2012年01月02日

月に宇宙人は来ている。弥勒菩薩ラエルは宇宙人エロヒムに公式に選ばれたメッセンジャー。Maitreya Rael - the Last Messenger Officially Chosen by the Extra-terrestrials "Elohim"



宇宙人は地球に来ている。
弥勒菩薩ラエルは宇宙人エロヒムが
人類を創造したと言う



管理人: 月に言った宇宙飛行士は非常に巨大な宇宙基地を地球と反対側の月の表面に見つけたということがよくテレビや雑誌などで知られています。
また、最近YouTubeのビデオで、宇宙飛行士が大気圏近くの国際宇宙ステーション(International Space Station<略称:ISS>)で作業をしている時に、UFOを一日に何度も目撃している様子が紹介されていました。そのUFOの事を宇宙飛行士達は「お客さんがまたきた」と言って話します。

これからわかることは、宇宙人は頻繁に地球に訪れていて、おそらく、月は宇宙人の中継基地として大昔から利用されているのでしょう。すると月には非常に多くの実在の宇宙人が建造した人工物や彼らの巨大な宇宙船が、月面の裏側にたくさん見つかるのではないかと思います。


We should scour the moon for ancient traces of aliens, say scientists
科学者達は宇宙人の残した痕跡を求め月を調査するべきです。

Note; The English version follows the Japanese translation.
URL: 
http://www.guardian.co.uk/science/2011/dec/25/scour-moon-ancient-traces-aliens

ネットのボランティアたちに宇宙人のテクノロジー、採掘の証拠、そしてごみの山を月面写真の中に見つける任務を与えてはどうだろう。
イアン・サンプル、科学記者
http://www.guardian.co.uk
2011年12月25日、日曜日、16:31 GMT


もし科学者達が計画したプランが前進すれば、何十万もの月面写真が調査され、宇宙人がかつて私たちの宇宙のご近所に訪れていた動かぬ証拠の数々を発見するでしょう。

More Stunning NASA UFO Anomalies Caught on Film
更に驚くべき多種多様なUFOがNASAのフィルムに撮影された!





通りすがりの宇宙人たちは埃っぽい月面上にメッセージや科学的な道具、そして沢山のごみの山、または、採掘口の痕跡を残しているかもしれません。そして、これらが人間の望遠鏡や衛星軌道を周回する宇宙船により発見される可能性もあります。

もちろん遠い昔の宇宙人たちの使った道具類などを発見する機会は並外れて少ないでしょうが、何かを発見する可能性の重要性を考慮すれば、科学者達は月面写真のコンピューター検査、または、多くの熱狂的なアマチュア達による集団調査が宇宙人の存在を証明するに少ない費用で有効的であろう。

アリゾナ州立大学のポール・デイヴィズとロバート・ワグナー教授は、科学者により調査のために収集された月面写真とその他の情報が宇宙人の来訪の印を探すために分析されなくてはいけないと述べています。

ワグナー教授の提案は、そのほかの宇宙生命体の探求、例えば、宇宙人の文明により宇宙に発信されたメッセージを求めて、電波望遠鏡を使ってデータを収集する団体「地球外知的生命体探査協会(Seti)」などが行う探求を補う目的を持っています。

アクタ・アストローニカ(宇宙航行の公式記録)と言うオンライン・ジャーナルに科学者達は、以下のようなコメントを書きました……「宇宙人の技術が月面に遺跡の形で、または、月面の表面の形状変化の形で彼等の痕跡を残した確率がごくほんの少ししか無いとしても、月は地球の直ぐそばにあり、また、痕跡を遥かに長い期間保存してくれる利点があります。」

そして、彼等はこう付け加えます─「高度な技術を使って手を加えた痕跡を探すためにデータをスキャンするのに費用がほとんどかからないのならば、たとえ宇宙人のテクノロジーを発見する可能性がきわめて小さいとしても、それを試みて失うものは何もないでしょう。」

現在科学者達はNASAの月面ルネサンス軌道船(Nasa's Lunar Reconnaissance Orbiter (LRO))に集中しています。2009年中頃からこの軌道船は高解像度で月面の4分の1の地図をつくりました。これらの写真の中で、科学者達はアポロの着陸地を見つけることができ、NASAやソヴィエトの無人宇宙船の全てを発見しました。これらのいくつかは、その奇妙な形の影を発見してわかりました。

NASAは34万以上のLROの画像を公開しています。しかし、その数字は月の軌道を周回する軌道船が月面の全表面の写真を撮り終えた頃には100万枚を越えるでしょう。「小さなチームで手作業で探すのは成功の見込みがないことは明白だということが、この数字からわかります。」と、科学者達は書いています。

画像の全てをスキャンする作業には、奇妙に見える外観、例えば、ソーラー・パネルの明確な線、または、埃をかぶった採石場やドーム型のビルの輪郭などを検出できるソフトウェアを書く事も含まれます。これらの人工物はそれらが建造された時から何百万年もの年月が流れた後も姿が見えている状態です。何故なら、月面は地質学的に活動をしていない状態で、非常にゆっくりと変化していくからです。

NASAのアポロ12号の地震計は一ヶ月にたった一回の衝撃を半径350km範囲内の約グレープフルーツの大きさの隕石から検出しました。デイヴィーズ氏とワグナー氏によると、数10m四方の大きさの物質が月面上の土壌やこれらの隕石からくる振動により舞い上がる埃の中に埋まってしまうには、数臆年もの時間がかかってしまうそうです。

もう一つの方法として、数万人のアマチュアの熱狂的な人達にインターネットを介して画像を送り彼等に画像の解析を依頼することです。しかし、この場合何が普通でない宇宙人が残した姿形であるかについて意見が分かれるでしょう。
  
一番見つけるのに簡単な人工物は、故意に後に残されたメッセージです。「それはカプセルのなかに入れられて、月面の高地にあるティコ(Tycho)のような新しい大きなクレーターの中に残されているかも知れません」と、科学者達は書いています。そして、彼等は「いくつかの長期間もつメッセージは地中の中に月面の表面を突き抜けて電波を発信するような発信器と一緒に埋められているかも知れません」と、付け加えています。

月の暗い玄武岩質の岩盤の下の地下の溶岩洞のネットワークの中で、宇宙人は月の基地を設置し、彼等が立ち去ったときにゴミを置き忘れて言ったかも知れません。「溶岩洞が居住地として魅力的の要因は、宇宙人に残されたいかなる人工物もほぼ無期限に、損傷せず、地中にも埋もれずにいる事を示しています」と、科学者達は書いています。



管理人:

宇宙人が月に何かのメッセージを残しているかも知れないと、科学者たちが書いていたようですが、実は、私達に既に宇宙人から人類へ向けたメッセージが伝えられて身近にそのメッセージがあるのを見落としているようです。彼等は何も地球の周回軌道上にある月を観察したり月までいく必要はないのです。

そのメッセージを人類に託した宇宙人は、「エロヒム」(Elohim)とよばれています。エロヒムは、古代ヘブライ語で「天空より飛来した人々」と言う意味になり、複数形で、一人のエロヒムを指すときは「エロハ」(ELOHA)と言う単数形の単数形の言葉で呼ぶそうです。
エロヒムは地球人のために彼等のメッセンジャー(エロヒムの大使)ラエル(弥勒菩薩ラエル)を選び1945年に誕生させました。

そして、年月がたち、1973年、弥勒菩薩ラエルはエロヒムから人類に託したメッセージを受け取りました。このメッセージの中に人類に託した非常に重要な内容が書かれています。

彼らは私達を創造して以来、ずっと地球に訪れています。

私個人の推測ですが、このことを考えると、エロヒムが月を彼等の中継ステーションとして利用している可能性もあるかもしれませんね。

私達は宇宙人エロヒムのメッセージを理解して、人類の社会を平和にしなくてはいけません。エロヒムはそうなるように地球人を見守っています。だから、こんなにたくさん、何回もUFOが地球を訪れているのです。そして、彼等は私達を攻撃しません。つまり敵意は全くないのです。その反対に彼等は私達の事をとても愛しています。

更に詳しく知りたい方は、こちらまでどうぞ。


人類社会を平和にするための新しい社会システムとは?
楽園主義
http://www.paradism.org/index_ja.html


( ´ ▽ ` )ノ
* English starts from here.

We should scour the moon for ancient traces of aliens, say scientists

URL: http://www.guardian.co.uk/science/2011/dec/25/scour-moon-ancient-traces-aliens

Online volunteers could be set task of spotting alien technology, evidence of mining and rubbish heaps in moon images.

Ian Sample, science correspondent guardian.co.uk,
Sunday 25 December 2011 16.31 GMT
Article history


Hundreds of thousands of pictures of the moon will be examined for telltale signs that aliens once visited our cosmic neighbourhood if plans put forward by scientists go ahead.

Recently I found this interesting video about UFO's with ISS.


Passing extraterrestrials might have left messages, scientific instruments, heaps of rubbish or evidence of mining on the dusty lunar surface that could be spotted by human telescopes and orbiting spacecraft.

Though the chances of finding the handiwork of long-gone aliens are exceptionally remote, scientists argue that a computerised search of lunar images, or a crowd-sourced analysis by amateur enthusiasts,
would be cheap enough to justify given the importance of a potential discovery.

Prof Paul Davies and Robert Wagner at Arizona State University argue that images of the moon and other information collected by scientists for their research should be scoured for signs of alien intervention.

The proposal aims to complement other hunts for alien life, such as the Search for Extraterrestrial Intelligence (Seti), which draws on data from radiotelescopes to scour the heavens for messages beamed into space by alien civilisations.

"Although there is only a tiny probability that alien technology would have left traces on the moon in the form of an artefact or surface modification of lunar features, this location has the virtue of being
close, and of preserving traces for an immense duration," the scientists write in a paper published online in the journal Acta Astronautica.

"If it costs little to scan data for signs of intelligent
manipulation, little is lost in doing so, even though the probability of detecting alien technology at work may be exceedingly low," they add.

The scientists focus their attention on Nasa's Lunar Reconnaissance Orbiter (LRO), which has mapped a quarter of the moon's surface in high resolution since mid-2009. Among these images, scientists have already spotted the Apollo landing sites and all of the Nasa and Soviet unmanned probes, some of which were revealed only by their odd-looking shadows.

Nasa has made more than 340,000 LRO images public, but that figure is expected to reach one million by the time the orbiting probe has mapped the whole lunar surface. "From these numbers, it is obvious that a manual search by a small team is hopeless," the scientists write.

One way to scan all of the images involves writing software to search for strange-looking features, such as the sharp lines of solar panels, or the dust-covered contours of quarries or domed buildings. These might be visible millions of years after they were built, because the moon's surface is geologically inactive and changes so slowly.

The seismometer on Nasa's Apollo 12 mission detected only one impact per month from roughly grapefruit-sized meteorites within a 350km radius. According to Davies and Wagner, it could take hundreds of millions of years for an object tens of metres across to be buried by lunar soil and dust kicked up by these impacts.

An alternative approach would be to send tens of thousands of amateur enthusiasts images over the internet for examination, though this could lead to disagreements over what constituted an unusual, and potentially alien, feature.
  
The easiest artefact to find would probably be a message left behind intentionally. This might be held in a capsule and left in a large fresh crater like Tycho in the moon's southern highlands, the scientists write. Some longer-lasting messages could be buried at depth but fitted with transmitters that penetrate the lunar surface, they add.

Alien life might once have set up a lunar base in the underground networks of lava tubes beneath the moon's dark, basaltic plains, and perhaps have left rubbish when they departed. "The same factors that
make lava tubes attractive as a habitat imply that any artefacts left behind would endure almost indefinitely, undamaged and unburied," the scientists write.


Scientists try to find the traces of Aliens by examining the photos taken of the moon, expecting to find some messages contained in a box or something under the surface of the moon. However, the answers, which they had been looking for, actually have been really near us. They do not need to look for them on the photos, nor do not even go to the moon to find them, because the answers have already been given to a man -- Rael -- by one of the extra-terrestrials called "Elohim" in 1973.

In 1973, in France, Rael received messages from the Elohim regarding the origin of humanity, the hidden truths in the Bible, meditation, geniocracy, future of humanity, etc.. According to a part of the messages, the word "Elohim" is a Hebrew word for God in English, which means "those who came down from the sky" in ancient Hebrew with its singular noun being "Eloha", which means "one who came down from the sky." This means that it is not God that created us in His image, but those who came from the sky that created us in THEIR image. And, the most important thing is that they created us SCIENTIFICALLY from the synthesized DNA's in a laboratory 13000 years ago.

The Eloha asked their messenger Rael to diffuse the messages throughout the world, and build the Embassy where the Elohim will be welcomed at the time of their coming back to the earth officially.

These messages reveal the origin of mankind, and give us advices on how to make our societies peaceful. Rael says to us that, when all the arimies disappear from the whole planet earth, our creators will come back to the earth officially.

Please also go to this site - Paradism. This site explains the ideal societal system to introduce to the societies of the humanity by replacing the current ones such as democracy, socialism, communisum, etc..

The Elohim will come back to the earth, at the earliest time, by 2025..., or at the latest time, 2035.

Our future is up to our level of intelligence, love, and actions. Do you want to choose to enter a peaceful world, when there is no labor, banks, monetary system, wars, etc., or the end of humanity's era, when we will self-destroy by the World War III.

It is our choice.


http://www.rael.org/

posted by ふーもあ at 10:11| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。