2014年12月31日

警察の蛮行に全米で何千もの抗議者が行進。弥勒菩薩ラエルは人類社会を変革するのは市民の革命だと言う



Brooklyn Bridge Blocked: Anti-police brutality protesters swarm NYC
ブルックリン・ブリッジが閉鎖:警察の蛮行に反対抗議する者達が、ニューヨーク・シティーで大群になる


これは以下の記事には掲載されていませんが、時期的にこの記事のテーマになっている抗議行動の一つだと思います。


‘Millions March’ rallies roll through US demanding justice for police violence victims
警察の暴力の被害者達への正義を要求する「何百万人の行進」集会が全米を駆け巡る


これも記事にはないビデオですが、記事のテーマの警察の暴力に対する市民の抗議行動です。
凄い人だかりですね。日本ではこれほどまでには市民は行動にうつしません。日本が本当に
良くなるには市民の行動力が必要だと思います。

日本では、不正選挙は横行し、政府は強引に憲法の解釈をねじ曲げ、自衛隊を軍隊に変えよう
としています。特定秘密保護法案を強引に作り、情報が正しく市民に伝えられていません。
武器・兵器を製造する方向に進んでいて、武器を海外に輸出さえしようとしています。この
ような日本の政治は明らかに米国のシオニストに支配・命令されているとしか考えられません。

私達市民は、アメリカの市民のように力強くはっきりと、政府に対して戦争反対、言論の自由
その他、公正・公平・平和を推進する政治をするように要求していくべきです。


‘Wake Up!’ 1000s take to streets across US protesting police brutality
「目を覚ませ!」全米で何千人もの人たちが通りに押し寄せ警察の蛮行に対して抗議

Published time: December 28, 2014 10:27
Edited time: December 28, 2014 11:54

URL:http://rt.com/usa/218159-usa-anti-police-demonstration/


A wave of peaceful protests, aimed at denouncing police violence, swept across the US on Saturday, with the number of protesters peaking in Los Angeles, where there were over 5,000 in the “Millions March for First Amendment Rights.”
察の暴力を糾弾するのを目的とした平和的な抗議の波が土曜日に全米中を駆け巡り、ロサンゼルスではその抗議者の数が頂点に達し、「米憲法の修正第一条で保証された権利〜表現や宗教の自由に賛成する数百万人の行進」に参加する人たちの数は五千人を超えた。

“Hands up, don’t shoot”, “Black lives matter” and “No justice, no peace,” – these mottos united demonstrations that took place in several major American cities – Los Angeles, New York and Ferguson, where there have been several cases of fatal shooting by the police.
「手を上げろ、撃つな」「黒人の命は重要だ」そして「正義のないところに、平和はない」と、これらの運動は抗議者達に1つにし、彼らはロサンゼルス、ニューヨーク、ファーガソンなど、警察による致命傷を与える発砲事件が起きた幾つかのアメリカの大都市に繰り出した。

The protesters were calling for justice for those killed by police – Michael Brown (Ferguson) and Eric Garner (New York), as well as Ezell Ford and Omar Abrego (both from Los Angeles) among them.
議者たちは警察により殺害された人々に対する正義を求めていた。その犠牲者の中には、たとえば、マイケル・プラウン(ファーガソン)、そして、エリック・ガーナー(ニューヨーク)、そして、エゼル・フォード、そして、オマール・アブレゴ(共にロサンゼルス出身)がいる。




“Every 28 hours a person is killed in the United States by a police officer or authority figure or vigilante, and nothing stops for them,” Kirbie Joseph, an organizer of the march in New York, told The New York Times. “Everything goes business as usual, and so we can’t stop.”
「合衆国では、28時間毎に1人の人が警察官や権威のある人、または、自警団員により殺害されており、彼らが何をしようとも物事は何もなかったかのように進んでいきます。」と、ニューヨークのデモ行進の主催者のカービー・ジョセフはニューヨーク・タイムズに言いました。「(事件が起きても)全ては何もなかったかのように平常通りに行われているので、私達は(デモ行進を)止めることができません」と言います。

READ MORE: ‘Black Lives Matter’ Xmas protest turns violent in Oakland

In Los Angeles, over 5,000 activists, students and even celebrities participated, making police shut down streets on the proposed route of the march, as a safety measure. The protest was peaceful and no arrests were made, but a car hit a demonstrator, according to RT’s RUPTLY video agency. Twitter users reported the protester didn’t require medical aid.
サンゼルスでは、五千人以上の活動家たち、生徒、そして、有名人さえもが参加し、安全対策のために、警察に予め提案された行進ルートを封鎖させた。その行進は平和的に行われ、逮捕者は出なかったが、RTのRUPTLY(ラプトリー)ビデオ・エイジェンシーによると、1台の車が抗議者をひいたらしい。




We are not in any way, shape or form attempting to antagonize or to create some type of division between us and the police, but rather to highlight the things we feel have been done unjustly,” student Keshad Adeniyi told CBS2/KCAL9 TV station.
達は如何なる形でも警察に敵対しようとしているわけではなく、また、私達と警察との間に境界線をつくろうとしているわけでもありません。というよりも、私達がこれまでに不正になされた事を強調しようとしているのです」と、生徒であるケシャード・アデニイはTVステーションのCBS2/KCAL9に言いました。

On Saturday afternoon, New York saw a 200-strong rally against police violence, organized by the family of Akai Gurley, an unarmed black man, who was shot dead by a police officer in November in what was later described as “an unfortunate accident.”
曜日の午後、ニューヨークでは警察の暴力に抗議する200ストロング・ラリーが開催されました。このラリーは、のちに「不運な事故」として説明された11月の警察官による発砲により死亡した当時武器を所持していなかった黒人男性アカイ・ガーリーの家族により組織されました。

The march followed the funeral of Officer Rafael Ramos, who was killed in his patrol car with Officer Wenjian Liu last week. It also came after Mayor Bill de Blasio’s call to suspend the protests aimed against police brutality amidst the recent killings of police officers.
のデモ行進は、先週、ウェンジュアン警察官と共にパトロールカーの中に座っていた時に殺害されてしまったラファエル・ラモス警察官の葬式の後に続いて実施されました。そして、また、最近の警察官殺害の真っ最中に、警察官の残虐性に向けられた抗議行動を一時停止する呼びかけを市長のビル・ド・ブラシオが行った後でも、抗議運動が続けて行われました。

READ MORE: Time-lapse video shows incredible turnout at 'Millions March' in NYC

A Silent March took place in Ferguson, Breitbart News reported on Saturday. However, the crowd gradually became loud, with chants “FTP, F**k the Police”, “You Can’t Stop the Revolution,” “If We Don’t Get It, Shut It Down”.
曜日にブレイトバート・ニューズは、サイレント・マーチ(静かな行進)はファーガソンで行われたと伝えました。しかし、「FTP、ファック・ザ・ポリス」(=警察なんて糞食らえ、打ちのめせ)、「あなた達は革命を止める事は出来ない」「もし、革命を得られないのなら、警察は閉鎖だ」というスローガンを繰返すなかで、行進を続ける群衆は次第に声が大きくなっていきました。




The city of Ferguson is a “triggering town”, where protest broke out the day after the fatal shooting of Michael Brown this August. The grand jury decision "not to indict Wilson," the police officer who killed the unarmed black teenager, unleashed a torrent of demonstrations across the whole country in November, also registering public reaction around the globe – in the UK and Japan.
ァーガソン市は、今年の八月にマイケル・ブラウンが銃で撃たれ死亡したその翌日に抗議行動が勃発した「引き金となる町」なのです。未武装の黒人の10代の青年を殺害した「ウィルスン警察官を起訴しない」という大陪審の決定は、11月に全米中で抗議行動の激流を爆発させ、世界中で・・・イギリスや日本で、一般大衆の反応を記録した。



posted by ふーもあ at 17:22| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 抗議デモ行進 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月26日

略奪したパレスチナ領土に350以上の入植住宅を建設するイスラエル。弥勒菩薩ラエルは全戦争の廃止を主張



Israel approves over 350 new settlements in occupied Jerusalem
イスラエルは占領されたイェルサレムで350以上もの新しい共同社会地域を承認した。

URL: http://rt.com/news/217459-israel-approve-settlements-jerusalem/

Published time: 2014/12/24 18:12
(掲載日時)

israel-approve-settlements-jerusalem.si.jpg


Jerusalem City Council has approved the construction of almost 400 new settlements in two districts of the city and its southern part, including annexed areas situated beyond the Green Line.
イェルサレムの市議会は、その都市とその南部の2つの地域に殆ど400近くに及ぶ新しい共同社会の建設を承認しました。その中には、グリーンライン(イスラエルが1948年の独立戦争で勝利した土地の境界を示す国境線)の上に位置する併合された領土が含まれています。

"The municipal commission has given construction permits for 307 homes in Ramot and 73 in Har Homa," Yosef Pepe Alalu, a Jerusalem city councilor, said. The decision, which was made on Wednesday after debates, is final. Construction may start at any time.
「地方自治体委員会がラモット(地図参照)に307の住居の、そして、ハル・ホマに73の住居の建設許可を出したんです。」と、イェルサレム市の議員であるヨセフ・ぺぺ・アラルは言いました。討議の後、水曜日に出されたこの決定は確定したものです。建設はいつでも開始されるかもしれません。

The commission also approved the construction of 1,850 homes in Arnona in southern Jerusalem, part of which is situated beyond the so-called Green Line – the demarcation line set out in the 1949 Armistice Agreements between the armies of Israel and those of Arab countries, after the Arab-Israeli war. It is often referred to as the pre-1967 border.
その委員会は南イェルサレムの1850戸の住居建設をアルノナですることも承認しました。その場所の一部は、アラブ・イスラエル戦争後にイスラエルとアラブ諸国の軍隊の間で締結された1949年停戦協定によりきめられた境界策定線・・・所謂グリーン・ラインの上(北側)に位置しています。その境界線は、しばしば1967年以前の国境として言及されます。

The construction approvals may threaten the peace process between the Israelis and Palestinians, critics warn.
批評家達は、その建設許可がイスラエル人とパレスチナ人の間の和平プロセスを脅かすと警告しています。

“Attempts are always being made to prove, forcibly, that Jerusalem is unified and to create facts on the ground. But we see in the meantime that all possibility of an agreement and of coexistence is receding more and more into the distance,” Alalu said.
「「イェルサレムが統一されている事を強制的に照明するために、そして、地上に事実を作るために、様々な試みがいつもなされています。しかし、そうこうしているうちに、同意と共存の全ての可能性がますます遠くへと後退しているのに私達は気づくのです。」とアラルは言いました。」

However, many Israeli officials have a different opinion.
しかし、多くのイスラエル人当局者たちが違った考えを持っています。

“One thing should be clear: we will never accept the definition of building in Jewish neighborhoods of Jerusalem as settlement activity,” Foreign Minister Avigdor Lieberman told a news conference in November. “We won't accept any limitation on building in Jewish areas of [East] Jerusalem.”
「一つ明確にしなくてはいけないことがあります・・・つまり、ユダヤ人入植地活動として、イェルサレムのユダヤ人の自宅周辺に建設するという定義は、私達は決して受け入れる意志はありません。」と、外務大臣アドバイザーのリーベルマン氏は11月に開かれた記者会見で言いました。「私達は、東部イェルサレムのユダヤ人専用のエリアに建設する事に関して如何なる制約も受け入れるつもりはありません。」

Israel claimed East Jerusalem during the 1967 Six-Day War, with its annexation never being recognized internationally. Since then, Israel has built numerous settlements which are now under military regulation, with different laws applied arbitrarily to certain areas.
イスラエルは、1967年6日間戦争の間になされた東イェルサレムの領土併合は国際的には決して一度も認められてこなかったと、イスラエルは主張しました。それ以来、イスラエル政府は、数多くのユダヤ人専用の入植居住社会を建設してきましたが、それらの場所は現在軍事的規制下におかれ、特定の地域においては違う法律が独裁的に摘要されています。

Some 500,000 Israelis have settled in the West Bank and East Jerusalem, among 2.4 million Palestinians. The Israeli occupied territories have been seeking full Palestinian statehood and independence from Israel for decades. But despite international criticism, the Israeli government encourages the Jewish population in the West Bank to build new settlements.
240万人のパレスチナ人の中で、ウェストバンクと東イェルサレムに入植した人たちは、およそ50万人になります。イスラエルに占領された領土は、完全なパレスチナ国家としての地位を求めており、イスラエルから独立することを何十年も求めています。しかし、国際的な非難があるにもかかわらず、イスラエル政府はウェストバンクにいるイスラエル人達に新しい入植地を建設することを奨励します。






人類の創造者宇宙人エロヒムの最後の預言者ラエルは、全ての戦争を即座にやめ、人類が平和な社会に入れるように楽園主義と呼ばれる新しい社会システムを建設することを訴えつづけています。

世界中の人たちはイスラエル政府のパレスチナ人大虐殺を非難しています。

このような行為を直ぐにやめるように皆でイスラエル政府に訴えなくてはいけません。

イスラエルのシオニスト政権は、少なくとも以下のことについて解決しなくてはいけないと思います。

・戦争をやめる
・パレスチナ人に彼らから略奪した土地を返却する
・パレスチナ人の家を元通りにして返す
・イスラエル人専用の道路をパレスチナ人に開放する。
・車のナンバープレートの色をイスラエル人とパレスチナ人とで違う色にしていましたが、その差別的な制度を廃止する
・石ころを投げた子供たちを逮捕し刑務所に勾留していましたが、その子供たちを全て釈放し、彼らにしたことに対して償いをする。
・政治犯として逮捕したイスラエル人男性たちを全て刑務所から釈放し、彼らに対して償いをする。
・パレスチナの領土内に作ったチェックポイントを全て廃止する。
・パレスチナ人の教育、学校、仕事が回復するように、支援する
・パレスチナ人に対して行った戦争により、傷ついた人たち、なくなった人たちの遺族などに対して償いをする。
・イスラエル国内で、イスラエル政府の対パレスチナ政策に反対し弾圧を受けてきたイスラエル人たちに償いをする。
・イスラエルとパレスチナ、クリスチャンが仲良く平和に共存できる社会を築く。


弥勒菩薩ラエルは、人類が滅びる確率は99%あると言われました。もし、人類が滅びるとするとその責任の一部はイスラエルのシオニスト政権にあるのではないかと思います。


戦争を今直ぐにやめてほしい





posted by ふーもあ at 14:26| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | イスラエル・パレスチナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月25日

私たちはパレスチナと共にいる。弥勒菩薩ラエルはパレスチナを支援。




私たちは皆、パレスチナ人を支援します。

THE WORLD IS WITH PALESTINE!
世界はパレスチナと共に!



イスラエルがパレスチナに対してしていることは、大量虐殺です。

人を殺すことで世界を平和にすることはできません。

人を愛し幸せにすることで、人間の社会が平和になります。

世界はパレスチナと共にいます。

私たちは皆、パレスチナの人たちを支援します。



人類の創造者宇宙人エロヒムの最後の預言者ラエルは、イスラエル政府のパレスチナへの戦争行為をやめるよう主張しています。


私たちはパレスチナと共にいる。弥勒菩薩ラエルはパレスチナを支援。







posted by ふーもあ at 21:50| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。