2012年10月02日

人生何が起きても幸せでいよう。弥勒菩薩ラエルは楽園主義を推奨




 米CBSテレビの番組「60ミニッツ(60 Minutes)」が行ったインタビューの中でシュワルツェネッガー氏は、浮気相手だったバエナさんの息子ジョセフ君が7〜8歳になった頃、見た目が自分に似ていることに気付き、あえて何も言わずに母親への経済的支援を始めたと語った。

 バエナさんは解雇されることなく家政婦として働き続け、ジョセフ君は一家の子供たちと一緒に遊んでいた。だが、次第に疑いを持ち始めたシュライバーさんは夫が州知事の任期を終えた翌日、結婚カウンセラーに会った際に夫に事実を問いただした。

「ねえ、ジョセフはあなたの子だと思うんだけど」と率直に切り出したシュライバーさんに対し、シュワルツェネッガー氏は「全く君の言う通りだ」と答えたという。シュライバーさんはこの数週間後に離婚の申し立てを行った。

「(妻との)関係の中で私がした最も愚かなことだったと思う。ひどいことをした。マリアに並々ならぬ苦痛を与え、子供たちもひどく傷つけてしまった」



シュワちゃん、人生はハッピーだ!











posted by ふーもあ at 21:43| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸福 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。