2015年04月18日

イスラム国がイラクの最大製油所の一部占拠。弥勒菩薩ラエルは全ての戦争を否定



イスラム国というのは、アメリカが中心に支援しているのですから、イラクの最大の製油所の一部をイスラム国が占拠したというのは、そこからイスラム国のメンバーを通じてアメリカがその製油所の利権を獲得すれば、アメリカの経済が潤うということでしょう。

これ以上、アメリカに経済的に潤って欲しくないのですが。

日本がアメリカから自由になれるにはどうすれば良いのか・・・

今、『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』(矢部宏治)を読んでいます。これを読めば読むほど、日本はアメリカに完全に支配されてしまっているというのがわかってきて、それを政治的に解決するのは非常に難しい事がわかってきました。何故なら、アメリカに支配されている政治構造のなかで解決しようとすると、アメリカのスパイ政治家達に通報されてしまい、アメリカに先読みされて、アメリカが検察などを使ってアメリカに好ましくない政治家の動きを止めるなどの方法で必ず邪魔されるからです。もしくは、自殺に見せかけて政治家を殺すとか。



アメリカが日本を支配出来ないようにする方法を考えなくてはいけません。

また、日本中の市民にアメリカがどのように日本の政治家をCIAを通じて買収し、日本の政治をコントロールしてきたか知らせることで、アメリカに反対する大きな市民の運動を起こさなくてはいけません。





posted by ふーもあ at 16:14| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。