2014年11月27日

遺伝学者達はレビ人の遺伝子に中央アジアの特徴を発見。弥勒菩薩ラエルは人類自滅の危険性99%に達していると言う

Geneticists Report Finding Central Asian Link to Levites
遺伝学者たちはレビ人の遺伝子に中央アジアの関係があることを発見

By NICHOLAS WADE/ニコラス・ウェイド著
URL:http://www.nytimes.com/2003/09/27/science/27GENE.html

Published: September 27, 2003
投稿日:2003/09/27


Ateam of geneticists studying the ancestry of Jewish communities has found an unusual genetic signature that occurs in more than half the Levites of Ashkenazi descent. The signature is thought to have originated in Central Asia, not the Near East, which is the ancestral home of Jews. The finding raises the question of how the signature became so widespread among the Levites, an ancient caste of hereditary Jewish priests.
ダヤ人地域社会の祖先の研究をしている遺伝学者のチームが異例な遺伝子シグネチャーを発見してしまった。それはアシュケナジー系の家系のレビ人達の半数以上に見られるものだ。そのシグネチャーは、中央アジアに発生源があるとかんがえられ、ユダヤ人の先祖伝来の故郷である中近東ではない。この発見はそのシグネチャーがどのようにして、先祖代々のユダヤ人司祭達の
古代階級であるレビ人たちの間にここまで広まったのかという疑問を浮上させる。

The genetic signature occurs on the male or Y chromosome and comes from a few men, or perhaps a single ancestor, who lived about 1,000 years ago, just as the Ashkenazim were beginning to be established in Europe. Ashkenazim, from whom most American Jews descend, are one of the two main branches of Jews, the other being the Sephardim, whose ancestors were expelled from Spain.
の遺伝子シグネチャーは男性側におこり、言い換えれば、Y染色体に発生する。そして、それは数人の男性から派生している。または、アシュケナジー系の人々がヨーロッパに落ち着き始めたちょうどその頃 ─ 約1000年前に住んでいたおそらく、単一の祖先から来たものである。殆どのアメリカのユダヤ人がアシュケナジー系ユダヤ人の子孫となるが、そのアシュケナジー系ユダヤ人たちはユダヤ人の主たる二本の枝の1つに分類される。もう一方は、セフィラディ系ユダヤ人で、彼らの祖先はスペインから追放された。

The new report, published in the current issue of the American Journal of Human Genetics, was prepared by population geneticists in Israel, the United States and England, who have been studying the genetics of Jewish communities for the last six years.
メリカン・ジャーナル・オブ・ヒューマン・ジェネティクスという科学雑誌(AJHG/http://www.ajhg.org/)の現在の版に公開されている新しい報告は、イスラエルと合衆国、そして、イギリスの集団遺伝学者達により準備された。これらの科学者達は過去六年間の間、ユダヤ人地域社会の遺伝的特徴について研究をし続けてきた。

They say that 52 percent of Levites of Ashkenazi origin have a particular genetic signature that originated in Central Asia, although it is also found less frequently in the Middle East. The ancestor who introduced it into the Ashkenazi Levites could perhaps have been from the Khazars, a Turkic tribe whose king converted to Judaism in the eighth or ninth century, the researchers suggest.
らはこう言う・・・アシュケナジー系ユダヤ人を祖先に持つレビ人たちの52%が、中央アジアが発生源となる特定の遺伝子シグネチャーを持つと。ただし、この遺伝子シグネチャーは、頻度はより少なくなるが、中東にも発見されるものである。研究家たちは、そのシグネチャーをアシュケナジー系レビ人達にもたらした祖先は、おそらく、その王が八世紀または九世紀にユダヤ教に改宗したツルキ語族(チュルク語族)であるカザール人から来たものである可能性があると説明している。










posted by ふーもあ at 08:47| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月15日

川口市リリアギャラリーでUFOパネル展。弥勒菩薩ラエルのメッセージの紹介




今度、12月に、「地球人は科学的に創造された_宇宙人からのメッセージ・パネル展」と題するUFOパネル展川口総合文化センター・リリア - ギャラリーにて開催されるようですね。

日程は、2014/12/06(土)〜12/12(金) 10:00〜17:00

私の家から近くだし楽しみでなりません。

そこで、ちょっと関係する情報をご紹介させて頂きます。




【メッセージの概略】
messagebook.jpg
無料ダウンロード
 1973年12月13日、ラエルは人間型宇宙人エロヒムの一人ヤーウェに遭遇し、人類に託された重大なメッセージを受け取りました。
 そのメッセージによると、人類はエロヒムにより科学的に遺伝子を合成してエロヒムの姿形に似せて実験室で創造されました。
 そして、人類が科学的に全ての事が理解できるアポカリプスの時代に入る事を示す広島原爆投下の翌年に、人類に真実を伝える最後の預言者ラエルが誕生しました。
 ラエルは、世界中の人々がエロヒムの存在と彼らのメッセージを理解し、エロヒムを公式に迎える事ができるレベルになるように、愛の大切さを教え、真実を科学的に理解する事を教え、人々を導いています。
 人類が戦争を完全になくし、エロヒムを迎えるためのエロヒムの大使館を地球上に建設し、世界中の国々の指導者達がエロヒムを人類の創造者であることを公式に認めた時に、エロヒムは地球の大使館に公式に訪れ人類が「黄金時代」と呼ばれる新しい平和な時代に入れるように導いていくと言われています。エロヒムの再来は、弥勒菩薩ラエルによると、2025年〜2035年の間に起きると言われています。
 しかし、エロヒムが地球に再来するためには、人類が戦争をやめ軍隊を廃止し、世の中が平和な社会にならなくてはいけないとラエルは言われています。そして、現在、人類が自己破滅する可能性が99%になっていると警告されています。人類の自己破滅を回避し、人類を平和な社会に導く事が最も重要だと言われています。



【私の経験】
私は、十代の後半頃から預言者ラエルの話を聞いてきましたが、ラエルのセミナーに行った時に感じた一番の感想は、ラエルは全ての人達の考えがわかっているということです。何故なのか驚くほどに、ラエルは私の思っている事や悩みなどに光をあててくれ、明確に答えをその場で提示してくださる。そして、その場にいた数百人の来場者達の多くが同じように感じていたのです。
 ラエルは、あらゆる神秘主義を否定し、全てを科学的に理解できるように紐解いて話をしてくれます。
 今、私達が必要としているのは、物事を科学的に理解し、人類が平和な社会に進むために必要な事を選択し、実施していくことです。ラエルは、そのために楽園主義という新しい社会システムをご提案されてもいます。この社会システムを実現するには一体どうすれば良いのか、私も普段友人と話したりしています。その社会が実現すると、想像を絶するような素晴らしい社会になるんですね。
 早く、そのような時代が来ないかなぁ〜



【UFOパネル展】
タイトル:地球人は科学的に創造された_宇宙人からのメッセージ・パネル展
開催場所:埼玉県川口市川口3-1-1(JR川口駅西口正面)

 今回のパネル展は、その宇宙人エロヒムから受け取った人類へのメッセージがどういうものかについて、様々なUFOの目撃写真などを展示し、説明などもしていくようですね。
 また、漫画版の小冊子などもおくみたいですね。もしかすると、宇宙人のきぐるみが出てきて握手をしてくれるかもしれません。
 
 とても楽しそうなので、私もいきたいですね。

 

【パネル展詳細】
日時2014/12/06(土)〜12/12(金) 10:00〜17:00
開催場所川口総合文化センター・リリア - ギャラリー
(埼玉県川口市川口3-1-1(JR川口駅西口正面))

War0025.JPG

War0026.JPG


→大きい地図を開く
参加費無料です
定員数無制限
主催日本ラエリアン・ムーブメント


引用元:川口市リリアギャラリーでUFOパネル展。弥勒菩薩ラエルのメッセージの紹介








posted by ふーもあ at 09:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月02日

ガンジーの言葉。弥勒菩薩ラエルは楽園主義こそが人類を救うと言う




私は固く信じている。すべての善の行動は、最後は必ず実を結ぶ
↑ガンジーの言葉


管理人:人類の社会を平和にし、楽園主義の社会をつくろう。そして、世界中から貨幣システムと銀行制度をなくし、世界中の全ての製造・生産を自動化にして、人々が労働から解放され、自由と幸せと豊かさが享受出来る社会を創るのだ!

戦争を廃止しよう。自然や生命体に良くない原子力発電所をなくそう!

困っている人達に愛を差し伸べよう!

弥勒菩薩ラエルの指差す先を見よう!

それを実現するのだ!


earth_P_LightBlue.jpg





posted by ふーもあ at 01:57| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 真実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。