2011年02月23日

フィリピンの火山噴火、そして、ニュージーでは地震が発生!

フィリピンで、21日に火山の噴火がありました。
【2月22日 AFP】フィリピン北部ルソン島最南端のソルソゴン(Sorsogon)州にあるブルサン(Bulusan)火山(1559メートル)で21日、大規模な噴火があった。  噴火発生時は午前中だったが、火山灰の影響で周辺は約20分にわたり夜のように暗くなった。噴煙は上空2000〜2500メートルに達し、周辺の丘陵地帯にある3つの農村の住民約2000人が避難している。政府はブルサン火山から半径4キロを立ち入り禁止区域とした。(c)AFP
そして、22日にはニュージーランドでは地震です。 ニュージーランドでM6.3の地震、懸命の救助作業続く 以下は、その内容のあらましです。 ↓↓↓
この地震は、 昨年9月にも大きな地震に見舞われたニュージーンランド南島のクライストチャーチ(Christchurch)で起きました。 場所      :ニュージーランド、クライストチャーチ 発生日     :2月22日 発生時刻    :地震発生時刻は現地時間22日午後0時51分(日本時間同午前8時51分) マグニチュード :(M)6.3 死亡者     :65人 震源地     :クライストチャーチ郊外5キロの深さ4キロ付近  地震発生時、昼食の時間帯でたくさんの人がいた市中心部は突如、がれきの山と化した。地震発生直後の現地テレビでは、オフィス街でパニックに陥った人びとが、潰れた車両の間を逃げまどう様子が放送された。警察によると現在は、市中心部にいた人は退避している。路面は亀裂が入ってめくれあがり、がれきに車両が埋もれている。  建物の倒壊は広範囲に及んでいる。同市の象徴である大聖堂の尖塔は折れ、カンタベリーTV(Canterbury TV)の建物は全壊した。クライストチャーチの空港は閉鎖された。  同市では昨年9月4日にもM7.0の地震が発生  この時に弱くなっていた多数のビルが崩壊したとみられる。クライストチャーチ市のボブ・パーカー(Bob Parker)市長は5日間の非常事態を宣言  公共の安全を確保し、救急隊が円滑に活動を行えるよう市中心部は封鎖 ■夜になっても多数ががれきの中に…  クライストチャーチ上空にはヘリコプターが飛来し、クレーンを使って損壊したビルにいた人を救出する作業も行われたが、夜になっても多くの人が損壊した建物から出られずにいる。  キー首相によると、オーストラリアと米国からの救助隊も現場に向かっているほか、シンガポール、イスラエル、欧州連合(EU)からの援助物資も続々と届いている。
宮崎県の新燃岳の地震、そして、フィリピンの火山の噴火、そして、ニュージーランドの地震。これらは一連の関係しあった出来事のようにも思えますが。 Major Earthquake has hit Christchurch, New Zealand ニュージーランド、クライストチャーチを地震が襲った! http://www.youtube.com/watch?v=BfcWraeZvcw ニュースで放映されたものです。↓ Massive 6.3 New Zealand earthquake kills dozens in Christchurch クライストチャーチでM6.3の地震が発生
posted by ふーもあ at 00:21| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/278102487

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。