, workers in a  bloodmobile provided by the New York Blood Center in Manhattan began soliciting 8, 906 gay men for a hepatitis B vaccine research study (Koblin et al, 1992). Over the next few years more that 10,000 blood samples were donated by gays willing to participate in the development of a vaccine that might prevent hepatitis B. This viral disease was an  STD disproportionately affecting sexually-active homosexuals.

1974年のはじめ、マンハッタンのニューヨーク血液センターにより提供された移動採血車で働く労働者達が、B型肝炎ワクチンの調査研究(コブリン・エタル1992年)のために8,906人のゲイの男性たちを勧誘し始めた。その後数年の間にかけて、10,000人の血液サンプルが、B型肝炎を予防するワクチンの開発に参加希望したゲイの男性達から寄与されました。このウィルス疾患は、性的に活発な同性愛者に偏って影響する性感染症でした。


The AIDS epidemic in the U.S. directly traces back to this government-sponsored vaccine experiment! Eventually, 1,083 gay men were recruited to be injected with an experimental hepatitis B vaccine at the New York Blood Center. In the months before the actual experiment began, the vaccine underwent preliminary testing for safety and immune response on two hundred physicians at New York Medical Center, as well as on twenty-eight employees of Merck & Co, which made the vaccine.

アメリカでのAIDSのまん延は、この政府が出資してしいたワクチン実験に直接由来しています。最終的に、1,083人のゲイの男性たちがニューヨーク血液センターに集められ、この実験的なB型肝炎のワクチンを注射されました。その実験が実際に開始した数ヶ月前に、そのワクチンは、安全と免疫反応を見るためにニューヨーク医療センターの200人の医師たち、そして、そのワクチンを製造したマーク&COの28人の従業員達に対してテストされました。


The first group of  men in the actual trial were inoculated in November 1978. The experiment was confidential. Each man was given an anonymous identification number, which would be the only way they could be identified by the investigators. Each man got an initial dose of vaccine, then  a  repeat one month  after, and a final inoculation six months later. All  were asked to donate blood samples for two years after the three injections. Over a period of months, all  1,083 men would be injected. Half the men were given the experimental vaccine; the  other half would serve as the control group and were given useless placebo injections. In this double-blind study, neither the men nor the investigators knew who was getting the vaccine or the placebo.

実際に行われた最初の実験に来た男性たちのグループは、1978年11月に予防接種を受けました。その実験は部外秘でした。参加者達は匿名の識別番号を与えられ、その識別番号は捜査官達が被験者たちの身元を調べられる唯一の方法でした。被験者の男性たちはそれぞれ初回投与量を注射され、一ヶ月後に、二回目、そして、三回目の予防接種を六ヶ月後に受けました。全ての人達が自分の血液サンプルを今後二年間の間、寄与し続けるように言われました。数ヶ月の間、1,083人の男性達は注射される予定でした。その半数が実験用のワクチンを打たれ、他の半数の男性たちは比較対象として実験をうけ、役に立たない気休めの薬(プラセボ薬)を注射されました。この二重盲検試験では、被験者の男性も捜査官達も誰がワクチンをうけ、誰が偽薬を受けているのか知りませんでした。


This experiment ended in September 1980. The success rate in preventing hepatitis B in the group receiving the vaccine was 92.3%. Additional experimental hep B vaccine trials, all using gay men as the guinea pig, were conducted in 1979 and 1980 in Chicago, Los Angeles, San Francisco, Denver and St. Louis.

この実験は1980年9月に終了しました。そのワクチンを受けているグループでB型肝炎の予防成功率は92.3%でした。追加試験のB型肝炎ワクチンの試験が、実験材料としてゲイの男性達を使って、1979年、そして、1980年に、シカゴ、ロサンジェルス、サンフランシスコ、デンヴァー、そして、セントルイスで実施されました。


In May 1981, the men in the placebo group (who did not receive the vaccine) at the Blood Center were offered a chance to take the vaccine. As a result, 270 men were inoculated with the series of three shots and were asked to donate additional blood samples for two more years.  Because men in the vaccine-recipient  group and the placebo group were now both inoculated with the vaccine, it would no longer be possible to compare the two groups in terms of future HIV rates. Because the experiment was confidential and anonymous, the fate of the individual men in terms of acquiring HIV/AIDS in the  future, could never be ascertained. In   June 1981, after 41 cases of a new disease in  homosexuals were reported to the Centers for Disease Control and Prevention in Atlanta (CDC),  the AIDS epidemic became official.

1981年5月、血液センターにいたプラセボのグループの男性たち(そのワクチンを打たれなかった人達)は、そのワクチンを注射してもらう機会を提供されました。その結果、270人の男性たちがその三回に渡る注射をうけ、更にその時から二年間自分の血液サンプルを出すように頼まれました。そのワクチンを受けたグループとプラセボ・グループの男性たちは今両方ともそのワクチンの注射をされたことになり、将来のHIV率として比較するのはもはや可能ではなくなりました。その実験が極秘であり匿名であったことから、その男性たち一人一人りが将来HIV/AIDSに感染したかどうか、その結果は知る由もありませんでした。1981年6月、同性愛者達の新しい41の病例が疾病対策予防センター(CDC)に報告されたあと、AIDSのまん延が公的に明らかになりました。



THE"GAY PLAGUE"BEGINS IN MANHATTAN  IN 1979
「ゲイ疾病」が1979年マンハッタンにて始まる


The first few cases of a new disease characterized by immunodeficiency, cancer and a previously rare form of pneumonia in young gay men, were uncovered in Manhattan in 1979. By the end of 1981 there were 160 cumulative cases from New York City; a decade later,  9,000 cases had been reported in NYC. The early cases were termed "gay related immune deficiency disease," or GRID, for short. Privately, it was called "the gay plague," with homosexuals dying from "gay cancer" in the form of Kaposi's sarcoma, and/or a rapidly fatal"gay pneumonia"caused by a yeast-like fungus.

若いゲイの男性たちにおける免疫欠損、癌、そして、これまでに稀な肺炎により特徴づけられた新しい病気の最初の数例は、1979年にマンハッタンで明らかになりました。1981年の終わりまでに、ニューヨーク市から報告された160の度重なる事例がありました。10年後には、9,000の事例が同市で報告されました。はじめの事例は、「ゲイ関連免疫不全症」(GRID)と名付けられ、非公式には、それは、ゲイの男性たちが、酵母様真菌が原因のカポシ肉腫、そして、時には、短期間で死に至る「ゲイ肺炎」の形態をとる「ゲイの癌」により死んでいく「ゲイ疾病」と呼ばれていました。


By the end of 1979, 6.6% of 378 men who had been"hepatitis B trial participants"or who had donated blood in the experiment at the Center were already HIV- positive. By 1981, it was 20%! (This was at a time when the African AIDS epidemic was unknown.) By 1984 over 40% of the trial participants were HIV-positive (Stevens et al, 1986). These infection rates were determined in 1985 when  the stored  gay blood samples were retested for HIV.

1979年の終わりまでには、そのセンターで「B型肝炎の試験参加者達」であった人達、または、血液をそのセンターで献血した378の男性たち(全体の6.6%)が既にHIV陽性でした。1981年までに、その比率は20%に達していました!(この時期にはまだ、アフリカでのAIDSまん延は知られていませんでした。)
1984年までにはその試験参加者達の40%がHIV陽性になりました。(スティーブンズ・エタル1986年)
この感染率は、1985年に保存されていたゲイの血液サンプルをHIV検査した結果、明らかになりました。


A different (non-vaccine) hepatitis B study, conducted from 1978  to  1980 at the San Francisco City Clinic, recruited a cohort of 6,705 homosexuals. By 1982, 41% of all reported AIDS cases in S.F. were from this cohort. By 1989, 75% of  the cohort was infected with HIV-and 1,479 had developed AIDS (Rutherford et al, 1990). Activist Tom Keske has posted an essay on his website entitled: "Was AIDS in the U.S. started intentionally?" He also provides an incriminating  statistical analysis linking the AIDS outbreak in San Francisco to hepatitis B vaccine experiments conducted in that city.

また別の非ワクチン・B型肝炎の研究が1978年から1980年にかけてサンフランシスコ市クリニックで実施され、6,705人の同性愛者達を募集し、その参加者の内41%が、1982年までにAIDSに感染していたことがサンフランシスコでの報告で明らかになりました。1989年までには、このグループの75%がHIVウィルスに感染し、1,479人がAIDSを発症しました。(ラザフォード1990年) 活動家のトム・ケスケ氏は彼のウェッブサイトにこういう論文を投稿しました:「AIDSはアメリカで意図的に始められたのか?」 彼はまた、AIDSのサンフランシスコでの大発生をB型肝炎ワクチン実験に関連付ける自分に不利になるような統計分析を公開しています。


In 1984, the CDC was apparently oblivious to the extremely high rate of HIV/AIDS infection in gay men who participated in the hepatitis experiments and studies, particularly at a time when the African AIDS epidemic was still largely unknown.  In  its  Morbidity and Mortality Weekly Report, dated Dec 14, 1984, the agency simply concluded the  hepatitis B vaccine was safe and that  "epidemiologic monitoring of AIDS cases and high-risk groups confirms the lack of AIDS transmission."  When later studies revealed the high incidence of HIV in these men, as noted above, there was no official comment by the CDC.

1984年、特にアフリカでのAIDS禍が未だにほとんど知られていなかった時、HIV/AIDS感染が肝炎の実験研究に参加したゲイの男性たちに非常に高い割合で起きていた事に、アメリカの疾病対策予防センター(CDC)は明らかに気づいていませんでした。1984年12月14日付けのCDCの出した週刊疾病率死亡率報告の中で、CDCはB型肝炎ワクチンは安全であると単に結論づけ、そして、更に、AIDS事例の疫学的監視とハイリスクのグループはAIDS感染がかけているという結論に達しています。後になり、数々の研究によりこれらのグループの男性たちからHIVの高い発生率が発覚した時も、疾病対策予防センターからの公的なコメントは一切ありませんでした。


To my knowledge, the CDC never  tested  the vaccine given to the men at the NY Blood center; and this CDC 1984 report is often cited to refute any connection between gay experiments and the AIDS outbreak. New York City quickly became the epicenter for   the American epidemic, and has remained so to this day, with morethat 100,000 New Yorkers living with HIV/AIDS. 

私の知る限りでは、疾病対策予防センターが、ニューヨーク血液センターでゲイの男性たちに投与されたワクチンを試験したことは一度もありませんし、ゲイの実験とAIDSの大発生との間の関係性に意義を唱えるときに、このセンターの1984年報告がしばしば引き合いに出されます。10万人のニューヨーカー達がHIV/AIDSに感染しているという更に大きな影響の元、ニューヨーク市は急速にアメリカの病気流行の震源地となり、今日までこの状況が続いています。



SIMIAN VIRUSES AND GAY VACCINE EXPERIMENTS
猿ウィルスとゲイ・ワクチン実験


According to Luc Montagnier in his book "Virus" (1999), the African AIDS epidemic did not begin until the Autumn of 1982 at the earliest. There is also no epidemiologic or sexual connection between gay cases and African AIDS cases.

ルック・モンタニエが書いた「ウィルス」(1999年)という本によると、アフリカのエイズ禍は、早く起きたとしても、1982年の秋まで起きませんでした。ゲイの事例とアフリカのAIDSの事例の間には疫学的、または、性的な関係性は何もありません。


Was HIV introduced into gay men via a contaminated vaccine? HIV is not the first simian (i.e.,  monkey or chimp) virus to infect mankind. Simian virus-40 (SV40) is a cancer-causing green monkey virus that contaminated the polio vaccine, and was injected into millions of people worldwide beginning in the 1950s. SV40 was also used extensively in animals to induce cancer tumors conducted as part of the largely forgotten Special Virus Cancer Program (1964-1980). For details of this Program, see my Internet article entitled 'Blaming Gays, Blacks, and Chimps for AIDS.'

HIVウィルスに汚染されたワクチンが原因で、ゲイの男性たちがHIVに感染したのでしょうか?HIVが人類に伝染するサルの最初のウィルスではありません。サル・ウィルス-40(SV40)は、ポリオワクチンを汚染した癌を発症させるミドリザル・ウィルスで、これは1950年代当初、世界中の何百万人といいう人々に注射されました。SV40は、忘れ去られてしまったスペシャル・ウィルス癌プログラム(1964-1980)の一部として実施され、癌腫瘍を発生させるために動物にも大々的に使用されました。このプログラムの詳細については、私のインターネットの記事「AIDSのことでゲイ、黒人、そして、チンパンジーを避難する」(Blaming gays, blacks, and chimps for AIDS)を参照してください。


There are strong connections between simian viruses and the experimental hep B vaccine, the gay participants, and the outbreak of AIDS. The vaccine given to gays was designed by Maurice Hilleman of Merck; and was "developed" by repeatedly injecting it into chimpanzees, as part of the safety testing of the vaccine. Could a chimp HIV-like virus have been transferred to the vaccine during the 65-week manufacturing process?

サル型ウィルスとB型肝炎ワクチンの実験、そして、ゲイの参加者達、そして、AIDSの爆発的発生との間には強い関係があります。ゲイの人達に注射されたワクチンはマークのモーリス・ヒルマンにより設計され、そのワクチンの安全試験の一部として、チンパンジーに繰り返し注射することで「開発」されました。チンパンジ型HIVのようなウィルスが65週間の製造工程で、そのワクチンに移動する事が起こり得るでしょうか?


Humans and chimps have 99% of their active genetic material in common. As a result, chimps are used extensively in medical research. In 1974 veterinarians produced an AIDS-like disease in chimps by taking newborn chimps away from their mothers and feeding them virus-infected cow's milk. As a result of  this  interspecies transfer of virus, the chimps died of immunodeficiency, leukemia, and pneumocystis pneumonia, later  known as the "gay pneumonia" of AIDS (McClure et al, 1974). Previously, leukemia had never been observed in chimps.

人間とチンパンジーは活発な遺伝子物質のうち99%が共通のものです。結果として、チンパンジーは幅広く医療に関する研究において使用されています。1974年獣医達がチンパンジーを使いAIDSに似た病気を作り出しました。そのやり方は、複数の母親チンパンジーから新生児のチンパンジーをそれぞれ引き離し、彼等にウィルスに汚染されたミルクを与えたのです。このウィルスの種間移転の結果、チンパンジー達は免疫不全、白血病、ニューモシスティス肺炎、後に、これらはAIDSの「ゲイ肺炎」として知られる事になる症状で死にました。(マクルーア1974年)


Also in 1974 the New York Blood Center established Vilab II, a little-publicized chimp research lab in Robertsville, Liberia, West Africa. It contained captive chimps, all of which were purposely infected with hepatitis. In 1978 Vilab began to release some chimps back into the wild and onto several islands.  The Blood Center announced the closure of the lab in 2006 and the end to chimp research. Alfred Prince,  a  hepatitis researcher and virologist at the Blood Center,  was also the Director of  Vilab  from 1975 to 2000.

1974年には、また、ニューヨーク血液センターが西アフリカのリベリアのロバーツヴィルにヴィラブ2という小さく広告に出たチンパンジー調査研究所を開設しました。そこには、実験用に捉えられたチンパンジー達が確保され意図的に肝炎に感染させられていました。1978年にヴィラブ研究所は、荒地や幾つかの島々に何頭かのチンパンジーを戻し始めました。ニューヨーク血液センターは、2006年にこの研究所の閉鎖を発表し、チンパンジーの研究も終了しました。アルフレッド・プリンス氏は、血液センターで肝炎の研究者兼ウィルス学者でもありましたが、その彼が1975年から2000年にかけてヴィラブ研究所の所長でした。


Maurice Hilleman was well aware of simian viruses contaminating vaccines, having personally discovered SV40 in 1960 in polio vaccines. In a youtube.com video entitled "Merck chief brings HIV/AIDS to America," posted by prolific AIDS origin researcher Leonard G Horowitz, Hilleman is recorded telling his colleagues, "I brought African greens [monkeys] in. I didn't know we were importing AIDS virus at the time" [i.e., between 1970-1974]. His colleagues are heard laughing. Someone says, "It was you who introduced AIDS virus in."  This shocking interview, conducted by Edward Shorter for WGBH public television, was cut from the TV documentary, based on Shorter's book "The Health Century" (1987), due to liability issues, undoubtedly reflecting poorly on Merck where the vaccine for gays was developed. Hilleman's assertion gives credence to the "conspiratorial" view that  the most likely source of an AIDS-causing simian immunodeficiency virus (SIV)  virus was from a laboratory, and not from the wilds of Africa.

モーリス・ヒルマンは1960年にSV40ウィルスをいくつかのポリオワクチンの中に個人的に発見した経験があり、サル型ウィルスを含んでいる数種類のワクチンの事は良くわかっていました。多数の作品を残すAIDS起源の研究者であるレオナルド・G・ホロウィッツにより投稿されたYoutube.comのビデオ「マークの所長がHIV/AIDSをアメリカに持ってきた」(Merck chief brings HIV/AIDS to America)の中では、ヒルマンが彼の同僚たちにこう話しているのが記録されています…「私がアフリカのミドリザルを持ち込んだんだ。その当時、AIDSを輸入していたとは知らなかったんだ。(言い換えれば、1970〜1974年の間)そして、彼らの同僚達が大声で笑っているのが聞こえます。誰かがそして言います、「AIDSウィルスを持ち込んだのは君だったんだよ」。ボストンのWGBHテレビ局主催のエドワード・ショーターがホスト役を務めたこの驚くべきインタビューは、ショーターの書いた本、「ザ・ヘルス・センチュリー(世紀)」(1987年)によると、ゲイに投与したワクチンを開発したマーク社の評判を落とすという理由で、責任諸問題のためにドキュメンタリーのテレビ番組からカットされてしまいました。ヒルマンの主張は、「十中八九、AIDSの原因となるサル免疫不全ウィルス(SIV)のウイルスの出処は研究室からであり、アフリカの荒野からではない」という「共謀の」見解に証拠を提示することになりました。


The close timeline between  the  hepatitis B vaccine trials, as well as the high incidence of HIV/AIDS in the participants,  and the outbreak of the "gay plague" can hardly be denied. There are few sources, outside of medical journal reports, that reveal details of the experiment. The best source is June Goodfield's "Quest for the Killers" (1985), in a chapter entitled 'Vaccine on trial.'  She emphasizes the dangerous aspects of the vaccine experiment, due to the pooling of the blood, as well as the concern regarding possible contamination of the vaccine. Hers is the only source  revealing   that some of the vaccine was made by the National Institutes of Health (NIH). "Was something wrong with the vaccine, possibly contamination? This was no theoretical fear, contamination having been suspected in one vaccine batch made by the National Institutes of Health, though never in Merck's."

B型肝炎ワクチンの試験も参加者達の中でのHIV/AIDSの高発生率も、、そして、「ゲイの疾病」の突発との間の互いに接近した時系列はほとんど否定出来ません。医療関係のジャーナル・レポートの他には、その実験の詳細を明らかにする情報源はほとんどありません。一番良い情報源は、ジューン・グッドフィールドの「殺人者達の探求」(1985年)の「試験的に使われたワクチン」という題名が付けられた章の中にあります。彼女は、その血液滞留やワクチンが可能性として汚染されていたのではないかという懸念などから、そのワクチンの実験の幾つかの危険な側面を強調しています。ここにあるのは、そのワクチンの一部は米国の国立衛生研究所により造られた事を明らかにする唯一の情報源です。「そのワクチンには何かまずい点があったのでしょうか?恐らく、汚染されたのでしょうか?仮想の話での恐怖ではなく、マーク社が作ったワクチンの中では決してなく、国立衛生研修所により造られた1つのワクチンの束の中が汚染されたのではないかと言うサル型ウィルスを広範囲に結合させ、ハイブリッド・ウィルスを作疑いがかけられているのです。」



THE SIMIAN VIRUS ORIGIN OF HIV
HIVのサル型ウィルスの起源


Determining the simian ancestry of HIV is not the same as determining the origin of the AIDS epidemic in America. HIV is emphatically a "new virus" in humans, although its origin in simians may be ancient. The American AIDS epidemic clearly began in the late 1970s. The purported African  origin of American AIDS is largely based on the genealogy of the AIDS virus in Africa. I could never understand why scientists never looked for a simian ancestor of HIV in the various primate virus labs and primate colonies in the U.S.

HIVのサルの起源を見つけ出すのは、アメリカでのAIDS禍の起源を見つけ出すのと同じではありません。HIVは、サルにおいてはその起源は古代にあるのかも知れませんが、人間の場合では全く「新しいウィルス」です。アメリカのAIDS禍は1970年代末に明らかに始まりました。アフリカに起源があると言われているアメリカのAIDSは主としてアフリカのAIDSウィルスの系譜を元にしています。何故、科学者たちがアメリカの様々な霊長類のウィルス研究所や霊長類の居住地を調査しなかったのか私は全く理解出来ません。


The simian "roots" of HIV depend on who is doing the genetic analysis. Some researchers claim that HIV has been circulating in humans since the 1930s, others date it back a century or more. A   new "phylo-geographic" study suggests monkey SIVs are ancient and date back 32,000 to 75,000 years (Worobey et al, 2010).

HIVのサルの「先祖」は誰が遺伝子の分析をしているかに関わってきます。ある研究者達の主張では、HIVは1930年代から人間の間で循環し続けていると言われており、また、他の研究者達の主張では、一世紀かそれよりも長い間昔にまで遡ると言われています。新しい「系統地理学的」研究では、サル免疫不全ウィルスは古代からのもので、3万2千年から7万5千年にまで遡るとしています。(ウォロベイ、2010年)


The public was  first  told  that HIV originated in Africa in green monkeys. This changed in 1999 when a SIV  found  in  chimpanzees was  widely accepted as the closest ancestor virus of HIV (Gao et al, 1999). Four years later, geneticists reversed themselves again, claiming  HIV "didn't start its life in chimps"  but arose through hybridization of two monkey strains of SIV that recombined in the chimpanzee host (Bailes et al, 2003). In other words, the ancestors of HIV were a mix of monkey immunodeficiency viruses transferred into chimps, which subsequently recombined to form a new hybrid virus with mixed genetic material. By the way, chimps are considered apes, have bigger bodies than monkeys, and   are most closely related to humans. Monkeys have tails and are structurally closer to four-legged animals like cats and dogs.

一般大衆は、はじめHIVはアフリカのミドリザルから発生したものであると言われていました。1999年に、チンパンジーの中から見つかったサル免疫不全症候群(SIV)が、HIVの最も近い先祖ウィルスとして幅広く受け入れられた時に、その説明は変わりました(ガオ1999年)。それから四年後、遺伝学者達は彼等の説明をまた覆しました。その時の主張は、HIVは「その命がチンパンジーの中で始まった」のではなく、2つの違うサル型種族のサル免疫不全症候群が交配し、それらがチンパンジーの宿主の中で再結合して発生したというものでした。(ベイルズ2003年)言い換えれば、HIVの祖先は複数のサル免疫不全症候群ウィルスがチンパンジーの中に持ち込まれ、その後、それらが再結合して、新しいハイブリッド・ウィルスを結合した遺伝物質により形成し、誕生したものであるということです。ところで、チンパンジーは類人猿と考えられていますが、サルよりも大きな体をしており、人間に最も密接な種であります。サルは尻尾があり、構造的には四足動物、例えば、猫や犬などに近いです。


Lost in all this conflicting genetic mumbo-jumbo, that few people can comprehend (including myself),  was the fact that  extensive mixing of simian viruses and the creation of hybrid viruses was going on for years in labs  around the world in the years immediately preceding AIDS. This, in fact, is the basis of the AIDS "conspiracy theory,"  which  proposes  that  the ancestor of HIV most likely originated in animal species transfer experiments in a virus laboratory. Yet  this explanation is never considered by scientists. These genetic studies  of  HIV origin, widely  reported in the major media, continue to reinforce  the public perception that HIV/AIDS started in Africa.

ほとんどの人達が、私も含めて、理解できないこの相反する遺伝学的なでたらめな話に埋もれていたのは、サル型ウィルスを広範囲に結合させ、ハイブリッド・ウィルスを作り出す試みが、AIDSの直前に先行して、世界中の研究室の中で何年にもかけて行われていたということです。これが実は、AIDSの「陰謀説」の中心となります。この説は、HIVの祖先は十中八九、ウィルスの実験室の中で動物種の移転実験の中から来たものだと説明しています。しかしながら、この説明は一度も科学者達により検討されていません。これらのHIV起源の遺伝的諸研究は、幅広く、主要なメディアで報道され、HIV/AIDSはアフリカで発生したという一般大衆の認識を強めています。


There is no attempt made here to fully explain the origin of the horrible outbreak of AIDS in Africa beginning around 1983. This will up to future medical historians to unravel. Suffice it to say that sub-Saharan Africa has been the testing ground for pharmaceuticals and vaccines for many decades, and for massive vaccine programs with reuse of needles which could also spread HIV from person to person.

1983年ごろに始まったアフリカの恐ろしいAIDSの発生の起源についてここで説明しようとする試みは何もありません。これは将来にかけてこの問題を解明しようと試みる医学歴史家達を増やすでしょう。サハラ以南のアフリカは薬剤とワクチンのための実験台として何十年にもわたりずっと利用されてきており、また、大規模なワクチンプログラムのために注射針を再利用されてきたのが、HIVを人から人へと広げていった原因ともなっています。


In "AIDS and the Doctors of Death" (1988), I mentioned a London Times explosive front page article connecting AIDS to extensive vaccine programs in Africa, and entitled "Smallpox vaccine triggered AIDS virus" (May 11, 1987). Robert Gallo, the co-discoverer of HIV, was quoted as saying, "The link between the WHO program and the epidemic is an interesting and important hypothesis. I cannot say it actually happened, but I have been saying for some years that the  use  of live vaccines such as that used for smallpox can activate a dormant infection such as HIV. "The full Times  story never appeared in the major media in the U.S., but is available online.

AIDSと死の医者達」(1988)の中で、ロンドンタイムズのAIDSをアフリカでの大規模なワクチンプログラムに関連付ける爆発的な前面記事を引き合いに出したことがあります。この記事は「天然痘ワクチンがAIDSウィルスの引き金となる」(1987年5月11日)という表題が付けられていました。ロバート・ガロは、HIVウィルスの共同発見者でしたが、彼がこのような事を言ったと伝えられています…「WHOブログラムと病期の大流行との間の因果関係、または、つながりは、面白いもので、重要な前提となります。私はそれが現実に起きたとは言えませんが、しかし、何年もの間、「例えば天然痘のために使われたワクチンのような生ワクチンの使用は、HIVなどの潜伏感染症を活性化出来る」と、私はずっと言い続けています。このタイムズに掲載された記事はアメリカの主要なメディアには全文で掲載されることは決してありませんでたが、インターネットでは閲覧することが出来ます。


Researchers have known for a long time that the particular strain of HIV that infected American gays  is "subtype B." The prevalent strains in Africa are different, again suggesting that American AIDS cases did not come from Africa cases. Unlike some strains in Africa, which date back to the 1930s, a recent study by Perez-Losada at al (2010), indicates "subtype B" is quite new, dating back to around 1968, a decade before the hep B experiment. Max Essex claims the American B strain has an affinity for anal tissue and is  more  easily transmitted by homosexual contact and intravenous drug use, whereas the HIV subtypes in Africa tend to fuel heterosexual epidemics via a vaginal mucosal route.

研究者達はアメリカのゲイの人達が感染した特定のHIV菌株は「亜類型B」であることを以前から知っています。アフリカで流行している複数の菌株は違うものになります。これは、アメリカのAIDSの事例はアフリカのAIDSの事例から派生したものではないことを意味しています。1930年代にまで遡るアフリカでの幾つかの菌株とは違って、ペレズ・ロサダ(2010年)の最近の研究では、「亜類型B」はB型肝炎の実験よりも10年前の1968年頃にまで遡る全く新しいものである事を示しています。マックス・エセックスは、アメリカのB型菌株は肛門組織との親和性を持ち、同性愛者との性的接触や静脈麻薬の使用により容易に感染しやすいのに反して、アフリカのHIV菌株は膣の粘膜経路を通して異性愛者の病気のまん延を増幅させる傾向にあります。


・・・続く

posted by ふーもあ at 22:12| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。