2011年10月07日

東京の明治公園で6万人を超える大規模デモ行進、世界が変革すると弥勒菩薩ラエル No.2

この日記をお読みになるまえにこちらの日記「東京の明治公園で6万人を超える大規模デモ行進、世界が変革すると弥勒菩薩ラエルが言う。」を先にお読みになってから、以下の日記をお読みください。 人間の社会が助かる唯一の方法は、この世界中に波及していく大抗議運動をさらに進めて、政府を崩壊させ、宇宙人エロヒムが弥勒菩薩ラエルに伝えた天才政治という政治の仕組みで世界政府を作るしかないと思います。 天才政治については、こちらのサイトで無料の電子書籍「天才政治」をダウンロードできます。 大江健三郎さんら脱原発訴え 都心で6万人参加デモ 朝日新聞は、人数はこのデモ集会の主催者の数字、六万人を伝えています。 日本でこの抗議運動がさらに発展して行き、新しい世界政府に移行して行く事を期待しています。 自分が政府に訴えたいことと言えば………
国民を、市民を、外国の滞在者、労働者のすべての人たちに安全な生活を保証すること。 私達の生活のために、すべての原発を廃炉にすること。 知性のあるものに政治を行う権限を与えるように政府の構造を改造する。 原発と政治の癒着をなくすこと。 金と政治の癒着をなくすこと。 国民の命を第一に考えて、福島県の住民を安全な場所に避難させ、彼らの仕事と生活を保証すること。 その他の県で、放射能汚染が起きている場所は、低い放射能汚染も含めて、適切な対策を行うこと。 土地の、草地の除染を行うこと。 フランスのアルバ社の汚染水浄化装置を使うのをやめ、日本国内の優秀な技術を安価な値段で使い、そこで生まれる余剰分の資金を日本全国の汚染土壌の除染作業に当てる。 日本の科学者に体内被爆した場合の体内の放射性物質を中和する方法を研究させ、それにより考案された手段を用いて、被爆した人たちの健康を取り戻せるように治療する。 海外のアジア諸国に対して、原発の援助をするのをやめてください。同じ災害が海外でも起きる可能性を増やさないでほしい。 日本でこれから行う除染作業や体内被爆の治療法で、よい結果を生んだものは、海外で同じような事で困っている人たちにも行ってほしいです。そうすることで、世界中の人たちが健康を取り戻せますし、環境が人間が安心して住める安全な状態に戻ります。
日本の政府は、構造的に知性の高い人達に制作を行う権利が与えられないような仕組みになっています。それを根っこから変革しないとよい社会は生まれないでしょう。 宇宙人エロヒムのメッセンジャーの弥勒菩薩ラエルは、欧州で始まった大抗議運動が世界に今年中に世界中に波及して、世界中の政府から権力を奪い、パラダイスの社会に変革していくとはなしています。 今、私達は立ち上がるときかも知れません。そうしなかったら、恐らく人類は近い将来滅びてしまう危険性があります。
宇宙人エロヒムのメッセージ http://www.rael.org


posted by ふーもあ at 01:18| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 原子力発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。