2012年07月17日

民主主義後のアフガニスタン2。弥勒菩薩ラエルは帝国主義を無くし楽園主義を人類の社会に導入を主張!





民主主義後のアフガニスタン2。弥勒菩薩ラエルは楽園主義を主張。



民主主義のアメリカがアフガニスタンにやってきた後、アフガニスタンはどう変わったでしょうか?


民主主義後のアフガニスタン
Afghanistan after "Democracy"

URL :http://www.afghanistanafterdemocracy.com/


Afghanistan after democracy: the untold story through photographic images" is the story of suffering of the Afghan people. This book exposes the lies of the Bush administration about the post-Taliban Afghanistan, and the disaster brought upon Afghanistan by the United States of America and her allies. It exposes democracy as the buzz word for the neocolonial adventure of the US. The claims of reconstruction in Afghanistan is nothing but a total fraud. It exposes the failure of the US government at all levels in Afghanistan. Finally, it exposes the genocide committed by the US government through the use of uranium weapons and the consequences of these weapons of mass destruction particularly congenital deformities.

民主主義後のアフガニスタン:写真の映像を通して言葉では語れない話は、アフガニスタン人の苦痛の話です。この本は、タリバン政権後のアフガニスタン、そして、アメリカ合衆国とその同盟国であるNATO加盟国によるアフガニスタンへもたらされた大惨事について、ブッシュ政権がついた嘘の数々を暴露しています。それは、合衆国の新植民地主義の冒険に対する専門的な響きを持つ流行語として民主主義をさらけ出しています。アフガニスタンにおける復興という主張は、単なる完全な詐欺でしかない。ウラニウム兵器の使用を通して、そして、特に先天的奇形などの大量破壊のこれらの兵器が引き起こした結果を通して、合衆国政府による集団殺戮を暴露しています。


Large percentage of the earning from this book would be spent toward projects in Afghanistan. Particularly, my hope is to build a hospital with an adjacent research facility.
The book is now available through this web site and will be shipped to you expeditiously.

この本の販売により得られた利益の大部分はアフガニスタンでのプロジェクトに対して利用されます。特に、私の希望は、すぐ近くに研究所施設がある病院を建設することです。



アフガニスタンでの犯罪の継続。弥勒菩薩ラエルは戦争を止めるよう主張


戦争をやめ、世界を楽園主義の社会にしなくてはいけません。



posted by ふーもあ at 08:07| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アフガニスタン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/281438069
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック